フォーク・メタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フォーク・メタル
Folk Metal
様式的起源 北欧メタル
ヘヴィメタル
民謡
民族音楽
ブラックメタル
スラッシュメタル
文化的起源 1990年代前半、北ヨーロッパ
使用楽器 ボーカルギターベースドラムスキーボード民族楽器
サブジャンル
オリエンタル・メタル
ケルティック・メタル
ペイガン・メタル
融合ジャンル
ヴァイキング・メタル
ローカルシーン
スウェーデンフィンランド
関連項目
メロディックデスメタルペイガニズム民族主義デスヴォイス

フォーク・メタル (Folk Metal) は、ヘヴィメタルのサブジャンルのひとつで、民族音楽を取り入れたメタルを指す。

世界各地の民謡をそれぞれ取り入れている点が特色であるため、特に明確なサウンド像があるわけではなく、このジャンルは非常に多くのスタイルを内包している。

古くはアイルランド民謡色の強いフォーク・ロックを演奏していたシン・リジィを取り入れたり日本舞踊花柳流)との共演を行うなどした聖飢魔IIラテン音楽のリズムを使ったほか鼓童などとも共演したセパルトゥラなどの例があるが、フォーク・メタル・バンドが出現し、注目されるようになったのはそれらよりも後である。

日本ではその中でもヴァイキング・メタルが注目されてきている。

起源[編集]

民謡とメタルの融合は過去から繰り返されてきたが、このジャンルのサウンドをバンドと体現することに成功したバンドはスカイクラッドである。彼らはスラッシュメタルを土台にエレクトリック・ヴァイオリンを用いた牧歌的なサウンドを構築した。他には東欧ブラック・メタル系のバンド中心にノクターナル・モルトゥムらが独自のフォーク・メタルを展開した(ここにはバソリーの影響も大きいと考えられる)。

フォーク・メタルのサブジャンル[編集]

ペイガン・メタル
フォームメタルの中で、土着の宗教や文化を尊重する、いわゆるペイガニズム的思想を前面に出した音楽性を持つジャンルのメタル。キリスト教への反感を表現したバンドも少なくなく、ブラックメタルのサブジャンルとしても捉えられる。フォークメタルとブラックメタルの要素を併せ持つメタルであると言える。
ヴァイキング・メタル
ヴァイキング北欧神話をテーマとしたメタル。
ただし、現在ではフォークメタルのサブジャンルの一つとして扱われることもあるが、元々ブラックメタルを基に、フォークメタルよりも早く勃興したジャンルである。そのため、フォーキッシュな要素を含まないヴァイキング・メタルも多く存在する。主なバンド:EnslavedEinherjer英語版Mithotyn英語版(パワーメタルバンドFalconerの前身)、EnsiferumTurisasなど。
オリエンタル・メタル英語版
近東の民族音楽を取り入れたメタル、または古代ユダヤや近東をテーマとしたメタル。主なバンド:Orphaned land英語版
ケルティック・メタル英語版
アイルランドの民俗音楽などのケルト音楽やケルト的意匠を取り入れたり、ケルト神話をテーマとしたメタル。主なバンド:Primordial英語版

代表的なバンド[編集]

関連項目[編集]