近東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NearEast2.png
近東(19世紀後半)の住民。

近東(きんとう、Near East)とは、本来はヨーロッパから見て東にある国々の内、それほど離れていない地域を指す。

概念[編集]

19世紀には「中近東(Near and Middle East)」の呼び方が一般的に使われていた[1]

「近東」は東方問題が焦点となる中でオスマン帝国の領域を可視化する呼称として形成された[2]。一方、「中東」はイギリスの最も重要な植民地であったインドに至る地域(トルコエジプトシリアイラクなど)を指す呼称として形成された[2]。極東(Far East)、中東(Middle East)、近東(Near East)などの概念はイギリスからみた呼称として成立した概念である[3]

19世紀の後半から第一次世界大戦にかけての「近東」の概念は、第二次世界大戦後の「中東」の範囲とかなり重なる地域を指しており、トルコやアラブ世界にバルカン半島を含む地域を言った[2]。一方、「近東」と並行して用いられる場合の「中東」の概念は、第二次世界大戦後に定着したものとは大きく異なるもので、イランコーカサスアフガニスタン中央アジアだけでなく、広義にはインドシナ半島トルキスタンに至る地域を含むことがあった[2][3]

第二次世界大戦後は中東と近東の区別が曖昧になり、ニューヨーク・タイムズは同じ地域に2つの呼称を使用していたが1954年に「中東」に表現を統一した[3]。また、アメリカも1957年のアイゼンハワー・ドクトリンで公式文書として初めて「中東」を使用し、1958年の国務省の見解で「中東」と「近東」は交換可能な用語と説明された[2]

出典[編集]

  1. ^ 栗田禎子「中東情勢と日本・世界のゆくえ」『公共研究』第13巻第1号、千葉大学、 178頁。
  2. ^ a b c d e 池内恵. “「中東」概念の変容  中国・インドの台頭と「西アジア」の復活?”. 中東協力センターニュース 2018・7. 2020年6月30日閲覧。
  3. ^ a b c 畑中美樹. “最近の中東情勢と世界経済への波及”. 中経連 2020.1. 中部経済連合会. 2020年6月30日閲覧。

関連項目[編集]