アラブ世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラブ
所属大陸・島 アラビア半島周辺のユーラシア大陸からアフリカ大陸にかけての一帯
所属国・地域 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
アルジェリアの旗 アルジェリア
イエメンの旗 イエメン
イラクの旗 イラク
エジプトの旗 エジプト
オマーンの旗 オマーン
カタールの旗 カタール
クウェートの旗 クウェート
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
シリアの旗 シリア
スーダンの旗 スーダン
チュニジアの旗 チュニジア
西サハラの旗 西サハラ
パレスチナの旗 パレスチナ
バーレーンの旗 バーレーン
モロッコの旗 モロッコ
ヨルダンの旗 ヨルダン
リビアの旗 リビア
レバノンの旗 レバノン
テンプレートを表示
緑色はアラブ諸国とされる主な国々。

アラブ世界(アラブせかい、العالم العربي, al-ʻālam al-ʻarabi)は、アラビア語を話す人々であるアラブ人が主に住む地域。

現代政治的にはアラブ連盟の加盟諸国とみなされることが多く、アラブ諸国 (en:Arab states) とも言う。ただし、アラブ連盟加盟国の中には、ジブチソマリアなどアラブ人が少数派を占めるにすぎない国もある。

アラブ世界は東西2つに分けることができ、イラクからエジプトまでをマシュリク(太陽が昇るところ)、リビアからモロッコまでをマグリブ(太陽が没するところ)と呼ぶ。これら2つの地域は歴史的にあまり強い関係性を持たず、それぞれが別個の発展を遂げた[1]

アラブ人が住む国と地域[編集]

Flag of the Arab League.svg はアラブ連盟加盟国。

多数民族として[編集]

少数民族として[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大塚和夫石毛直道(編)、2007、「砂漠、都市、農地、そしてイスラーム」、『アラブ』、農文協〈世界の食文化〉 ISBN 9784540060038 pp.20-28

関連項目[編集]