エンスレイヴド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンスレイヴド
Enslaved
Enslaved Wave-Gotik-Treffen 2016 12.jpg
ドイツ・ライプツィヒ公演(2016年)
基本情報
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェーホルダラン県
スヴェイオ(結成)
ベルゲン(拠点)
ジャンル ブラックメタル
ヴァイキングメタル
プログレッシブメタル(後期)
活動期間 1991年 - 現在
レーベル キャンドルライト・レコーズ
ニュークリア・ブラスト
デスライク・サイレンス・プロダクション
センチュリー・メディア・レコード
ロードランナー・レコード
Voices of Wonder
SPV
オスモス・プロダクション
Tabu Recordings
リラプス・レコード
ジ・エンド・レコード
シーズン・オブ・ミスト
公式サイト www.myspace.com/enslaved
メンバー グルトレ・シェルソン(Vo/B)
アイヴァー・ビョルンソン(G/Key)
アルヴ・イスダル(G)
カト・ベッケボルト(Ds)
エルブラン・ラーセン(Key/Vo)
旧メンバー 以下を参照

エンスレイヴド(Enslaved) は、1991年ノルウェースヴェイオで結成されたエクストリーム・メタルバンド

バンド名の由来は同国出身のブラックメタル・バンド「イモータル」の曲Enslaved in Rotから[1]。現在はベルゲンに拠点を移している[2]

略歴[編集]

グルトレ・シェルソン(Vo/B) 2016年
アイヴァー・ビョルンソン(G) 2012年
アルヴ・イスダル(G) 2016年
カト・ベッケボルト(Ds) 2016年

はじめ、KjellsonとBjørnsonは「Phobia」というデスメタル・バンドでプレイしていた[1]

1991年、エンスレイヴドを結成。「ノルウェイジャン・ブラックメタル」の原型となるようなバンドとして活動を開始したが、彼らはこのジャンルにしては珍しい作曲の仕方をしていた。それゆえ、ブラックメタル・バンドと呼ばれるよりもエクストリーム・メタル・バンドと呼ばれることを好んだ[3]

1997年、3rdアルバム『Eld』をリリース。このアルバムがプログレッシブな作風へと方向転換した、最初のアルバムだと考えられている。

2000年、5thアルバム『Mardraum – Beyond the Within』をリリース。プログレッシブな作風を確立する。

2001年、6thアルバム『Monumension』をリリース。このアルバムから主に英語で作詞が行われるようになる。1stアルバムを除くそれ以前のアルバムではノルウェー語で歌詞がつづられていた。

2008年、10thアルバム『Vertebrae』をリリース。このアルバムは技術面、特に和声的な面でピンク・フロイドようだと高いを評価され、母国でグラミー賞に相当する「Spellemann Award」を受賞した[4]

2009年5月、プログレッシブ・メタルバンド「オーペス」と北米ツアーを行う[5]

2011年、二枚のEPをリリース。アメリカ合衆国カナダで「アルセスト」「ジュニアス」とともに結成20周年ツアーを行った[6]。同年、ノルウェイ政府公認の賞である「Norwegian Artist & Songwriters Association Honorary Award」を受賞。音楽産業への貢献を記念した同賞を、メタル・バンドが受賞する初の偉業を達成[7]

2012年、12枚目のアルバム『RIITIIR』をリリース。このアルバムでバンド初の国内盤が発売された[8]

2016年、13枚目のアルバム『IN TIMES』をリリース。「LOUD PARK 16」にて、初来日を果たす。

音楽的特徴と思想[編集]

初期のエンスレイヴドは典型的なブラックメタルといったサウンドをしていたが、近年ではクリーンヴォーカルやキーボードを大きく採用し、オーペスにも似たプログレッシヴな作風になっている。歌詞は主に北欧神話をあつかっている。

バンドの中心人物Kjellsonは「ブラックメタルとは何か」という問いに対して興味深い回答をしている。

「ブラックメタルはまさにヴェノムと一緒に生まれたんだ…ええと、81年、それとも82年にだったかな。Welcome to Hellと一緒にね。事実、彼らは自分たちの音楽をブラックメタルと呼んだ最初のバンドだ。だから、俺はブラックメタルをこういう観点で見ているんだ。つまり、ヴェノムはいまのブラックメタルのようなサウンドじゃない。それでも、彼らはブラックメタルだし、同じコンセプトで歌詞を書いてるし、つまりサタニックな歌詞なんだ。ああ、確かにヴェノムは最近のブラックメタルというよりも、まるでパンクミュージックだ。だから、ブラックメタルはどんな種類のメタルにも成りうるんだよ。」

メンバー[編集]

  • グルトレ・シェルソン Grutle Kjellson - ボーカル/ベース (1991- ) 1973年生まれ。
  • アイヴァー・ビョルンソン Ivar Bjørnson - ギター/キーボード (1991- ) 1977年生まれ。バンド結成時は13歳だった。Borknagarの初期三作とGorgorothのアルバムIncipit SatanとDestroyerでもキーボードを担当している。
  • アルヴ・イスダル Arve "Ice Dale" Isdal - ギター (2002- )
  • カト・ベッケボルト Cato Bekkevold - ドラム (2003- )
  • エルブラン・ラーセン Herbrand Larsen キーボード/ボーカル (2004- ) クリーンヴォーカルを担当。

旧メンバー[編集]

  • Trym Torson - ドラム (1991-1995) 脱退後エンペラーで活躍。
  • Harald Helgeson - ドラム (1995-1997)
  • Dirge Rep - ドラム (1997-2002)
  • Freddy Bolsö - ドラム (2003)
  • Roy Kronheim - ギター(1997-2002)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム
  • Vikingligr Veldi (1994)
  • Frost (1994)
  • Eld (1997)
  • Blodhemn (1998)
  • Mardraum – Beyond the Within (2000)
  • Monumension (2001)
  • Below the Lights (2003)
  • Isa (2004)
  • Ruun (2006)
  • Vertebrae (2008)
  • Axioma Ethica Odini (2010)
  • RIITIIR (2012)
  • In Times (2015)
EP
  • Hordanes Land (1993)
  • The Sleeping Gods (2011)
  • Thorn (2011)

映像作品[編集]

  • Live Retaliation (2003)
  • Return to Yggdrasill (2005)

脚注[編集]

  1. ^ a b Enslaved”. Tartarean Desire. 2011年7月15日閲覧。
  2. ^ Enslaved Encyclopaedia Metallum entry”. Metal-archives.com (2002年7月17日). 2011年7月15日閲覧。
  3. ^ “エンスレイヴド/リーティール”. columbia.jp. (2011年7月1日). http://columbia.jp/prod-info/COCB-60073/ 2012年11月18日閲覧。 
  4. ^ ノルウェイ最重要プログレッシヴ・メタルENSLAVED、ニュー・アルバムをリリース! - CDjournal
  5. ^ Enslaved Events”. Enslaved.no. 2011年7月15日閲覧。
  6. ^ “Enslaved: 2011 American tour announced, Release Date Revealed”. facebook.com. (2011年7月1日). https://www.facebook.com/notes/enslaved/upcoming-20th-anniversary-north-american-headlining-tour/10150299538031115 2011年7月28日閲覧。 
  7. ^ “エンスレイヴド/リーティール”. columbia.jp. (2011年7月1日). http://columbia.jp/prod-info/COCB-60073/ 2012年11月18日閲覧。 
  8. ^ “エンスレイヴド/リーティール”. columbia.jp. (2011年7月1日). http://columbia.jp/prod-info/COCB-60073/ 2012年11月18日閲覧。 

外部サイト[編集]