エンペラー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンペラー
Emperor
Emperor - 2017216222950 2017-08-04 Wacken - Sven - 1D X MK II - 1011 - B70I0483.jpg
ドイツ・ヴァッケン公演 (2017年8月)
基本情報
出身地  ノルウェー
テレマルク県 ノトデン
ジャンル ブラックメタル[1]
シンフォニックブラックメタル
プログレッシブ・メタル(後期)[1]
活動期間 1991年 - 2001年
2005年 - 2007年
2013年 - 現在
レーベル キャンドルライト・レコード
センチュリー・メディア・レコード
ニュークリア・ブラスト
公式サイト emperorhorde.com
メンバー イーサーン (ボーカル/ギター)
サモス (ギター)
タリム (ドラムス)
旧メンバー モルティス (ベース)
ファウスト (ドラムス)
ツォート (ベース)
アルヴァ (ベース)

エンペラー (Emperor) は、ノルウェー出身のブラックメタルバンド

ブラックメタル系ミュージシャンの犯罪が問題だった1990年代の同国において、3人のメンバーが逮捕された経緯を持つ(インナーサークル)。一度解散したが2005年から再開し、断続的に活動。

略歴[編集]

1988年、当時13歳だったイーサーンが、(ロックの)音楽スクールでサモスと出会いバンドをはじめる。バンド名は次々変わり1991年、最終的にバンド名はThou Shalt Sufferとなる。しかしサモスはメイヘムユーロニモスに影響を受けこのバンドを解体する。また彼はこの頃から、自身がドラムを務めるバンドに向けて曲を書き始め、新たにベースのモルティスを加えてイーサーンと共にバンドエンペラー (Emperor)が結成される。

1992年、EP『Call From the Grave』、『Wrath of the Tyrant』を録音し、キャンドルライト・レコードと契約。その後、サモスは自分に合ったギターへとポジションを変え、ファウストが新たなドラマーとして加入する。またモルティスが脱退し、代わってツォートが加入。1993年、EP『Emperor』、エンスレイヴドとのスプリットアルバム『Hordanes Land』をリリースし、さらにアルバムの録音に移るが、バーズムヴァルグ・ヴィーケネスの逮捕に端を発する「インナーサークル」のメンバーの相次ぐ逮捕により、サモス、ファウスト、ツォートらも懲役刑を科せられ、一時期はイーサーンが唯一のメンバーとなってしまう。1994年、EP『As the Shadows Rise』、1stアルバム『In the Nightside Eclipse』をリリース。このアルバムで彼等は大きな賞賛を得、多くのファンを獲得する。1995年、しばらくは活動の休止を余儀なくさせられていたが、出所したサモスと、元エンスレイヴドのタリムをドラムに、アルヴァをベースに迎え、活動を再開。

1997年、EP『Reverence』、2ndアルバム『Anthems to the Welkin at Dusk』をリリース。前作よりもずっとプログレッシブさを強めたこの作品は、世界中のメタル雑誌において「アルバム・オブ・ザ・イヤー(Album of the Year)」投票で勝利を勝ち取った[要出典]。その後すぐにアルヴァが脱退した事で、以後はイーサーンがベースも兼任するようになる。この頃からイーサーンはより芸術的でプログレッシブな音楽性を求め、彼の妻であるIhrielと共にPeccatumというバンドを、サモスとタリムはデスメタルの方向へ転換し、ザイクロンを結成し活動を開始する。1999年、3rdアルバム『IX Equilibrium』をリリース。2001年、イーサーンによって4thアルバム『Prometheus: The Discipline of Fire and Demise』をリリース後バンドを解散することが決定された。2003年、彼等のベストアルバムにあたる『Scattered Ashes: A Decade of Emperial Wrath』がリリースされる。

USA.シカゴ公演 (2007年5月)

2005年9月30日オスロのコンサートホール「Rockefeller」にて、わずか数人しか事情を知らされなかった極秘のサプライズライブ出演によって、解散時のメンバーのまま再結成を果たす(この時演奏したのは3曲のみであった)。以後アメリカやヨーロッパでコンサートツアーを行ったほか、ヴァッケン・オープン・エアなどのフェスティバルにも出演をしている(アメリカでのライブは、サモスが放火・暴行の罪で捕まっていた為彼が出演することが出来ず、そこではサモスがいない状態でライブを行なった。

2013年8月2日2014年のヴァッケン・オープン・エアのヘッドライナーとして再始動することが決定。この再結成について、タリムは参加せず元メンバーのファウストが参加することになった[2]2014年7月、バンド初の来日公演。ファウストに対しビザが下りなかったため、日本公演のみタリムが参加した。17日に東京、18に大阪にてライブが行われたが、大阪ではサモスが急病の為、彼がいない状態でのライブとなった。

スタイル[編集]

初期はブラックメタル特有の冷たく、重いサウンドにメロディアスなギターリフキーボードを交えた音楽性を展開。

2nd~4thにはクラシックの影響から、壮大でプログレッシブな新しいブラックメタルのスタイルを追求。この変化について、賛否両論であるが世界的な名声を得るようになった。この時期からはブラックメタルバンドに多く見られるロングヘアーや「コープス・ペイント」をしていない。ブラストビートを多用したドラムビートを主体としつつも、それまでと違い、ギタースタッカートに刻むようになり、キーボードの使い方も従来より大胆である。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

サポート
  • セクトデーモン (Tony "Secthdamon" Ingebrigtsen) - ベース (2005- )
  • エイナル・ソルベルグ (Einar Solberg) - キーボード (2005- )

旧メンバー[編集]

  • モルティス (Håvard "Mortiis" Ellefsen) - ベース (1991-1992)
  • ファウスト (Bård "Faust" Eithun) - ドラムス 1974年4月21日生まれ (1992-1994, 2013-2014)
    1992年に起きた事件で逮捕、殺人・放火の罪で懲役14年の判決を受けるが、9年4ヵ月の監禁を経て2003年に釈放。
  • ツォート (Terje "Tchort" Schei) - ベース 1974年生まれ (1993-1994)
  • アルヴァ (Jonas "Alver" Alver) - ベース (1995-1998)

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム
ライブ・アルバム
  • 2000年 Emperial Live Ceremony - 闇の晩餐
  • 2009年 Live Inferno
EP/ミニ・アルハム
コンピレーション
  • 2001年 Emperial Vinyl Presentation
    EPやスタジオアルバム、ライブアルバムを収めたものである。限定3000セットで販売された。
  • 2003年3月25日 Scattered Ashes: Decade of Emperial Wrath - 闇の軌跡

映像作品[編集]

  • 2004年 Emperial Live Ceremony
  • 2010年 Live At Wacken 2006 - 闇の復活祭

日本公演[編集]

  • In the Nightside Eclipse 20th Anniversary Tour (2014年)
    7月17日 東京 TSUTAYA O-EAST
    7月18日 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
  • LOUD PARK 17 (2017年)[3]

エピソード[編集]

  • EP「Emperor」はノルウェーの首都オスロから500km離れたベルゲンにある設備の悪い安いスタジオで収録されたが、その為にメンバーはSamothの父から車を借り、当時メンバー内で唯一自動車免許を持っていたFaustが運転をして行った。
  • 当時19歳だったSamothは、Faustと共に自分の父が所有するフォードの中で、ベルゲンに住む隣人を脅迫したことがある。
  • また、Ihsahnを除くメンバーはそれぞれ自分のパートの収録を終えた後ロックパブなどへ赴いて遊んでいたようだが、当時17歳だった彼はパブに行くことが出来なかった上、ボーカルギターキーボードのパートも担当しており、またスタジオの機械に興味があった為エンジニアに一晩中学んでいた。
  • アルバムのバックカバーにはメンバーそれぞれの写真が見られるが、「In the Nightside Eclipse」においては当時彼らが写真技術者などとの接触がなかった為、Ihsahn、Samoth、FaustはSamoth宅の敷地内で撮影、Ihsahnの宇宙のような背景とSamothの手前の燃えるヤギは、自ら材料をハサミで切り、で貼り付けたものである。Tchortは墓地墓石の後ろで撮影したが、その上に乗っている血まみれ(血のりか)の天使の石像を撮影後盗み自宅の寝室に置いていたところ、後日逮捕された(おそらく血のりらしきものをかけたのも彼である)。
  • アルバム「In the Nightside Eclipse」のジャケットディセクションの『The Somberlain』のジャケットなどを手がけた画家Necrolordによるものである。Samothが彼の作品を見て気に入り、元々彼の元カノが描いてくれた絵の中からジャケットの右手に見える塔を、IhsahnとSamothはEPのジャケットに描かれている空を翔る死神などのアイデアを持ち寄り、それらをNecrolordに送りイラストを注文した。結果ジャケットは非常に良い出来となり、メンバーもかなり気に入っているようである。
  • 1993年にはVarg Vikernesによる殺人が起きたが、Emperorのメンバーは彼と親しかったようである。彼がメンバーの家に立ち寄ったり、逆にメンバーが彼の住むアパートでいくらか過ごした事もある(Tchortは風呂場を借りてシャワーを浴び、泡風呂にも入った)。
  • インナーサークル」での事件によって死亡したMayhemのユーロニモスに関して、アルバム『In The Nightside Eclipse』(ボックスセット)のジャケットの見返し部分には、「In Memory Of Euronymous (ユーロニモスを偲んで)」と記されている。
  • 2007年アメリカを中心とした世界的なアニメチャンネル「カートゥーン ネットワーク」の放送枠の1つ「アダルトスイム」で放送されている、メタラー風のキャラクターが登場するアニメ「Metalocalypse」のエピソード『Dethfashion』において、Ihsahn、Samoth、Trymの3人が声優としてゲスト参加している。
  • アルバム「Anthems to the Welkin at Dusk」収録のYe EntrancemperiumのイントロのギターリフはEuronymousが作曲したものであり、Mayhemのブートレグ「Ha-Elm Zalag」でその原型を聴くことが出来る。
  • 彼らのロゴはベルギー出身のロゴデザイナークリストフ・シュパイデルによってデザインされた。

脚注[編集]

  1. ^ a b Emperor reviews, music, news - sputnikmusic・2015年7月31日閲覧。
  2. ^ EMPEROR will be celebrating the 20th... Emperor Official Facebook (2013年8月19日)、2013年12月27日閲覧。
  3. ^ 「LOUD PARK 17」第2弾発表!エンペラー、メシュガーの出演が決定 - And More!

外部サイト[編集]