エルヴェイティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルヴェイティ
Eluveitie
20151122 Eindhoven Epic Metal Fest Eluveitie 0150.jpg
オランダ・アイントホーフェン公演 (2015年11月)
基本情報
出身地 スイスの旗 スイス
チューリヒ州 ヴィンタートゥール
ジャンル フォーク・メタル[1]
メロディックデスメタル[1]
活動期間 2002年 - 現在
レーベル フィアー・ダーク・レコード
ニュークリア・ブラスト
シーズン・オブ・ミスト
サウンドホリック
パーフェクト・クライム・レコード
日本コロムビア
アヴァロン・レーベル
公式サイト www.eluveitie.ch
メンバー
旧メンバー 以下を参照
バンドのロゴ

エルヴェイティEluveitie)は、スイス出身のフォーク・メタルバンド

民族楽器を取り入れたフォークメタルで、ライブではサポートを含めた大所帯で活動している。バンド名は、ガリア語で『スイスに住んでいたケルト人』の意[2]。歌詞も、ガリア語を使った曲が多いのが特徴。

略歴[編集]

スロベニア・トールミン公演 (2007年7月)

2002年に、クリゲル・グランツマンを中心に結成。2003年に、デモEP『Vên』をリリースし、翌年オランダのフィアー・ダーク・レコードと契約。同年に『Vên』をリメイクしてリリースした。

2006年に1stアルバム『Spirit』をリリース。『Spirit』はサウンドホリックからもリリースされ日本デビューを果たした。

2008年レーベルニュークリア・ブラストに移し、2ndアルバム『Slania』をリリースした。日本では、ハウリング・ブル・エンターテイメント傘下のPerfect Crime Recordsから邦題『魔笛の国のスラニア』としてリリースされた。

2009年に、3rdアルバム『Evocation I: The Arcane Dominion』をリリース。同アルバムは、メタルの要素を廃し、フォークソングの要素が強いアルバムとなっている。

2010年には、4thアルバム『Everything Remains as It Never Was』をリリース。同アルバムでは、再びメタル要素を含んだ、フォークメタルとなっている。

2012年に5thアルバム『Helvetios』をリリース。2nd、4thと同様フォークメタル中心のアルバムである。また、同年には廃盤となって久しい1stEP『Vên』のリレコーディングと、1stアルバム『Spirit』のリマスターを収録したコンピレーションアルバム『The Early Years』をリリースした[3]

2014年6月に初来日公演。6thアルバム『Origins』をリリース。

2017年7thアルバム『Evocation II』をリリース。

2018年2月来日公演予定。

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

        
クリゲル・グランツマン(Vo) 2015年
カイ・ブレム(B) 2015年
ラファエル・ザルツマン(G) 2015年
マッテオ・システィ(Bag) 2015年
ニコル・アンスペルゲル(Vio) 2016年

旧メンバー[編集]

  • ダニ・フューアー (Dani Furer) - リードギター (2003-2004)
  • イヴ・トリベルホーン (Yves Tribelhorn) - リズムギター (2003-2004)
  • ジャン・アルバーティン (Gian Albertin) - ベース/ボーカル (2003-2004)
  • ダリオ・ホフステッター (Dario Hofstetter) - ドラムス (2003-2004)
  • リンダ・スーター (Linda Suter) - フィドル/ボーカル (2003-2004)
  • メットゥ・アッカーマン (Mättu Ackermann) - フィドル (2003-2004)
  • ディデ・マーフュート (Dide Marfurt) - ハーディ・ガーディ/バグパイプ (2003-2004)
  • フィリップ・レインマン (Philipp Reinmann) - ブズーキ (2003-2004)
  • ベニ・ヘフェリ (Beni Häfeli) - ドラムス (2004)
  • セヴァン・キルデール (Sevan Kirder) - バグパイプ/フルート (2003-2008)
  • メリ・タディッチ (Meri Tadic) - ヴァイオリン (2003-2013)
  • セヴィ・ビンダー (Severin Binder) - ボーカル (2004-2006)
  • イーヴォ・ヘンツィ (Ivo Henzi) - リズムギター (2004-2016)
  • シーメ・コーチ (Sime Koch) - リードギター (2004-2012)
  • ラフィ・キルデール (Rafi Kirder) - ベース (2004-2008)
  • マーリン・スーター (Merlin Sutter) - ドラムス (2004-2016)
  • サラ・キーネル (Sarah Kiener) - ハーディ・ガーディ/バス・ショーム/アコーディオン/ボーカル (2005-2006)
  • アンナ・マーフィー (Anna Murphy) - ハーディ・ガーディ/ボーカル (2006-2016)
  • ペデ・キストラー (Patrick "Päde" Kistler) - バグパイプ/ホイッスル (2008-2014)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • 2006年 スピリット Spirit
  • 2008年 魔笛の国のスラニア Slania
  • 2009年 イヴォケーションI〜神秘の地ガリア〜 Evocation I: The Arcane Dominion
  • 2010年 エブリシング・リメインズ Everything Remains as It Never Was
  • 2012年 ヘルヴェティオス Helvetios
  • 2014年 オリジンズ Origins
  • 2017年 イヴォケーションII:ヴィジョンズ Evocation II: Visions

コンピレーション[編集]

  • 2012年 アーリー・イヤーズ The Early Years

シングル・EP[編集]

  • 2003年 Ven (デモEP)
  • 2004年 Ven (EP)
  • 2009年 Omnos (シングル)

脚注[編集]

  1. ^ a b Eluveitie reviews, music, news”. sputnikmusic. Sputnikmusic.com. 2016年8月15日閲覧。
  2. ^ 米沢彰 (2012年8月). “ELUVEITIE”. 激ロック. 2013年7月5日閲覧。
  3. ^ http://columbia.jp/nuclearblast/bands/eluveitie/ Nuclear Blast Japan 公式サイト 2014年2月28日閲覧。

外部サイト[編集]