日本舞踊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本舞踊(にほんぶよう)は、 Japanese dance の和訳、すなわち日本ダンスの総称である。日本の伝統的なダンスである(まい)と(おどり)を合わせたもの。近年、日本舞踊の国際化に伴い欧米諸国やアジアにも Nihon Buyō といった呼称が定着しつつある。

広義の日本舞踊(「日本の舞踊」)[編集]

概要[編集]

「舞踊」とは、明治のはじめに劇作家の坪内逍遥福地桜痴が考案した翻訳造語の一つで、本来は英語の dance の和訳にあたる。

造語の種類としては「田畑」や「恋愛」と同じ複合語にあたり、日本語の「」(まひ)と「」(をどり)の二字を結合したもの。逍遥が自著『新楽劇論』(明治37年)でこの語を多用したことから読者を通じて一般に広まった。

やがて日本伝統の「舞踊」をダンスの翻訳語である「舞踊」と区別する必要性から、「日本の舞踊」という表現が用いられるようになり、これが定着して今日に至る。

日本の舞踊の種類[編集]

日本の伝統的な舞踊は、舞い・踊り・振りの三種類に大別される。

舞い[編集]

荘重な歌や音楽に合わせて、摺り足や静かな動作で舞台を廻るもの。貴族的で、舞台芸能として長い歴史をもつ。

  • 宮廷の祭祀に奉納されるもの
  • 民間の祭礼において披露されるもの
  • 舞台演劇化したもの

踊り[編集]

軽快な歌や音楽に合わせて、足を踏み鳴らして拍子を取りながら、動きのあるな手振り身振りでうねり回るもの。庶民的で、江戸時代になってから発達した。

振り[編集]

歌や音楽に合わせて、日常的な動きやしぐさを舞踊として表現するもの。江戸時代に歌舞伎人形浄瑠璃の発達にともなって派生した。

  • 屏風を立てた座敷で舞うもの
  • 舞台演劇化したもの

その他[編集]

比較的新しい舞踊として以下のものがある。

狭義の日本舞踊(「日本舞踊」「舞踊」)[編集]

概要[編集]

日本舞踊には、現在200を越える流派が存在する。その中でも特に、花柳流・藤間流・若柳流・西川流・坂東流を「五大流派」と呼んでいる。

日本舞踊の主な流派[編集]

現在継承されている日本舞踊の流派は多数ある。嘉永5年(1852年)に発行された番付には14流派が掲載されたが、大正時代に急増。第二次世界大戦後に分派化、創流がいっそう進み、日本舞踊協会加入が約120、未加入や新舞踊の流派を加えるとおびただしい数にのぼる。[1]

以下は「日本舞踊」「舞踊」の流派のみ記載。その他の流派については、「日本舞踊の流派一覧」を参照。 上方舞などの流派については、「上方舞」、「新舞踊」を参照。

五大流派[編集]

「五大流派」と呼ばれる流派は以下の通り。

花柳流(はなやぎりゅう)
嘉永2年(1849年)、花柳壽輔が創始。花柳壽輔は四代目西川扇蔵に学び、歌舞伎舞踊の振付師として重きをなした。初め子女の習い事として浸透したが、現在では組織力の強さで名取約1万5000名を擁する最大の流派となっている。
藤間流(ふじまりゅう)
宝永年間に初代藤間勘兵衛が創始。のち茅場町勘十郎家浜町勘右衛門家家に分かれる。また勘右衛門家からは三世藤間勘右衛門(七代目松本幸四郎)が出て松本流を派生させている。
若柳流(わかやぎりゅう)
明治26年(1893年)、初代花柳壽輔の門から出た花柳芳松が若柳吉松(のち若柳壽童)と改名して創始。花柳界で発展したため手振りが多く、品のある舞踊である。
西川流(にしかわりゅう)
元禄年間に始まり、二代目西川仙蔵が確立。300年の歴史をもつ。
坂東流(ばんどうりゅう)
化政期を代表する歌舞伎役者、三代目坂東三津五郎を流祖とする。三代目三津五郎は江戸歌舞伎きっての舞踊の名手で、所作事に多くの名作を残した。単に踊るだけのそれではなく、作品を常に演劇的にとらえ、“演じる”ことを大切に扱うところに特徴。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤田洋『日本舞踊ハンドブック改訂版』三省堂、2010年6月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]