モダン・ヘヴィネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モダン・ヘヴィネスは音楽ジャンルの一つ。日本独自の呼称で、こういったバンドの本場である北米やヨーロッパではこういったジャンルは存在しない。1990年代初頭のポスト・スラッシュグルーヴ・メタルがこれにあたる場合が多い。伝統的なヘヴィメタルスラッシュメタルと違う、ヘヴィネスとグルーヴ重視のヘヴィメタルバンドを一括りにしてこう呼ぶ風潮があった。またハードコア・パンク系やインダストリアル・ロック系のバンドも含まれる事が多かった。これはクロスオーバーなど、音楽ジャンルに明確な線引きが難しいため起きた現象とも言える。 90年代中盤~後半あたりの時期に、著名な伝統的ヘヴィメタルバンドや、LAメタルバンド、スラッシュメタルバンドらがグルーヴ・メタルやオルタナティヴ・ロックグランジ等の要素を取り入れ、音楽性を豹変させるケースが多々あった。代表的な例はメタリカモトリー・クルードッケンクイーンズライクラウドネスジューダス・プリーストディオブルース・ディッキンソン(スカンクワークス時代)など。大半は正統派メタルの音楽性を支持し続けるファンに敬遠、非難され、音楽性を戻したり、更なる新機軸を加えたりして、「脱モダン」を計り支持を取り戻している。特に日本では、正統派ヘヴィメタル、ハードロックを支持するファンが多く、音楽性が「モダン化」すると、急激に人気が衰退するケースが頻発した。当時のヘヴィメタル、ハードロック専門誌『BURRN!』が徹底してアンチ・モダン・ヘヴィネスな方針を貫いていたことも大きく影響している。

バンド一覧[編集]

関連項目[編集]