カントリー・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カントリー・ブルース
様式的起源 ブルースフォークソング
文化的起源 アメリカ合衆国南部、20世紀初頭
使用楽器 ギターハーモニカ
派生ジャンル シカゴ・ブルースデトロイト・ブルースelectric bluesメンフィス・ブルースニューオリンズ・ブルーススワンプ・ブルースヒル・カントリー・ブルース
サブジャンル
デルタ・ブルースルイジアナ・ブルースピードモント・ブルース
テンプレートを表示

カントリー・ブルース (country blues) は、アメリカ合衆国の田舎で演奏された、主にギターを中心としたブルースの形態の内、アコースティック・ギターを用いるものの総称である。他にフォーク・ブルース (folk blues)、ルーラル・ブルース (rural blues)、ダウンホーム・ブルース (downhome blues) などの呼び方もある。

歴史[編集]

戦前、アフロアメリカンの間で人気があったブルース・シンガーとしては、チャーリー・パットン[1][2]、ブラインド・レモン・ジェファーソンらがいた。1960年代に有名になったロバート・ジョンソンは、当時は無名の存在だったという[3]。カントリー・ブルースは、田舎のゴスペルや、ラグタイムの要素を取り込み、ときにはヒルビリー (Hillbilly)、ディキシーランド・ジャズなどの要素まで見られる場合もある。アメリカ合衆国南部ブルースが生まれた後、ブルースはカントリー/田舎にも、その他の場所にも広がって行き、各地に独自のスタイルが誕生した。メンフィス・ブルース (Memphis blues)、デトロイト・ブルース (Detroit blues)、シカゴ・ブルーステキサス・ブルース (Texas blues)、ピードモント・ブルース (Piedmont blues)、ルイジアナ・ブルース (Louisiana blues)、ウェスト・コースト・ブルース (West Coast blues)、アトランタ・ブルース (Atlanta blues)、セントルイス・ブルース (St. Louis blues)、イースト・コースト・ブルース (East Coast blues)、スワンプ・ブルース (Swamp blues)、ニューオリンズ・ブルース (New Orleans blues)、デルタ・ブルース (Delta blues)、ヒル・カントリー・ブルース (Hill country blues) 、カンザスシティ・ブルース (Kansas City blues) などがその例である[4]

1960年代はじめに、アフリカ系アメリカ人の音楽の嗜好が変化し始め、ソウルミュージックリズム・アンド・ブルースへと傾斜すると、カントリー・ブルースは、「フォーク・ブルース」として新たな人気を呼ぶようになり、おもに白人の、大学生くらいの年代の聴衆に受け入れられるようになった。ビッグ・ビル・ブルーンジーサニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのような伝統的なアーティストたちが、フォーク・ブルースのアーティストとして装いを新たに再登場し、ソニー・テリー (Sonny Terry) やブラウニー・マッギー (Brownie McGhee) のようなピードモント・ブルースのミュージシャンたちが、アメリカ合衆国のフォーク音楽リヴァイヴァル運動 (American folk music revival) の中で活躍するようになった[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ “• Charley Patton April 28, 1891 – April 28, 1934...” (英語). http://iloveancestry.net/post/58016762187/charley-patton-april-28-1891-april-28-1934 2022年2月2日閲覧。 
  2. ^ Charley Patton (1891–1934)”. Findagrave.com. 2022年2月2日閲覧。
  3. ^ ローリング・ストーンズ、クリームらがカバーしたことで、有名になった
  4. ^ Country Blues”. The Blues Foundation. 2014年1月22日閲覧。
  5. ^ Reverend Keith A. Gordon. “Blues Styles: Country Blues: Country Blues style defined”. About.com. 2014年1月22日閲覧。

関連項目[編集]