テハノミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンフント

テハノミュージック(Tejano music)とは、テキサス州メキシコ国境周辺で演奏されているルーツ・ミュージックである。テックスメックス(テキサスとメキシコの合成語)、コンフント音楽とも呼ばれる。

歴史[編集]

19世紀の終わりごろに、テキサス州サン・アントニオ周辺のドイツ系移民が演奏していたポルカワルツを、メキシコ系住民が民族音楽ノルテーニョランチェーラに取り入れて誕生したと言われる[1]

ノルテーニョはバホ・セストと呼ばれる12弦ギターアコーディオンウッド・ベースなどで編成される楽団(コンフント)によって演奏される[2]白人によって編成されるバンドはオルケスタ・テハーナ(テキサス風オーケストラ)と呼ばれ、マリアッチの編成に似て管楽器バイオリンが中心となっている。現代では、これらの音楽をまとめてテックスメックスと呼んでいる。

ジェイ・ロペスなどのテハノミュージシャンは、ロックとルーツの音楽の影響を受けている[3]。テハノにはさまざまなカテゴリーの音楽とバンドがある。主要なカテゴリは、コンフント、オルケストラ/オーケストラ、およびモダン・テハノの三種類である。コンフント・バンドは、アコーディオン、バホセクスト、エレクトリックベース、ドラムで構成されている。コンフント・バンドの例としては、エステバン・スティーブ・ジョーダンのバンド、ホームタウン・ボーイズがあげられる。オーケストラ/オーケストラは、ベース、ドラム、エレキギター、シンセサイザー、ブラスセクションで構成されている。バンドにアコーディオンを入れることもある。オーケストラの例としては、ルーベンラモスとテキサス・レボリューション、リバティ・バンド、ラテンブリードなどがいる。現代のテハノ・バンドは、シンセサイザー、ドラム、エレキギター、ベース、時にはアコーディオンで構成されている。サウンドはシンセサイザーに依存している面もある。現代のバンドの例として、ラ・マフィア、セレナ・クインタニラ、ラ・ソンブラ、エリダ・レイナ、デイヴィッド・リー・ガルザy Los・Musicales、シェリーラレス、ジェイ・ペレス、そしてMAZZなどがあげられる。

代表的なアーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺 1993, pp. 106–107.
  2. ^ 渡辺 1993, pp. 136–138.
  3. ^ DeLeon, John. “Jay Perez biography”. Allmusic. 2008年9月12日閲覧。

和書[編集]

  • 渡辺芳也『アコーディオンの本』春秋社、1993年。ISBN 4393934229