労働歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

労働歌(ろうどうか、英語: Work song)とは、の種類である。本義としては作業歌(さぎょううた)や仕事歌(しごとうた)などと呼ばれる、特定の労働をテーマとした民謡を指す。狭義として労働運動の歌や労働者を励ます歌を労働歌と呼び、革命歌組合歌反戦歌などを含む。

作業歌[編集]

アメリカの船乗りの民謡 "Haul Away,Joe"

作業歌には

  1. 地搗き歌のように呼吸を合わせるための掛け声として歌われたもの
  2. 特定の作業をテーマとして作られたもの

がある。農業など多人数が呼吸を合わせる必要がない仕事では、2に比べて1の数は非常に少ない。また、実際の作業のリズムと音楽のリズムが無関係な歌も多い。ほとんどの作業歌は作業をしながら歌われる歌というよりも、作業の合間に疲れを癒やしたり、労働の喜びを再認識するための歌といえる[1]

主な作業歌[編集]

労働歌[編集]

前述の通り、労働運動の歌や労働者を励ます歌のこと。労働運動と密接な関わりがあり、戦前戦時中は歌うのや放送が禁止された歌もある。なお、革命歌組合歌反戦歌については各項目を参照のこと。

戦前の歌[編集]

フランスで作られた革命歌。労働運動を代表する歌となり、ソビエト連邦の国歌1944年まで)とされた。日本では1922年佐々木孝丸が翻訳し、1929年佐野碩とともに改訳した歌詞で歌われている。ただし、その歌詞は原詞には忠実でなく翻訳というより翻案に近い。
1922年の第3回メーデーの準備の中で大場による歌詞が作られた。事実上の原曲は大日本帝国陸軍戸山学校軍楽隊々長永井建子が、1899年に発表(出版)した軍歌「小楠公」。なおこの「小楠公」の曲は、後に旧制第一高等学校寮歌アムール川の流血や」(1901年、作詞:塩田環)、および陸軍中央幼年学校の軍歌「歩兵の本領」(1911年、作詞:加藤明勝)に流用されている。
原曲はクリスマス・キャロルとして知られるドイツ民謡の「もみの木」。1889年ロンドンで起きた港湾労働者のストライキを激励するためにコンネルが讃美歌として歌われていた「もみの木」に歌詞をつけ、それが1920年代のアメリカ合衆国の労働運動で広く歌われるようになった。日本にはアメリカの労働運動の歌として紹介され、1921年頃に赤松による歌詞で歌われるようになった。原曲の「もみの木」とは違い、行進曲風に歌われる。

戦後の歌[編集]

三池闘争で作られた曲。それまでの労働歌=男の労働者というイメージを変えた。
  • 「炭掘る仲間」(1956年、作詞:三池労働組合、作曲:小林秀雄)
炭鉱労働での仲間との団結を歌った。三池労組の組合歌でもある。
  • 「もやせ闘魂」(1958年、作詞・作曲:荒木栄)
これも三池闘争と思われがちだが、元は北海道の炭労から。歌詞を繰り返す単純な曲。
労働者の力強さと希望を歌っている。
  • 「俺たちのシルクロード」(1981年、作詞:荒井良夫、作曲:たかだりゅうじ)
1987年の国鉄分割民営化を前に製作された。現在でも労働者の集会やうたごえ祭典などでよく歌われる。
ももいろクローバーZの歌う労働歌。イングランドのロックバンド"The Go! Team"のイアン・パートンの作曲、筋肉少女帯などで活躍する大槻ケンヂの作詞という異色の組み合わせで制作された。ミュージックビデオでは、1979年に第2次オイルショックの影響を受けて内閣が提唱した省エネスーツを着用してのパフォーマンスをしている(労働讃歌 - YouTube)。

その他の運動の歌[編集]

学生運動市民運動などを励ましたり、歌ったりする歌のこと。

  • 「たたかいの中に」(作詞:高橋正夫、作曲:林光
1952年に起こったメーデー事件で、警察官拳銃で撃たれて死亡した高橋正夫のメモを基に作られた歌。
  • 「沖縄を返せ」(1956年、作詞:全司法福岡高裁支部、作曲:荒木栄)
沖縄返還運動の象徴的な歌。1960年代の学生運動などでもよく歌われた。
  • 「反対同盟の歌」
成田国際空港建設反対運動の中核的役割をした「三里塚芝山連合空港反対同盟」の歌。成田の地に住む人たちの誇り高さを歌っている。

脚注[編集]

  1. ^ 小泉 1990, pp. 23-27.

参考文献[編集]

関連項目[編集]