アメリカーナ (音楽)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカーナ
Americana
様式的起源 American folk music
ブルース
カントリー
リズム・アンド・ブルース
文化的起源 アメリカーナ

アメリカのルーツ・ミュージックとして知られている[1] アメリカーナAmericana)は、米国の音楽的精神を構成する共有された多様な伝統、特にフォークカントリーブルースリズム・アンド・ブルースロックンロールゴスペル、その他の外部の影響から融合した音の合流によって形成されたアメリカの音楽の混ぜ合わせである。[2] アメリカーナは、アメリカーナ音楽協会 (AMA)によって「カントリー、ルーツロック、フォーク、ゴスペル、ブルーグラスなど、アメリカのさまざまなアコースティックルーツ音楽スタイルの要素を取り入れた、現代の音楽であり、その結果、独特のルーツ指向のサウンドが生まれ、それが描くジャンルの純粋な形態とは別の世界に住んでいる。アコースティック楽器はしばしば存在し、重要ですが、アメリカーナはフル・エレクトリック・バンドもしばしば使用する」と定義されている。[3][4]

語源[編集]

現在の意味ではアメリカ合衆国の文化を表すという「アメリカーナ」というフレーズは、1841年につくられた。[5]

このジャンルの最も一般的な名前にもかかわらず、カナダの多数のアーティストもこのジャンルで有名であるため、アメリカのアーティストだけが練習しているわけではない。[6] このジャンルのカナダのバンドは、カナダのメディアではアメリカーナではなくカナディアンと呼ばれることがあるが 、これは他の場所では広く認められている同義語ではない。

ラジオ形式としてのアメリカーナ[編集]

ラジオ形式としてのアメリカーナは、1984年にカリフォルニア州ノースリッジのKCSNで始まった。カントリー/フォークの雑誌フレットの寄稿者であるマーク・ハンフリーは「ホンキー・トンク・アムネシア」と呼ばれる毎週のラジオ番組のホストを務め、「カントリー、フォーク、ホンキートンク、ケイジャン、ドーグ、ブルース、オールドタイムミュージック」を放送し、カントリー・ミュージックラジオ局のKCSNが「アメリカーナ」として宣伝していた。この形式は1990年代半ばにラジオ・プロモーターや音楽業界の人物が伝統的な指向のソングライターやパフォーマーのために使用する記述フレーズとして独自のものとなったた。

アメリカーナのアーティスト[編集]

このジャンルの著名なアーティストの一部は次のとおり。

こちらもご覧ください[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Widner, Ellis (2017年7月16日). “Bramletts gave root to Americana”. Arkansas Democrat-Gazette. https://www.arkansasonline.com/news/2017/jul/16/bramletts-gave-root-to-americana-201707/?f=features-style 2019年7月17日閲覧。 
  2. ^ Pete Knapp (2008年10月6日). “What is Americana Music?”. Peteknapp.com. 2013年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月23日閲覧。
  3. ^ What Is Americana”. Americana Music. 2017年2月5日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Bernstein, Jonathan (September 13, 2017). “Inside the Americana Genre's Identity Crisis”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/country/features/inside-the-americana-genres-identity-crisis-w502463 2018年5月11日閲覧。. 
  5. ^ Americana – Legends of America”. www.legendsofamerica.com. 2020年3月4日閲覧。
  6. ^ Annie Zaleski, "25 Country and Americana artists you might not know are Canadian". The Boot, September 5, 2018.
  7. ^ See Ryan Adams, Infamous Stringdusters Do 'Sweet Carolina' on 'Colbert'”. Rollingstone.com (2016年7月26日). 2020年3月4日閲覧。
  8. ^ Scherman, Tony (June 21, 2011). “Dave Alvin: Eleven Eleven”. Rolling Stone. https://www.rollingstone.com/music/albumreviews/eleven-eleven-20110621 2014年3月23日閲覧。. 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Americana Music Association”. Americanamusic.org. 2012年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月4日閲覧。
  10. ^ The Band's 'Music From Big Pink' Turns 50: How Upstate New York Informed the Americana Classic”. Billboard. 2020年3月4日閲覧。
  11. ^ Reitnouer, Amy (2013年6月3日). “Conversations with...Trish Klein of the Be Good Tanyas”. The Bluegrass Situation. 2018年5月11日閲覧。
  12. ^ Talbott, Chris (2010年9月9日). “Americana Awards”. USA Today. https://www.usatoday.com/life/music/news/2010-09-09-americana-awards_N.htm 2012年10月3日閲覧。 
  13. ^ Huey, Steve. “Blue Rodeo – Artist Biography”. AllMusic. 2018年12月3日閲覧。
  14. ^ Simms, Kelley. “Wisconsin's most influential musicians? Here's our list”. Herald Times Reporter. 2019年3月4日閲覧。
  15. ^ Heartland Heroes: Although Forced to Regroup, the BoDeans Remain Comeback Contenders”. Browardpalmbeach.com (2012年6月5日). 2020年2月27日閲覧。
  16. ^ Bodeans timeless sound revamped and renewed - Blogs - The Patriot Ledger, Quincy, MA - Quincy, MA”. Patriotledger.com (2015年4月10日). 2020年2月27日閲覧。
  17. ^ Palmer, Sean (2012年5月24日). “Just a little bit country”. The Sydney Morning Herald. http://www.smh.com.au/entertainment/music/just-a-little-bit-country-20120523-1z52h.html 
  18. ^ Last Week AMA Chart”. Americana Music Association. 2011年2月7日閲覧。
  19. ^ a b c d e Cross, Charles R. (2011年7月2日). “Americana cavalcade — Neko Case, Gillian Welch, Alison Krauss”. Seattle Times. http://seattletimes.nwsource.com/html/musicnightlife/2015464763_girlpower03.html 2011年11月23日閲覧。 
  20. ^ a b Reed, James (2012年5月20日). “Crooked Still's Aoife O'Donovan comes into her own”. Boston Globe. https://www.bostonglobe.com/arts/music/2012/05/19/crooked-still-aoife-donovan-comes-into-her-own/onZ3ruCBjusoWEqViQix1M/story.html 2018年5月11日閲覧。 
  21. ^ Gilliland 1969, shows 31-32.
  22. ^ “Justin Townes Earle: Americana singer-songwriter coming to Bates”. Sun Journal. (2011年11月15日). http://www.sunjournal.com/news/encore/2011/11/15/justin-townes-earle-americana-singer-songwriter-coming-bates/1115617 2011年11月25日閲覧。 
  23. ^ Gilliland 1969, shows 52, 54.
  24. ^ No Depression”. Nodepression.com. 2012年12月6日閲覧。
  25. ^ Willman, Chris (2016-09-23), Bob Weir Grateful to Get Back in Touch With His Cowboy Side at Americana Fest, Billboard, http://www.billboard.com/articles/news/7518813/bob-weir-grateful-dead-americana-festival-country 2016年10月24日閲覧, "'In all likelihood, without the Grateful Dead and without Bob Weir, there would not be an Americana community,' said Jed Hilly, executive director of the Americana Music Association..." 
  26. ^ McGee, Alan (2009-07-02), McGee on music: Why the Grateful Dead were Americana pioneers, The Guardian, https://www.theguardian.com/music/musicblog/2009/jul/02/mcgee-music-grateful-dead 2016年10月24日閲覧。 
  27. ^ Isaacs, Dave (2011-11-01), The Grateful Dead & The Band - original Americana groups?, No Depression, http://nodepression.com/article/grateful-dead-band-original-americana-groups 2016年10月30日閲覧。 
  28. ^ Long, Mark (2019年6月2日). “Review: I’m With Her provides soundtrack for geography of United States”. The Post and Courier. https://www.postandcourier.com/spoleto/review-i-m-with-her-provides-soundrack-for-geography-of/article_6d33123e-858f-11e9-8a40-1fbbefbc3563.html 2019年6月6日閲覧。 
  29. ^ John Mellencamp Is 'Plain Spoken' on Latest Project”. Rollingstone.com (2014年8月15日). 2020年3月4日閲覧。
  30. ^ Barton, Laura (2014年10月21日). “The playlist: Americana – Blake Mills, Tobias Jesso Jr, Joan Shelley, John Angaiak, Jeffrey Evans”. Theguardian.com. 2020年3月4日閲覧。
  31. ^ Gilliland 1969, show 44.
  32. ^ Post, The Washington (2017年10月4日). “Commentary: Tom Petty’s Americana felt stranger than the rest”. 2020年3月4日閲覧。
  33. ^ Tom Petty’s America Is The One We Want To Believe In”. BuzzFeed News. 2020年3月4日閲覧。
  34. ^ Moser, John (2019年8月26日). “Americana favorite Josh Ritter to play free WXPN show at Easton’s State Theatre”. The Morning Call. 2020年2月27日閲覧。
  35. ^ Deming, Mark. “Josh Ritter: Artist Biography by Mark Deming”. AllMusic. 2020年2月27日閲覧。
  36. ^ a b Gilliland, John (1969). "Blowin' in the Wind: Pop discovers folk music" (audio). Pop Chronicles. University of North Texas Libraries. Shows 1, 18.
  37. ^ Did Bob Seger Just Play His Final Show?”. Ultimateclassicrock.com. 2020年2月27日閲覧。
  38. ^ “Godmother of Americana Michelle Shocked Returns to UK with Her Mercury Rising Tour”. https://www.wearecivildisobedience.com/2018/02/06/godmother-of-americana-michelle-shocked-returns-to-uk-with-her-mercury-rising-tour/ 2018年2月9日閲覧。 
  39. ^ https://www.wgbh.org/music/2020/02/07/npr-music-live-sessions-wood-brothers-perform-little-bit-broken
  40. ^ L. David Wheeler (2020年1月31日). “Front-Row Seat: A soulful return to Rochester for Kat Wright - News - MPNnow - Canandaigua, NY”. MPNnow. 2020年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]