トム・ペティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トム・ペティ
Tom Petty
Tom Petty.jpg
USA・ブリストウ公演 (2006年6月)
基本情報
出生名 Thomas Earl Petty
生誕 (1950-10-20) 1950年10月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州ゲインズビル
死没 (2017-10-02) 2017年10月2日(66歳没)
ジャンル ロックフォーク・ロック、ハートランド・ロック、カントリー・ロック、カントリー・ミュージック、サザン・ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ギターボーカルハーモニカピアノベースドラムス
活動期間 1973年2017年
レーベル Shelter Records
Backstreet Records
MCA
ワーナー・ブラザース・レコード
リプリーズ・レコード
共同作業者 トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
トラヴェリング・ウィルベリーズ
ボブ・ディラン
スティーヴィー・ニックス
マッドクラッチ
公式サイト www.tompetty.com
著名使用楽器
リッケンバッカー 660/12
リッケンバッカー 360/12
ヴォックス・マークIII

トム・ペティ(Tom Petty, 1950年10月20日 - 2017年10月2日)は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンシンガーソングライター

1976年からロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として活動。1989年からソロデビューも果たし、同国を代表するアーティストとして活動した。

1994年グラミー賞』受賞。2002年ロックの殿堂』入り。ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100組のアーティスト」第91位。

概要[編集]

トム・ペティはブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガー等と並び、アメリカの中西部・南部の白人労働者の心情を代弁するロック・シンガーとして知られた。彼らのロックは、「ハートランド・ロック」[1]と呼ばれることもある。また、ボブ・ディランローリング・ストーンズバーズなどからの影響を受けていると指摘されることも多い。

デビュー以来、ライブ活動やアルバム・リリースをコンスタントに続けており、晩年もアルバムは全米チャートのトップ10に食い込むなど、人気を誇っていた。また、1988年にはボブ・ディランジョージ・ハリスン等と共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ[2]というバンドを結成し、ヒットを記録した。

テレビアニメ『ザ・シンプソンズ』に本人役で出演しホーマー達に歌詞の書き方をレクチャーしたほか、『キング・オブ・ザ・ヒル』にラッキー役で5年間の準レギュラー出演を果たした。

来歴[編集]

マッドクラッチ時代[編集]

17歳の時にフロリダ州で「マッドクラッチ英語版」を結成。当時ペティはギターでなくベースを弾いていた[3]。ギターは楽器店の教室で、当時無名だったドン・フェルダーがら手ほどきを受けている。

その後マッドクラッチはロサンゼルスに移り、1974年にはレオン・ラッセルとデニー・コーデルが設立したシェルター・レコードから契約の話を持ちかけられるが、マッドクラッチは解散して、ペティはソロ・アーティストとしてシェルターとの契約を継続[3]

ザ・ハートブレイカーズ結成[編集]

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ活動初期 (1977年)

マッドクラッチ時代の盟友であったマイク・キャンベル(ギター)とベンモント・テンチ(キーボード)に、ロン・ブレア(ベース)とスタン・リンチ(ドラムス)を加えた編成の「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」として、1976年にデビュー・アルバム『アメリカン・ガール』(Tom Petty & The Heartbreakers)を発表した。

デビュー当時はアメリカでは人気が得られなかったが、ニルス・ロフグレン英語版のイギリス・ツアーでオープニングアクトを務めるとイギリスで人気が高まり[4]1977年6月にはデビュー・アルバムが全英アルバムチャートで24位に達した[5]1978年にはアメリカでもデビュー作がBillboard 200で55位を記録して、セカンド・アルバム『ユア・ゴナ・ゲット・イット!』は23位に達した[6]

1979年発表のサード・アルバム『破壊』(Damn the Torpedoes)は全米2位の大ヒットを記録[6]。同アルバムは2020年に米誌『ローリングストーン』が発表した「ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版」において231位に選出された[7]

1981年、マイク・キャンベルと共作した「嘆きの天使」(Stop Draggin' My Heart Around)をスティーヴィー・ニックスのアルバム『麗しのベラ・ドンナ』に提供し、ペティとザ・ハートブレイカーズはレコーディングにも参加。この曲はシングルとして全米3位を記録した[8]。なお、この年にはペティとザ・ハートブレイカーズはデル・シャノンのアルバム『Get Down & Get Me』のレコーディングにも参加しペティはプロデュースも担当する。

1986年、ザ・ハートブレイカーズと共にボブ・ディランのバック・バンドとして活動[4]1987年アラン・ルドルフの監督映画『メイド・イン・ヘブン』に出演[9]

1988年、ディラン、ジョージ・ハリスンジェフ・リンロイ・オービソンと共に「トラヴェリング・ウィルベリーズ」を結成し、オービソンのアルバム『ミステリー・ガール』のレコーディングにも参加。

ソロデビュー〜死去[編集]

1989年に初のソロ・アルバム『フル・ムーン・フィーヴァー』を発表。同アルバムは2020年に米誌『ローリングストーン』が発表した「ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版」において298位に選出された[10]

1990年にペティとザ・ハートブレイカーズはデル・シャノンの遺作『Rock On』レコーディングにも参加。マイク・キャンベルとジェフ・リンはロデュースも担当する。同作は翌年SilverToneから発売された。

1994年リック・ルービンのプロデュースによるソロ2作目『ワイルドフラワーズ』を発表。同アルバムからのシングル曲「ユー・ドント・ノウ・ハウ・イット・フィールズ」で『グラミー賞』最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞した[11]。同アルバムは2020年に米誌『ローリングストーン』が発表した「ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選 | 2020年改訂版」において214位に選出された[12]

1997年、映画『ポストマン』に出演[13]

2002年、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズとして『ロックの殿堂』入りを果たす[14]

2004年から2009年にかけて、テレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』で声優を務めた[15]

2007年夏には「マッドクラッチ」を再結成して、2008年セルフタイトルのアルバムを発表[3]。また、同年2月3日に行われた第42回スーパーボウルのハーフタイムショーに出演した。

2017年10月2日、カリフォルニア州サンタモニカの病院にて死去、66歳没[16]。翌年、鎮痛剤の過剰摂取が原因と公表[17]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

※()内の順位は全米ビルボード200の最高位

ソロ名義[編集]

トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ名義[編集]

  • 1976年 アメリカン・ガール - Tom Petty & The Heartbreakers(55位)
  • 1978年 ユア・ゴナ・ゲット・イット! - You're Gonna Get It!(23位)
  • 1979年 破壊 - Damn The Torpedoes(2位)
  • 1981年 ハード・プロミス - Hard Promises(5位)
  • 1982年 ロング・アフター・ダーク - Long After Dark(9位)
  • 1985年 サザン・アクセンツ - Southern Accents(7位)
  • 1986年 パック・アップ・ザ・プランテーション-ライヴ - Pack Up The Plantation: Live!(22位)
  • 1987年 レット・ミー・アップ - Let Me Up (I've Had Enough)(20位)
  • 1991年 イントゥ・ザ・グレイト・ワイド・オープン - Into The Great Wide Open(13位)
  • 1993年 グレイテスト・ヒッツ - Greatest Hits(5位)
  • 1995年 プレイバックBOX - Playback - ボックス・セット
  • 1996年 彼女は最高 オリジナル・サウンドトラック - Songs And Music From "She's The One"(15位)
  • 1999年 エコー - Echo(10位)
  • 2000年 アンソロジー - Anthology : Through The Years(132位)
  • 2002年 ザ・ラスト・DJ - The Last DJ(9位)
  • 2003年 Live At The Olympic : The Last DJ
  • 2010年 The Live Anthology
  • 2010年 モジョ - Mojo(2位)
  • 2014年 ヒプノティック・アイ - Hypnotic Eye (1位)

トラヴェリング・ウィルベリーズ名義[編集]

マッドクラッチ名義[編集]

  • 2008年 マッドクラッチ - Mudcrutch
  • 2008年 Mudcrutch Extended Play Live(EP)
  • 2016年 2 - 2

日本公演[編集]

  • 1980年 TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS

        DAMN THE TORPEDOES TOUR

3月5日 日本武道館、6日 大阪城ホール、8日 愛知県体育館、10日 日本武道館

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ http://www.wideopencountry.com/8-heartland-rockers-influenced-c...
  2. ^ http://www.travelingwilburys.com/
  3. ^ a b c Mudcrutch : AllMusic - Biography by Steve Leggett
  4. ^ a b Tom Petty : AllMusic - Biography by Stephen Thomas Erlewine
  5. ^ TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される。
  6. ^ a b Tom Petty - Awards”. AllMusic. 2016年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  7. ^ ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選” (2020年9月23日). 2021年1月14日閲覧。
  8. ^ Bella Donna - Stevie Nicks - Awards”. AllMusic. 2016年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月9日閲覧。
  9. ^ Made in Heaven (1987) - IMDb
  10. ^ ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選” (2020年9月23日). 2021年1月14日閲覧。
  11. ^ Tom Petty - Artist”. GRAMMY.com. Recording Academy. 20201-03-09閲覧。
  12. ^ ローリングストーン誌が選ぶ「歴代最高のアルバム」500選” (2020年9月23日). 2021年1月14日閲覧。
  13. ^ The Postman (1997) - IMDb
  14. ^ Tom Petty and the Heartbreakers: inducted in 2002 | The Rock and Roll Hall of Fame and Museum
  15. ^ Tom Petty - Filmography by TV series - IMDb
  16. ^ Los Angeles Times
  17. ^ トム・ペティ、鎮痛剤による不意のオーヴァードーズで亡くなっていたことが明らかに”. NME JAPAN (2018年1月19日). 2018年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]