パブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パブロック
様式的起源 ロックンロールルーツ・ミュージックフォークロックロカビリーフォーク・ソング、ルーツ・ロック
文化的起源 1970年代 イングランドの旗 イングランド
ロンドンエセックス
使用楽器 ギターベースドラムセットピアノ
派生ジャンル プロトパンクパンク・ロックニュー・ウェイヴモッズ・リバイバル

パブロック (Pub rock) は、1970年代に、イギリスを中心に発生したロックの一ジャンルである。

概要[編集]

アメリカからイギリスに渡ったエッグズ・オーバー・イージー[1]が、パブで演奏し始めたのが、初期のパブ・ロック・バンドの例である。その後、ブリンズリー・シュウォーツ[2]ドクター・フィールグッド、キルバーン&ハイローズ[3]グレアム・パーカーニック・ロウイアン・デューリーらが続いた。ビートルズローリング・ストーンズザ・フーキンクスなど、アメリカの1950-60年代のロックンロールブルースリズム&ブルースフォーク・ミュージックに影響されたバンドが勃興したいわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンが1964年以降に起きた。そのようなヒットを出せたバンドとは異なり、演奏場所が確保できないようなバンドが、シンプルな曲構成と演奏、労働者階級を意識した作詞を持ち味とし、パブで演奏し始めたのがパブロックのルーツである。The 101'ersに所属したジョー・ストラマーザ・クラッシュのボーカル/ギター)など、後にパンクロックでデビュしたロッカーの中にも、パブロック・シーンにいたミュージシャンもいた。

これらのバンドは、ロック市場が肥大化した時代とは逆に、キャパシティの小さなホール・クラブで少人数に対してライブを行うスタイルが、音楽ファンの親近感を呼んだ。パブで演奏しているバンド群「パブ・ロック」と呼ばれるようになった。エッグズ・オーバー・イージーは、それまでケンテイッシュタウンのTally Hoというジャズしか演奏しないパブで、ジャズ以外の音楽を演奏した最初のバンドになった[4]。彼らの行動は、ニック・ロウらのローカル・ミュージシャンを大いに刺激した。 パブロックと一口に言っても音楽性は多様で、バンドごとに音楽スタイルは異なり、ロックンロールを中心にしたバンドもいれば、ブルースを主体とするバンド、カントリー・ロック、フォーク・ロッックのバンド、ガレージロック・バンドなどさまざまであった。

代表的なアーティスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.allmusic.com/artist/eggs-over-easy-mn0000938358
  2. ^ ニック・ロウ、イアン・ゴムらが在籍した
  3. ^ イアン・デューリーが在籍した
  4. ^ http://www.nostalgiacentral.com/music/pubrock.htm  |archiveurl=https://web.archive.org/web/20100717115322/http://www.nostalgiacentral.com/music/pubrock.htm | Pub Rock
  5. ^ 「ヒット・ミー・ウィズ・ユア・リズム・スティック」などファンクのダンスナンバーの傑作を発表した
  6. ^ ファーストアルバム収録の「アリスン」は他のミュージシャンにもカバーされた
  7. ^ カントリー・ロックを演奏したバンド
  8. ^ 80年代にはアメリカでも小ヒットを出した
  9. ^ ミック・グリーンが在籍したバンド
  10. ^ カントリー・ロック・バンドである
  11. ^ 71年に「アイ・ヒア・ユー・ノッキング」のヒットを出している
  12. ^ パブロックからパンクロックへと転換したグループ
  13. ^ ダムドをプロデュース。ニック・ロウ自身は78年にニューウェイヴ・アルバムを発表した。
  14. ^ ニック・ロウ、イアン・ゴムらが在籍した

外部リンク[編集]