イアン・デューリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ian Dury (イアン・デューリー)
Ian Dury 1.jpg
1978年当時の写真
基本情報
出生名 Ian Robins Dury
出生 1942年5月12日
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドンハーロウ
死没 2000年3月27日(満57歳没)
ジャンル ロック
パブロック
パンク・ロック
ニュー・ウェイヴ
担当楽器 ヴォーカル
ドラムス
活動期間 1971年2000年
共同作業者 ブロックヘッズ
ミッキー・ギャラガー
ウィルコ・ジョンソン
公式サイト IanDury.com

イアン・デューリー(Ian Dury、1942年5月12日-2000年3月27日)は、イギリスロックミュージシャン

来歴[編集]

1942年ロンドンハーロウに生まれる。7歳の時に小児麻痺を患い、左半身が不自由になり、障害者のための施設と普通校を行き来する。

1966年に美術学校に入ると、友人たちとバンド活動を開始。

キルバーン&ザ・ハイローズを結成し、1971年頃から本格的なライブ活動を始める。

1974年に、WEAの子会社ラフト・レーベルと契約し、1st.アルバム『Wotabunch!』の録音するも、レーベルが倒産してしまったためにお蔵入りとなる(1977年に発売)。

1975年に2nd.アルバム『Handsome』でデビュー。パンクの元祖とでも言うべき過激なライブ・パフォーマンスで一部で話題になるも、商業的な成功は得られず、すぐに解散。

34歳の1977年、チャズ・ジャンケル(ギター)、チャーリー・チャールズ(ドラムス)、ノーマン・ワット=ロイ(ベース)、ジョニー・ターンブル(ギター)、ミッキー・ギャラガーキーボード)と共に、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとして活動を開始する。 ファンキーな楽曲とステージングが話題を呼び、スティッフ・レーベルから発表されたシングル『Sex & Drugs & Rock & Roll』が全英チャート2位に、1st.アルバム『New Boots and Panties!!』が全英チャート5位となる大ヒット。

1978年発表のシングル『Hit Me With Your Rhythm Stick』は全英チャート1位に、2nd.アルバム『Do It Yourself』も全英チャート2位となる大ヒットを記録する。しかしその直後、ソングライターだったチャズ・ジャンケルが脱退し、元ドクター・フィールグッドウィルコ・ジョンソン(ギター)が加入。

1980年の3rd.アルバム『Laughter』、ジャマイカスライ&ロビーとともに制作した1981年の4th.アルバム『Lord Upminster』はセールス的に伸び悩み、さらに病気により1年間の療養生活に入る。

1984年の復帰後発表された5th.アルバム『4,000 Weeks' Holiday』(4000週間のご無沙汰でした!)も大きな売上には至らなかったが、シェイクスピア「ハムレット」への出演をきっかけに、俳優としての活躍が主となり、ザ・ブロックヘッズは活動休止状態となった。

1986年忌野清志郎が1st.ソロ・アルバム『RAZOR SHARP』でザ・ブロックヘッズを起用し(イアン・デューリーもゲスト参加)、さらにツアーも敢行。それが縁で、1987年にイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとして初来日公演を行い、音楽活動を再開した。

1989年には、俳優だけでなく、自ら脚本と音楽まで担当したミュージカル『Apples』を録音しアルバムとして発表。

1990年に、ドラムスのチャーリー・チャールズが癌で亡くなり、翌1991年、イアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズとして追悼ライブを行い、その模様がアルバム『Live! Warts 'n' Audience』として発表された。

以後も、アルバム『The Bus Driver's Prayer & Other Stories』『Mr. Love Pants』などを発表し、ニック・ロウなどとともにパブ・ロックの代表選手として活動するも、2000年3月に癌により死去。

2001年には、ポール・マッカートニーロビー・ウィリアムスマッドネスシニード・オコナーなど豪華メンバーが参加したトリビュート・アルバム『Brand New Boots & Panties』がリリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

Ian Dury[編集]

アルバム

  • New Boots and Panties!! (1977年) ※Ian Dury
  • Do It Yourself (1979年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • Laughter (1980年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • Lord Upminster (1981年) ※Ian Dury
  • 4,000 Weeks' Holiday (1984年) ※Ian Dury & The Music Students
  • Apples (1989年) ※Ian Dury
  • The Bus Driver's Prayer & Other Stories (1992年) ※Ian Dury
  • Mr. Love Pants (1998年) ※Ian Dury & The Blockheads

ライブ・アルバム

  • Live! Warts 'n' Audience (1990年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • All the Best Mate (2000年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • Straight From The Desk (2001年) ※Ian Dury & The Blockheads

主なベスト・アルバム

  • Sex & Drugs & Rock 'n' Roll: Best Of Ian Dury (1992年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • The Best of Ian Dury (1995年) ※Ian Dury
  • Reasons To Be Cheerful (The Very Best Of Ian Dury & The Blockheads) (1999年) ※Ian Dury & The Blockheads
  • Ten More Turnips from the Tip (2002年、未発表作品集) ※Ian Dury & The Blockheads
  • sex&drugs&rock&roll - The Essential Collection (2010年) ※Ian Dury & The Blockheads

DVD

  • Hold On To Your Structure(2003年) ※輸入盤のみ
  • Rare And Unseen(2010年) ※輸入盤のみ
  • Live At Rockpalast 1978(2012年)

Kilburn & the High Roads[編集]

アルバム

  • Handsome (1975年)
  • Wotabunch! (1977年)
  • The Best Of Kilburn & The High Roads (1983年、ベスト・アルバム)

外部リンク[編集]