RAZOR SHARP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
RAZOR SHARP
忌野清志郎スタジオ・アルバム
リリース
録音 1986年9月11月
イギリスロンドン
ジャンル ロック
レーベル EASTWORLD/東芝EMI
忌野清志郎 年表
RAZOR SHARP
1987年
HAPPY HEADS
1987年
『RAZOR SHARP』収録のシングル
テンプレートを表示

RAZOR SHARP』(レザー・シャープ)は、忌野清志郎のアルバム。

解説[編集]

忌野清志郎のファースト・ソロ・アルバム。RCサクセションのミニ・アルバム『NAUGHTY BOY』をロンドンで制作後、所属レーベルよりロンドン・レコーディングの提案があったが忌野清志郎以外のメンバーが難色を示した為、忌野のソロアルバム制作となった。

レコーディング・メンバー等はスタッフに一任され、イアン・デューリーのバック・バンド「ブロックヘッズ」を中心に集められた。ドラマーは元ザ・クラッシュトッパー・ヒードンが参加したが、制作中にブロックヘッズのチャーリー・チャールズに交代した。ゲストにイアン・デューリースティーヴ・ヒレッジ、日本から梅津和時片山広明山下洋輔等が参加した。

1986年9月よりメイソン・ルージュ・スタジオでレコーディングされ、13曲が完成した。LPには10曲が収録され、CDには「メロディーメーカー」が追加された。先行シングル・カット「AROUND THE CORNER/曲がり角のところで」のカップリングで「ちょっと待ってくれ」、シングル盤で「E-JAN」が発売され、全曲が発表された。アルバム・カバー撮影、プロモーション・ビデオも含めすべてロンドンで制作された。

2006年デジタル・リマスターにて再発。

収録曲[編集]

  1. WATTATA (河を渡った)
    (作詞・作曲-忌野清志郎、G2wo、$asuke '86)
  2. 90 DAYS - 免停90日
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)
  3. AROUND THE CORNER / 曲がり角のところで
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)
  4. ワザト FEEL SO SAD (CANADA SEVEN)
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '69-'86)
  5. MELODY MAKER / メロディーメーカー
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)
    • LP未収録
  6. RAZOR SHARP・キレル奴
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)
  7. SEMETE (GOING ON THE ROAD)
    (作詞・作曲-忌野清志郎、山下洋輔 '86)
  8. CHILDREN'S FACE
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)
  9. あそび
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '71)
  10. IDEA / アイディア
    (作詞・作曲-忌野清志郎、G2wo、$asuke '86)
  11. BOO-BOO-BOO
    (作詞・作曲-忌野清志郎 '86)