ミネアポリス・サウンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミネアポリス・サウンド
様式的起源 ロック, ファンク, ポップ, シンセポップ
文化的起源 ミネソタ州, ミネアポリス,
使用楽器 ドラムマシン, ドラム, ギター, キーボード, シンセサイザー
派生ジャンル ダンスポップ
関連項目
プリンス
テンプレートを表示

ミネアポリス・サウンドは、ファンク, ロック, ポップ, シンセポップ, ニュー・ウェイヴなどの音楽を基に作られた音楽ジャンルで、1970年代の終わりにプリンスをパイオニアとして成立したとされる。[1] ジャンルとしての人気は1980年代に、上述のプリンス他、ザ・タイム, ジャム&ルイス,彼らのプロデュースを受けたジャネット・ジャクソン, モーリス・デイ, ヴァニティ6, アポロニア6, タ・マラ&ザ・シーン, シーラ・E, ジェシー・ジョンソン, ブラウンマーク, マザラティ, ザ・ファミリーらの同ジャンルに属するミュージシャンの勢いを受けて上昇した。

ローリングストーン誌アルバムガイドは、「ミネアポリス・サウンドは、80年代半ばのR&Bやポップスに大きな影響を与え、言うまでもなくエレクトロ, ハウス, テクノに次の20年分の影響をもたらした」と評している。[2]

多くのミネソタ出身のミュージシャンはもちろん、その他のアメリカの地域および、他の国の出身のミュージシャンに至るまで、例えばレディ・フォー・ザ・ワールド(ミシガン)やシェレール(ロサンゼルス),シーナ・イーストン(スコットランド)など、プリンスおよびミネソタ・サウンドの影響は及んでおり、それらの音楽はより広範にファンク・ロックなどとも称される。

音楽的な特徴[編集]

ミネアポリス・サウンドの中心地と称されるナイトクラブ ファーストアベニュー[3].

ミネアポリス・サウンドはファンクに属するジャンルだが、伝統的なファンクとは、若干異なるサウンドを持つ特徴がある。

  • 純粋なシンセサイザーが使用され、なおかつフィルよりもアクセントとして使われる。またギターは、 伝統的なファンクと比べて、より大音量でかつ積極的な即興演奏をギターソロのパートにおいて行う。
  • シンセベース、もしくはエレキ・ベースはとてもファンキーで重要な役割を持ち、 ドラムは伝統的なファンクのそれよりも、より機械的な処理を加えて加工したものを使う場合が多い[4]

ミネアポリス・サウンドのアーティスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Campbell, Michael (2008). Popular Music in America: The Beat Goes On. Cengage Learning, 2008. p. 300. ISBN 0495505307 
  2. ^ Prince: Biography : Rolling Stone
  3. ^ First Avenue & 7th Street Entry Band Files. Minnesota Historical Society. 1999-2004年.
  4. ^ https://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:4n-c1SohYqMJ:https://www.gearslutz.com/board/electronic-music-instruments-and-electronic-music-production/1081679-getting-quot-minneapolis-sound-quot-2.html+&cd=9&hl=ja&ct=clnk&gl=jp