レア・グルーヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

レア・グルーヴRare groove)とは、直訳すると「珍しいグルーヴ」である。レア・グルーヴ[1]は1980年代後半に、音楽ジャーナリズムやディスコ、クラブを中心に注目されるようになった。インターネットが登場する以前は、見つけ難い音楽という意味合いもあった。ネットで音源を調べられる現在では、CDが再発されたりレア・グルーヴの音盤を確認することも可能になってきた。

概要[編集]

過去の音楽を現在の価値観で捉え直す際、当時には評価されなかった楽曲の価値が新たに見出される場合がある。その楽曲は、現在の音楽(ダンスミュージック)においては、音楽面において珍しいだけでなく音源の流通という側面においても非常に珍しい(希少価値がある)存在である。このように、現在の新たな価値観で「踊れる、グルーブ感がある」ものとして発掘され、再評価を受けた過去の楽曲の事を、「珍しいグルーヴ(を持つ音楽・楽曲)」として、レア・グルーヴと呼ぶ。主にヒップ・ホップクラブ・ミュージックの分野で多用される用語である。元々は1985年に、Kiss FMDJである、ノーマン・ジェイ(Norman Jay)の番組The Original Rare Groove Showを通して紹介された事で知られる。

「過去の音楽」といっても広範かつ様々であるが、代表例として挙げられるのは1970年代アメリカを中心に、ヨーロッパ、ラテン・アメリカ、アフリカで発表された、現在では比較的珍しく、入手困難なファンクR&Bジャズ・ファンクソウルソウル・ジャズアフロビート、ラテン音楽、ジャズ、クロスオーバーなどである。無論、過去の音楽は、現在有名になった音盤以外にも、レア・グルーヴとして見出される可能性を秘めた音盤が存在する。通常ダンスミュージックとして見られていない音楽であっても、レア・グルーヴとして発掘され、ダンスミュージックとして再評価される事がある。

レア・グルーヴが生まれた背景[編集]

1960年代から1970年代を通じて、アメリカではソウル、R&B、ファンク、ディスコなどの新しいブラックミュージックが生まれた。ジェイムズ・ブラウン[2]やパーラメント、スライなどのアーティストの成功に影響され、黒人系のローカル・アーティストやインディーズレーベルが大量に生まれ、活動していた。また、ジャズやクロスオーバーの分野でも同様で、インディー・メジャーを問わず様々なレーベルやアーティストが活動していた。一部は全国区の人気とセールスを獲得したが、その音盤の多くは全国区で流通されることはなく、忘れられた存在となった。

1980年代後半になると、イギリスのクラブDJやアメリカのヒップホップのアーティストが、前述の音楽のレコードを探求するようになった。クラブDJは同時代のレコードのプレイだけでは飽き足らなくなり、新たな「ネタ」を求め過去の音楽を探求し始めた。一方、ヒップホップ系のアーティストは、サンプリングの対象として過去の音楽の再利用を日常的に行っていたが、やがて、サンプリングする音源にオリジナリティを求めるアーティストたちが、過去の音楽の録音物を積極的に発掘(ディギング)するようになった。両者の態度に共通していたのは、アーティストや曲の有名無名を問わず、それぞれの価値観で楽曲に接し、評価する柔軟性であった。彼らの間で有名だったレコードとして、ブートレッグだが「アルティメイト・ブレイクス&ビーツ」のシリーズがあげられる。

その結果、過去の音源を“発掘”し、グルーヴ(ノリ)という観点から“再評価する”というムーブメントが起きた。この結果発掘された過去の楽曲のことを、レア・グルーヴ、つまり、見つけ難い音楽と呼ぶようになった。なお、このムーヴメント自体のこともレア・グルーヴと呼ぶ。

以降、よく知られたアーティストの曲でも、アルバム中の佳作とされている曲や全く評価されていない曲(むしろ不評を買っている曲)、シングルB面の曲など、それまであまり注目されていなかった、“再評価”された楽曲のこともこう呼ぶようになる。過去の音楽の再評価という性質上、現在の楽曲に対してレア・グルーヴという概念は適用されないが、現在の楽曲も過去のものになればレア・グルーヴとして見出される対象になるというのが一般的解釈である。ただし、前述のレア・グルーブ・ムーブメントの張本人であるノーマン・ジェイは、日本のREMIX誌でのインタビューにおいて「たとえジャングルであっても、まだ世に出回っていないプロモ盤であれば、それはレア・グルーブさ」と答えている。

レア・グルーヴの用途[編集]

レア・グルーヴの曲のリズムパート等はサンプリングされ、ヒップホップテクノハウスブレイクビーツジャングルといった他の音楽のジャンルの曲で好んで使用されている。また、前述のように、同時代のアーティストが作る曲に飽き足らなくなったDJがクラブでプレイするのにも重宝されている。


日本でのレア・グルーヴ[編集]

日本でも、この“発掘する”という行為に影響を受け、日本の過去の音楽の一部に対して時には「和製レア・グルーヴ」と呼ばれる場合もある。1960年代や1970年代の日本の歌謡曲、ロック、和製ソウル、ジャズ、クロスオーバー、サウンド・トラック沖縄音楽の再評価もこの一環であると言える。そういった和製レア・グルーヴの曲またはアルバムを「和モノ(和物)」と呼ぶ事もある。

代表的アーティスト[編集]

70年代のレア・グルーブアーティスト[編集]

80年代のレア・グルーヴ・アーティスト[編集]

関連項目[編集]

出典/脚注[編集]

外部リンク[編集]