アフロビート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アフロビート
Afrobeat
様式的起源
文化的起源 1920年代 ガーナ − 1970年代 ナイジェリア
使用楽器
派生ジャンル
地域的なスタイル
テンプレートを表示

アフロビートAfrobeat)とは、音楽のジャンルの一種である。ファンクジャズの流れを汲むヨルバ/ナイジェリア起源のアフリカ音楽であり、アフリカのパーカッションを用いたブラスバンド編成となっているのが特徴である[1]。アフロ・ファンクと呼ばれることもある[2]

歴史[編集]

1960年代後半にフェラ・クティ[3]が自らの音楽をアフロビートと名付けたことから広まった。

この音楽が成立した背景には、フェラ・クティによるアフリカ黒人解放運動という政治的な背景があった。また楽曲においても政治的な歌詞と解放へのエネルギーを表した力強いサウンドが特色となっている。フェラ・クティの死後も、フェミ・クティシェウン・クティトニー・アレン[注 1]らがアフロビートを継承し、作品発表を続けている。

アフロ・ビートの主なアーティスト[編集]

(出典:discogs,All Music)

アフロビーツ[編集]

まったく異なる音楽ジャンルにアフロビーツ英語版(Afrobeats)がある。アフロビーツは2000年代から2010年代の音楽ジャンルで、ダンスホール・ラガマフィン、ヒップホップ、EDM、ハウスと、ジュジュなどのアフリカ音楽ジャンルが融合された、西アフリカ発祥のポップ、ダンス・ミュージックである[5]。この2つは異なる音楽ジャンルである[6]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ フェラ・クティのバンドのドラマーだった。
  2. ^ 「ソウル・マコッサ」がアメリカでヒットした。
  3. ^ 「サンシャイン・デイ」は76年の曲。

出典[編集]

  1. ^ Scher, Robin (2015年8月6日). “Afrobeat(s): The Difference a Letter Makes” (英語). HuffPost. 2020年12月11日閲覧。
  2. ^ http://1blues2rock.sannasubi.com/book/dictionary/a/afro_beat.html
  3. ^ http://www.allmusic.com/artist/fela-kuti-mn0000138833
  4. ^ https://www.discogs.com/ja/Afro-Funk-Body-Music/release/795357
  5. ^ Best Afrobeats collaborations: 8 linking UK with Africa”. web.archive.org (2019年10月13日). 2020年12月11日閲覧。
  6. ^ Afrobeat(s): The Difference a Letter Makes | HuffPost”. web.archive.org (2019年10月25日). 2020年12月11日閲覧。

関連項目[編集]