ラテンジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラテン・ジャズ(Latin Jazz)は、ラテンリズムで演奏するジャズ

一般的な4ビート・ジャズの3連スウィングするリズムではなく、あくまでも8分音符や16分音符を中心としたスクエアなビートで演奏する。強力なシンコペーションで展開されるのが特徴。楽器編成も一般のジャズとは異なり、コンガやボンゴ、ティンバレスなどのラテンパーカッションが入る事が一般的。パーカッションが入る為、ドラムが無い事も少なくない。


ラテン・ジャズの種類[編集]

広義の上では、主に中米の音楽を中心に発展したアフロ・キューバン・ジャズとブラジルの音楽を中心に発展したブラジリアン・ジャズに分けられる。狭義ではアフロ・キューバン系のものを指すことが多い。

アフロ・キューバン・ジャズ[編集]

ラテンジャズとほぼ同義に当たるが、キューバを中心に発展した中米のリズムを基調とするものを主に指し、また、1940年代1950年代頃の、よりキューバ色の強いジャズというニュアンスがある。ルンバソンマンボサルサメレンゲカリプソチャチャチャボレロの要素を含むものを指す。

1940年代にニューヨークキューバからの移民を通じて、西アフリカ・リズムの末裔たちが侵入し、アフロ・キューバン(afro-cuban)と呼ばれるラテン音楽の形態が出てきた。このアフロ・キューバンによりサルサマンボ等が派生し、またお互いに影響しあって発展した。

1941年に、キューバ人でコンガ奏者のマチートがマンボのバンドを始めた時、義理の兄弟であり、ビ・バップトランペット奏者で編曲家のマリオ・バウサがマンボをジャズに取り入れた。これがアフロ・キューバン・ジャズの始まりとされる。ビバップ奏者でトランペッターのディジー・ガレスピーラテン音楽に着目し、コンガ奏者のチャノ・ポソを迎え、ラテン・ジャズを発展させた。この中で、「マンテカ」「ティン・ティン・デオ」が誕生した。

ブラジリアン・ジャズ[編集]

アフロ・キューバンの流れを汲むが、ブラジル音楽が直接の源流に当たり、また音楽の形態が変わってくるため分けて見られることが多い。ブラジリアン・リズム=サンバボサノヴァの要素を含む。またボサノヴァはジャズの要素を含むものであり、ブラジリアン・ジャズと同視される事もあり、それほどに密接な関わり合いを持つ。

1962年に、アメリカのジャズ・サックス奏者スタン・ゲッツジョアン・ジルベルトと共演したボサ・ジャズ・アルバム『ゲッツ/ジルベルト』がアメリカで大ヒットし、特にこの中でジョアンの当時の妻アストラッド・ジルベルトが英語詞で歌った「イパネマの娘」は爆発的な売り上げを記録し、アメリカの大衆にボサノヴァを浸透させた。このアルバムに参加していたピアニストのアントニオ・カルロス・ジョビンも、ジャズの大衆化を発展させたクリード・テイラーをプロデューサーに迎え、"Wave"等と言った名盤を残した。彼らの音楽は「ボサ・ジャズ」であって、ラテン・ジャズの主流とは言えない。

サンバ、ボサノヴァなどのブラジリアン・リズムを取り入れたミュージシャンの代表格としては、セルジオ・メンデス&ブラジル66が上げられる。彼らのヒット曲「マシュケナダ」は、ボサノヴァではなく「ボサ・ロック」であったが、世界の多くの国で大ヒットを記録した。

代表的なアーティスト[編集]


代表的な曲[編集]

関連項目[編集]