GRPレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GRPレコード
親会社 ヴァーヴ・ミュージック・グループ
設立 1978年
設立者 デイヴ・グルーシン、ラリー・ローゼン
販売元 ユニバーサル ミュージック グループアメリカ合衆国の旗
ジャンル フュージョン/アダルト・コンテンポラリー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 ニューヨーク州
公式サイト 公式ウェブサイト

GRPレコードGRP Records)はアメリカフュージョン/アダルト・コンテンポラリーを中心にしたレコード会社。スムーズ・ジャズの最大級のレコード会社でもある。

概要[編集]

1972年音楽プロデューサーピアニストデイヴ・グルーシン(Dave Grusin)と音楽プロデューサーのラリー・ローゼンLarry Rosen)によって音楽プロダクション「グルーシン・ローゼン・プロダクションズ(GRP:Grusin/Rosen Productions)」として発足した。

プロダクション初期はジョン・ルシアンアール・クルーリー・リトナー渡辺貞夫ジョン・クレマーパティ・オースティンなどのアルバムのプロデュースを行い、アリスタユナイテッド・アーティスツCBSABCエレクトラなどに原盤を供給していた。主にヴォーカルよりもインスト系で強く、アール・クルーの「リヴィング・インサイド・ユア・ラヴ」、渡辺貞夫の「カリフォルニア・シャワー」や「モーニング・アイランド」、リー・リトナーの「ザ・キャプテンズ・ジャーニー」などはグルーシン&ローゼンの代表プロデュース作である。

1978年6月、アリスタとディストリビューション契約の元、新レーベル・GRPレコードを設立。グルーシン自身のリーダー作のほか、デイヴ・ヴァレンティンスパイロ・ジャイラアンジェラ・ボフィルノエル・ポインタートム・ブラウンバーナード・ライト横倉裕などのアルバムを手掛け、世に送った。

1986年モータウンゲフィンなどと共にMCAに買収され、以降AOR/アダルト・コンテンポラリー界のトップ・レーベルとしての地位を不動のものにした。1992年にはレーベルの母体組織グルーシン・ローゼン・プロダクションズの発足20周年を記念したGRPオールスタービッグバンドが結成され、ビッグバンド・ジャズによるスタンダード演奏も大々的に行っており、数少ないがアルトゥーロ・サンドヴァルケニー・カークランドらによる4ビートジャズ・アルバムの録音もリリースされている。

現在は親会社の異動もあって、ユニバーサル ミュージック グループ (UMG) のヴァーヴ・ミュージック・グループの傘下にある。

沿革[編集]

  • 1972年 デイヴ・グルーシンとラリー・ローゼンが原盤供給プロダクション「グルーシン・ローゼン・プロダクション」を共同設立。
  • 1974年 アリスタ・レコードと契約、内部レーベルとしてアリスタGRPをスタート、レーベル活動を始める。
  • 1978年 グルーシン・ローゼン・プロダクションズは配給者を通してアリスタ・レコードを離れ独立、GRPレコード設立(ただし、ディストリビューションは古巣のアリスタが行った)。
  • 1983年 MCAレコード(現ユニバーサル ミュージック)とディストリビュート契約。
  • 1986年 モータウン、ゲフィンなどと共に4000万ドルでMCAに買収。正式にMCAの傘下となる。
  • 1991年 松下電器産業(現 パナソニック)がMCAを買収。ただしGRPはニューヨーク本部ということから独立している。
  • 1992年 所属ミュージシャンによるスペシャルバンド「GRPオールスタービッグバンド」結成(詳細は後述)。
  • 1994年 プロデューサーのトミー・リピューマがMCAの役員に入ったので、自動的にGRPの社長に就任。グルーシンはミュージカル・ディレクター、ローゼンはチーフ・マネージャーに。
  • 1999年 親会社シーグラム(1995年に松下電器産業よりMCAを買収、翌1996年にMCAレコードをユニバーサル ミュージックに変更)がポリグラムを買収し、ユニバーサル ミュージックに統合。GRPはリピューマが統制を執っているインパルス!レコードと共にポリグラムが持つヴァーヴ・レコードと統合、翌年「ヴァーヴ・ミュージック・グループ」を発足し、その傘下に入る。

主なアーティスト[編集]

※括弧内は契約期間

GRPオールスタービッグバンド[編集]

1992年、GRPレコードの母体組織グルーシン・ローゼン・プロダクションズの発足20周年記念として、当時の所属ミュージシャン及びその関連ミュージシャンによるビッグバンドGRPオールスタービッグバンド (GRP All-Star Big Band) 」が結成され、スタンダード・ナンバーを収録した記念アルバム「GRP ALL-STAR BIG BAND」(別名 "plays jazz standards" )が製作、発売された。当初はビッグバンドとしては記念アルバムだけの予定であったが、アルバムが好評を博したことから翌1993年、東京の昭和女子大学人見記念講堂でのライブを皮切りに世界ツアーを行い、同年1月31日に東京・五反田ゆうぽうとで収録されたライブを納めたアルバムも発売された。1994年には、ブルースを集めたアルバム「All Blues」を発表、グラミー賞の最優秀ジャズアンサンブル賞を受賞した。

参加ミュージシャン
ツアーのみ参加
ゲストミュージシャン (All Blues)

外部リンク[編集]