ミンディ・エイベア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミンディ・エイベア
Mindi Abair - Jazz Alley - Seattle - 2011.jpg
2011年、シアトルでの公演にて
基本情報
出生名 Mindi Abair
生誕 1969年5月23日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州セントピーターズバーグ
学歴 バークリー音楽大学
ジャンル スムーズジャズ
職業 サクソフォニスト
歌手
キーボーディスト
ラジオパーソナリティ
担当楽器 サクソフォーン
キーボード
ヴォーカル
活動期間 2003年 -
レーベル GRPレコード
ピーク・レコード
ヘッズ・アップ
公式サイト www.mindiabair.com
著名使用楽器
ヤマハ カスタム82Z[1]
セルマー・マーク6アルトサックスを演奏するミンディ・エイベア

ミンディ・エイベア(Mindi Abair, 1969年5月23日 - )は、アメリカスムーズジャズサクソフォーン奏者。日本ではミンディの名義でCDが発売されている。

特徴[編集]

実力派の女性ジャズサックス奏者として、キャンディ・ダルファーとしばしば比較される[2][3]。小さい頃はAmerican Top 40などのポップの影響を受けて育っていることから、ジャズとポップの融合したクロスオーバー的な音楽が持ち味[4]

エイベアはアルトサックス・ソプラノサックスに加え、フルートキーボードも演奏するほか、自らヴォーカルをとることもある。高校時代にはドラムスも習っていた[2]

経歴[編集]

祖母がオペラ歌手、父親がプロのサックス奏者という家庭に生まれ、5歳からキーボードを、次いで8歳でサックスを始めた[2]。高校時代にはマーチングバンドでサックスを演奏していた。バークリー音楽大学に進み、ジャズ・ロックR&Bなどあらゆるジャンルの音楽を学んだ[5]

バークリー卒業後はロサンゼルスへ移り、しばらく自らのバンドで活動していたが、ジョナサン・バトラーと出会って彼のバンドに参加し、その後アダム・サンドラーバックストリート・ボーイズマンディ・ムーアなどのバックを務めるようになった。ツアーなどで彼らをサポートする一方で自らの音楽スタイルを生み出していった。

2000年にアルバム『Always and Never the Same』を自主制作してすぐGRPレコードと契約し、2003年にアルバム『イット・ジャスト・ハプンズ・ザット・ウェイ』でデビューした。このアルバムタイトルは、キャノンボール・アダレイのライブアルバム『In New York』の中の一節から取られている。

2004年の『カム・アズ・ユー・アー』、ケブ・モらをゲストに迎えた2006年の『ライフレス・オーディナリー』の後、ピーター・ホワイトのクリスマスアルバムへの参加を経て、2008年にアルバム『スターズ』を発表している。

2008年、クリス・ボッティがホスト役を務めていたチルアウト中心のラジオ番組「Chill with Chris Botti」のパーソナリティを引き継ぎ、番組名も「Chill with Mindi Abair」として2015年まで担当した。

2009年にはナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス (NARAS) のロサンゼルス支部評議員長に選出され、2012年まで務めた。2013年には同支部長となった。

ディスコグラフィー[編集]

ゲスト出演[編集]

  • ボビー・ライル - "The Power Of Touch" (1997年)
  • アダム・サンドラー - "Whats Your Name?" (1997年)
  • ヘンリー・フィリップス - "Number 2" (1999年)
  • ジェフ・ゴルブ - "Soul Sessions" (2003年)
  • マイケル・ファインスタイン - "Only One Life: The Songs Of Jimmy Webb" (2003年)
  • ケブ・モ - "Peace... Back By Popular Demand" (2004年)
  • ピーチ - "Real Thing" (2004年)
  • エリス・ホール - "Straight Ahead" (2004年)
  • アラン・ヒューイット - "Noche De Pasion" (2004年)
  • ピーター・ホワイト - "Confidential" (2004年)
  • ダニエル・ベンザリ - "Benzali" (2005年)
  • ローレン・ゴールド - "Keys" (2005年)
  • ヴァル・ワトソン - "Live At The Funk Lounge" (2005年)
  • ランディ・ジェイコブズ - "From Me To You" (2005年)
  • ラス・カンクル - "Rivage" (2008年)
  • アイズ・オブ・マーチ - "Still 19" (2010年)
  • グレッグ・マニング - "The Calling" (2010年)
  • ジム・ピータリック・ライフフォース - "Forces At Play" (2011年)
  • ブライト・フューチャーズ - "Dark Past" (2011年)
  • モセアン・ワーカー - "Candygram for Mowo" (2011年)
  • ケブ・モ - "The Reflection" (2011年)
  • グルーヴ・キッド・ネーション - "The Wheels On The Bus" (2011年)
  • テリー・ウォルマン - "A Joyful Noise" (2012年)
  • クリス・マン - "Home For Christmas: The Chris Mann Christmas Special" (2013年)
  • クリス・マン - "Chris Mann In Concert: A Mann For All Seasons" (2013年)
  • ランディ・ジェイコブズ - "Rhythm And The Beat" (2013年)
  • ジェフ・ゴルブ with ブライアン・オーガー - "Train Keeps A Rolling" (2014年)
  • デイヴィッド・パック - "Napa Crossroads" (2014年)
  • ボビー・ラッシュ&ブラインドドッグ・スモーキン Blinddog Smokin - "Decisions" (2014年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Vol.3 Mindy Abair - Z FACE&VOICE - ヤマハ株式会社” (日本語). ヤマハ株式会社. 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c 松下佳男. “Mindi Abair .: ミンディ :.” (日本語). ユニバーサルミュージック. 2009年6月7日閲覧。
  3. ^ ミンディとキャンディ、あなたはどっち? - CDJournal.com ニュース” (日本語). CDJournal.com (2003年6月16日). 2009年6月7日閲覧。
  4. ^ Abair, Mindi (05 2008). Jazz Monthly.com Interview with Mindi Abair. インタビュアー:Baldwin "Smitty" Smith. Jazz Monthly.com.. http://www.jazzmonthly.com/artist_ag/abair_mindi_08/interviews/abair_mindi_index.html 2009年6月7日閲覧。 
  5. ^ Hill, Gary. “allmusic (((Mindi Abair > Biography )))” (英語). allmusic. 2012年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]