クリス・ボッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリス・ボッティ
Chris Botti at Thorton Winery 2006 retouched.jpg
Thorton Wineryでのライブにて(2006年
基本情報
出生名 Christopher Stephen Botti
生誕 (1962-10-12) 1962年10月12日(55歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オレゴン州 ポートランド
ジャンル ジャズ
フュージョン
担当楽器 トランペット
公式サイト Official Website
クリス・ボッティ

クリス・ボッティChris Botti, 1962年10月12日 - )は、アメリカオレゴン州ポートランド生まれ、コーヴァリス育ちのフュージョン界のトランペット奏者。

バイオグラフィ[編集]

幼少の頃より、クラシック・ピアノの講師であった母親の影響で、ピアノを弾き、10歳でトランペットを始めた。マイルス・デイヴィスに影響され、トランペッターとしての道を進む決意をし、高校時代よりプロとして活動するようになる。ピーター・ガブリエル等、ロック・ミュージックの影響もある。インディアナ大学に進学、テナー・サックス奏者のジョージ・コールマントロンボーン奏者のデイヴ・ベイカーベース奏者デヴィッド・フリーゼン等に師事。卒業後の1986年に拠点をニューヨークに置き、ウディ・ショウからトランペット奏法を習った。ポップス/ロック系のプロデューサーであるアリフ・マーディンヒュー・パジャムに呼ばれ、セッション・ミュージシャンとしても活躍するようになった。ボブ・ディランアレサ・フランクリンチャカ・カーンや、ジャズ・ミュージシャンではクリス・ハンターデイヴィッド・マンローランド・ヴァスケス等と共演をしている。1990年になると、ポール・サイモンのレギュラー・メンバーとしてツアーにも参加した。マイケル・ブレッカーとも親交が深く、ブレッカー・ブラザーズのアルバム『アウト・オブ・ザ・ループ』にて、編曲とプロデュースで関わっている。

1995年にファーストアルバム『ファースト・ウィッシュ』をヴァーヴ・レコードから発表。1996年のアメリカ映画『Caught』では音楽を作曲提供している。1997年に『Midnight Without You』を、1999年に『スローイング・ダウン・ザ・ワールド』を発表。同年にはスティングと出会い、メイン・ソリストとして『ブラン・ニュー・デイ』ツアーに参加した。また、この頃にビル・ブラッフォードトニー・レヴィンらと共にブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズとしても活動している。

2001年にコロムビア/ソニーに移籍し、『ナイト・セッションズ』を発表。2002年にはクリスマス企画アルバム『ディセンバー』を発表した。このアルバムではヴォーカリストとして歌った楽曲も収録している。2003年に『サウザンド・キッシズ・ディープ』を発表、2004年発表の『ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ』では、スティングとポーラ・コールをゲストに迎えている。2005年発表の『トゥ・ラヴ・アゲイン』ではスティングをはじめ、ジル・スコットグラディス・ナイト等多くのゲストを迎えている。

端正なマスクでも人気を上げ、すでにテレビ・ドラマで俳優としてもデビューしている。 2008年のクリスマスCDでは、チェリストのヨーヨー・マとコラボ演奏を披露している。

ディスコグラフィ[編集]

  • First Wish(1995)
  • Midnight Without You(1997)
  • Slowing Down the World(1999)
  • Night Sessions(2001)
  • December(2002)
  • A Thousand Kisses Deep(2003)
  • When I Fall in Love(2004)
  • To Love Again:The Duets(2005)
  • Live:With Orchestra and Special Guests(2006)
  • Italia(2007)
  • Chris Botti in Boston(2009)
  • Impressions(2012)

テレビ出演[編集]

  • 『体感・デジタルサラウンドのすべて! 第3部ザ・ライブ~サラウンドで楽しむ世界の超一流~』(NHK BShi)2010年5月1日17:40〜21:30
  • 地球テレビ エル・ムンド (NHK BS1):2012年6月11日23:00~23:50放送

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『JAZZトランペット』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2001年、56頁。ISBN 491555709X