ブライアン・オーガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブライアン・オーガー
Brian Auger
Brian Auger 1970.jpg
ザ・トリニティ時代(1970年)
基本情報
出生名 Brian Albert Gordon Auger
生誕 (1939-07-18) 1939年7月18日(80歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドンハマースミス
ジャンル ジャズ・ロックアシッドジャズR&Bアート・ロックファンク・ロックブルース・ロックハード・ロックプログレッシブ・ロックフュージョンクロスオーバー実験音楽
職業 ミュージシャン鍵盤奏者オルガニスト作曲家
担当楽器 ハモンドオルガン
ピアノ
鍵盤楽器
活動期間 1963年 - 現在
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
Headfirst Records
ポリドール・レコード
Ghostown Records
共同作業者 ジュリー・ドリスコール、スティームパケット、CAB、ルディー・ロッタ、ジェフ・ゴルブ、ほか
公式サイト brianauger.com

ブライアン・オーガー(Brian Auger、1939年7月18日 - )は、イングランド出身のミュージシャン鍵盤奏者オルガニスト

1960年代は「ザ・トリニティ」、1970年代以降は「オブリヴィオン・エクスプレス」といったロックバンドを主宰。ジャズ・ロックをベースに、様々なスタイルのクロスオーバーを展開した草分け的存在として知られる。

概要・略歴[編集]

近年のブライアン(右)(2006年)

独学でキーボードをマスターし、1963年にジャズ・ピアニストとしてプロ活動を始める。同時期に「ザ・トリニティ」を結成。その後ジミー・スミスの影響を受け、ハモンド・オルガンを弾くようになる。

1965年ロッド・スチュワート、女性ヴォーカルのジュリー・ドリスコール(現ジュリー・ティペッツ)等と「スティームパケット」を結成。R&Bを主体としたソウルフルな革新的なジャズ・ロックサウンドを追求し、イギリス国内で注目された。

その後ジュリーと共に「ザ・トリニティ」を再興し、1968年にはモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演を果たす。ここでも時代を先取りしたクロスオーバーサウンドを展開していく。バンドにはゲイリー・ボイル等も在籍していた。

1970年には「オブリヴィオン・エクスプレス」を結成。プログレッシブ・ロックフュージョンに接近したサウンドを展開する。オーガーは一貫してジャズ、ブルース、ロックのサウンドを土台にアヴァンギャルド的な色彩を取り入れ、大衆的なジャズ・ロックを開拓した。

以降も活動休止も挟みながら、オブリヴィオン・エクスプレス名義やソロ、他のプロジェクトにも参加し活動を続けている[1]



ブライアン・オーガー・バンド[編集]

ブライアン・オーガー & ザ・トリニティ(Brian Auger & the Trinity)[編集]

ブライアン・オーガー & ザ・トリニティ
Brian Auger & the Trinity
Julie Driscoll, Auger & the Trinity (1968).jpg
ジュリー・ドリスコール在籍時代(1968年)
基本情報
別名 Julie Driscoll, Brian Auger & the Trinity
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ジャズ・ロック
アシッドジャズ
ブルース・ロック
アート・ロック
モッズ
クロスオーバー
活動期間 1963年 - 1970年
2010年代
レーベル Marmalade Records
RCAレコード
Ghostown Records
メンバー ブライアン・オーガー
ジュリー・ドリスコール
クライブ・タッカー
ゲイリー・ボイル
デイヴ・アンブローズ
ほか

1963年スリーピースバンドとして発足。1966年には大きくメンバーが入れ替わり、オーガーの名を冠したバンドに変化している。1970年で解散していたが、2010年代にブライアンの娘サヴァンナ・グレース・オーガーを擁し、同名義で43年ぶりに作品を残した[2]

歴代メンバー[編集]

  • ブライアン・オーガー (Brian Auger) - ハモンドオルガン/ピアノ/鍵盤楽器(1963 - 1970, 2010年代)
  • リック・レアード (Rick Laird) - ベース(1963 - 1965)
  • フィル・キノッラ (Phil Kinorra) - ドラムス(1963)
  • ミッキー・ウォーラー (Micky Waller) - ドラムス(1965)
  • ジュリー・ドリスコール (Julie Driscoll) - ボーカル(1966 - 1969)現ジュリー・ティペッツ
  • ヴィック・ブリッグス (Vic Briggs) - ギター(1966 - 1967)
  • ロジャー・サットン (Roger Sutton) - ベース(1966 - 1967)
  • クライブ・タッカー (Clive Thacker) - ドラムス(1966 - 1970)
  • ゲイリー・ボイル (Gary Boyle) - ギター(1967, 1969 - 1970)
  • デイヴ・アンブローズ (Dave Ambrose) - ベース(1967 - 1970)
  • サヴァンナ・グレース・オーガー (Savannah Grace Auger) - ボーカル (2010年代)
  • カーマ・オーガー (Karma D. Auger) - ドラムス (2010年代)


ブライアン・オーガーズ・オブリヴィオン・エクスプレス(Brian Auger's Oblivion Express)[編集]

ブライアン・オーガーズ
オブリヴィオン・エクスプレス
Brian Auger's Oblivion Express
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ジャズ・ロック
アシッドジャズ
プログレッシブ・ロック
フュージョン
ファンク・ロック
クロスオーバー
活動期間 1970年 - 1979年
1995年 - 現在
レーベル RCAレコード
ポリドール・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
One Way Records
Ghostown Records
メンバー ブライアン・オーガー
サヴァンナ・グレイス・オーガー
デレク・フランク
カーマ・オーガー
旧メンバー アレックス・リガートウッド
バリー・ディーン
アリ・オーガー
ほか

ザ・トリニティの後を受け継ぎ結成。これまでのスタイルに加え、よりプログレッシブ・ロックに寄ったサウンドに接近。さらにはフュージョンに連なるクロスオーバーを展開した。一度活動停止したが、1995年にブライアンの息子カーマや娘アリを含むラインナップで復活し、後にもう一人の娘サヴァンナも参加した。

メンバー[編集]

※2018年時点

現ラインナップ[編集]
  • ブライアン・オーガー (Brian Auger) - ハモンドオルガン/ピアノ/鍵盤楽器 (1970 - )
  • サヴァンナ・グレース・オーガー (Savannah Grace Auger) - ボーカル (1999 - )
  • デレク・フランク (Derek Frank) - ベース (2001 - )
  • カーマ・オーガー (Karma D. Auger) - ドラムス (1995 - )
旧メンバー[編集]
  • アレックス・リガートウッド (Alex Ligertwood) - ボーカル (1970-1972, 1974-1977)
  • ジム・マレン (Jim Mullen) - ギター (1970-1972)
  • バリー・ディーン (Barry Dean) - ベース (1970-1975)
  • ロビー・マッキントッシュ (Robby McIntosh) - ドラムス (1970-1972)
  • ゴッドフリー・マクリーン (Godfrey Maclean) - ドラムス (1972-1973)
  • レノックス・ラングトン (Lenox Langton) - コンガ (1972-1974, 1975-1977)
  • ジャック・ミルズ (Jack Mills) - ドラムス (1972-1977)
  • スティーヴ・フェローン (Steve Ferrone) - ドラムス (1973-1974)
  • アンドレ・チェッカレリ (Andre (Dede) Ceccarelli) - ドラムス (1974)
  • クライヴ・チェイマン (Clive Chaman) - ベース (1975-1977)
  • デイヴ・ダウル (Dave Dowle) - ドラムス (1975-1976)
  • レニー・ホワイト (Lenny White) - ドラムス (1977)
  • ホー・ヤング・キム (Ho Young Kim) - ギター (1978-1979)
  • ポール・ジャクソン (Paul Jackson) - ベース (1978-1979)
  • マイク・クラーク (Mike Clark) - ドラムス (1978-1979)
  • アリ・オーガー (Ali Auger) - ボーカル (1995-1999)
  • ニック・サンプル (Nick Sample) - ベース (1995-1996)
  • クリス・クレアモント (Chris Clermont) - ギター (1995-2001)
  • マーク・メドーズ (Mark Meadows) - ベース (1997-2002)
  • ダン・ルッツ (Dan Lutz) - ベース (1998-2001)
  • クリス・ウィンストン (Chris Winston) - ベース (1999)
  • アンドレアス・ゲック (Andreas Geck) - ベース (2003)
  • クリス・ゴールデン (Chris Golden) - ベース (2003-2005)


ディスコグラフィ[編集]

ソロ/プロジェクト[編集]

ソロアルバム

  • Search Party(1981)
  • Here And Now(1984)
  • Language Of The Heart (2012)

ジミー・ペイジ & サニー・ボーイ・ウィリアムソン & ブライアン・オーガー】

  • Don't Send Me No Flowers(1968)

【ブライアン・オーガー & ジュリー・ティペッツ】

  • Encore(1978)

【ジェフ・ゴルブ With ブライアン・オーガー】

  • Train Keeps A Rolling(2013)

ザ・トリニティ[編集]

スタジオアルバム

  • Open(1967)
  • Definitely What(1968)
  • Streetnoise(1969)
  • Befour(1970)
  • Mod Party(2013)リ・ライブレコーディング作品

オブリヴィオン・エクスプレス[編集]

スタジオアルバム

  • Brian Auger's Oblivion Express(1971)
  • A Better Land(1971)
  • Second Wind(1972)
  • Closer to It!(1973)
  • Straight Ahead(1974)
  • Reinforcements(1975)
  • Happiness Heartaches(1977)
  • Keys to the Heart(1996)
  • Voices of Other Times(1999)
  • Looking In the Eye of the World(2005)

参加作品[編集]

【パスポート】

  • Doldinger Jubilee Concert(1974)

【CAB】

  • CAB 2 (2000)
  • CAB 4(2003)

ビリー・コブハム

  • Drum N Voice Vol. 3(2010)
  • Drum N Voice Vol. 4(2016)

【ルディー・ロッタ】

  • Me, My Music And My Life(2011)

デニス・チェンバース

  • Groove And More(2013)

脚注[編集]

外部リンク[編集]