デニス・チェンバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デニス・チェンバース
Dennis Chambers
Dennis Chambers Kongsberg Jazzfestival 2017 (190928).jpg
デニス・チェンバース(2017年)
基本情報
出生名 Dennis Milton Chambers
生誕 (1959-05-09) 1959年5月9日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
ジャンル ジャズ
ジャズ・フュージョン
ファンク
ラテン・ロック
担当楽器 ドラム、パーカッション
活動期間 1978年 -
レーベル Sugar Hill Records
共同作業者 パーラメント/ファンカデリックPファンク
公式サイト www.dennischambers.com

デニス・チェンバースDennis Chambers1959年5月9日 - )は、アメリカ合衆国ドラマーで、ジョン・スコフィールドジョージ・デュークブレッカー・ブラザーズサンタナパーラメント/ファンカデリックPファンク)、ジョン・マクラフリンナイアシンマイク・スターンキャブグレッグ・ハウなど、多数のミュージシャンたちと共に録音を行い、共演している。チェンバースは広く様々な音楽ジャンルで演奏する能力があるが、最もよく知られているのは、ジャズ・フュージョンファンクラテン音楽における演奏であろう。チェンバースは素早い手の動きと、バスドラムでの3連符の演奏で最もよく知られている。チェンバースは後進の若いドラマーたちを数多く支援しているが、その最も目立った例は、トニー・ロイスターJr.英語版である。

経歴[編集]

チェンバースは、4歳からドラムを始め、6歳のときには、ボルチモア地域のナイトクラブでギグに参加していた。1981年にはヒップホップのレーベルであるシュガー・ヒル・レコード英語版から、レーベル専属の「ハウス・ドラマー」に採用された。チェンバースは、シュガー・ヒルがリリースした数多くの作品で演奏しており、その中には「Rapper's Delight」も含まれている。1978年、18歳だったとき、チェンバースはパーラメント/ファンカデリックPファンク)のメンバーとなり、1985年までメンバーとしてとどまった[1]1986年ジョン・スコフィールド・バンドに参加した。以降のチェンバースは、ジャズ・フュージョン分野の主要な人びとの大部分と共演を果たしている[2]

チェンバースは、批評家たちからの評価の高いメイシオ・パーカーのライブ・アルバム『Roots and Grooves』(2007年)に、永年の友人であるベーシストのロドニー・"スキート"・カーティス (Rodney "Skeet" Curtis) やWDRビッグ・バンド・ケルンドイツ語版とともに参加した。また、チェンバースは、カルロス・サンタナのツアーに長く参加しており、また、自身のバンドであるナイアシンでも活動している。

2011年8月26日、チェンバースは、『レイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン』の「ドラム・ソロ・ウィークII」に、トニー・ロイスターJr.ギャヴィン・ハリソン英語版ニール・パートスチュワート・コープランドといった他の有名ドラマーたちとともに出演した。

使用器材[編集]

チェンバースは、パール楽器製造のドラムス、ペダル、ハードウェア、ラックなどとともに、ジルジャンのシンバル、ドラムスティック、その他のアクセサリーや、エヴァンス(EVANS:ダダリオ傘下)のドラムヘッドを使用している[2]

エピソード[編集]

2007年レッド・ツェッペリンロンドンO2アリーナで演奏する直前に、ジョン・ボーナムの息子ジェイソン・ボーナムは、インタビューで「もし、誰かにこの機会を譲るとしたら、どのドラマーをドラムの座につく者として推薦しますか?」と問われた。ジェイソンは、「もし僕が選ぶなら、おそらく強いスイング感が出せるジャズ・ドラマーだろうね。そうだね、デニス・チェンバース。彼なら、ほかのロック・ドラマーでは及ばないところまで「イケル」と思うよ。」と応えた。

2011年の Bonedo のインタビューで、デニス・チェンバースは、影響を受けたり、好みであるドラマーとして、クライド・スタブルフィールド英語版アル・ジャクソンJr.英語版スティーヴ・ガッドヴィニー・カリウタゲイリー・ハズバンド英語版ジャック・ディジョネットビリー・コブハムバディ・リッチエルビン・ジョーンズロイ・ヘインズトニー・ウィリアムスらの名を挙げている。

おもなディスコグラフィ[編集]

名義 タイトル レーベル
1983 Pファンク・オールスターズ Live at the Beverly Theater in Hollywood Westbound
1986 ジョン・スコフィールド Blue Matter Gramavision
1987 ジョン・スコフィールド Loud Jazz Gramavision
1987 ジョン・スコフィールド Pick Hits Live Gramavision
1989 ゲイリー・トーマス By Any Means Necessary JMT
1990 ビル・エヴァンス・グループ(ビル・エヴァンスチャック・ローブジム・ビアードダリル・ジョーンズ、デニス・チェンバース) Let The Juice Loose (Live at the Blue Note, Tokyo) Bellaphon
1990 ゲイリー・トーマス While the Gate Is Open JMT
1991 デニス・チェンバース Big City Glass House
1991 ゲイリー・トーマス The Kold Kage JMT
1992 カール・フィリピアク・グループ(カール・フィリピアク、デニス・チェンバース、ポール・ソロカ (Paul Soroka)、ジム・チャールセン (Jim Charlsen)、ヴィクター・ウィリアムス (Victor Williams)、ジョージ・グレイ (George Gray)、デイヴ・フェラール (Dave Fairall)、ロッド・ダニエルズ (Rod Daniels)) Right on Time Geometric Records
1992 ビル・エヴァンスチャック・ローブミッチ・フォアマンヴィクター・ベイリー、デニス・チェンバース) Petite Blonde(ライブ盤) Lipstick Records
1992 ブレッカー・ブラザーズ The Return Of The Brecker Brothers GRP Records
1992 デニス・チェンバース Getting Even Glass House
1993 Graffiti(デニス・チェンバース、ハーコン・グラフ英語版ゲイリー・グレインジャー英語版ウルフ・ワキニウス英語版 Good Groove ESC Records
1993 Charles Blenzig (マイク・スターンウィル・リーアレックス・フォスター英語版マノロ・ベドレナ英語版マイケル・ブレッカー Say what you mean Big World
1994 ジョン・マクラフリン & ザ・フリー・スピリット Tokio Live Japan Import
1995 スティーリー・ダン Alive in America Giant
1997 ジョン・マクラフリン、ゲイリー・トーマス The Heart of Things Verve/Universum
1999 ヴィクター・ベイリー Low Blow ESC Records
2000 ジョン・マクラフリン The Heart Of Things / Live In Paris Polygram
2000 キャブバニー・ブルネルトニー・マカパイン CAB Tone Center Records
2001 キャブ(バニー・ブルネル、トニー・マカパイン) CAB 2 Tone Center Records
2001 ブレット・ガース英語版T・J・ヘルメリッチ英語版ゲイリー・ウィリススコット・キンゼイ Uncle Moe's Space Ranch Tone Center Records
2002 キャブ(バニー・ブルネル、トニー・マカパイン) CAB 4 Tone Center Records
2002 デニス・チェンバース Outbreak Esc
2003 グレッグ・ハウヴィクター・ウッテン、デニス・チェンバース ""Extraction"" Tone Center Records
2003 ビレリ・ラグレーンドミニク・ディ・ピアザ英語版、デニス・チェンバース Front Page Sunny Side Records
2006 デニス・チェンバース Planet Earth BHM
2006 デニス・チェンバース、ジェフ・バーリンデヴィッド・フュージンスキー英語版T・ラヴィッツ英語版 Boston T Party Tone Center
2006 True Spirit (ジョン・グラント (John Grant)、ヴィクター・ウィリアムス、デニス・チェンバース、ナジー True Spirit Indy release
2007 カール・フィリピアク・グループ I Got Your Mantra Art of Life Records
2007 メイシオ・パーカーWDRビッグ・バンド・ケルン 、指揮マイケル・アビーン英語版、ロドニー・"スキート"・カーティス Roots and Grooves Heads Up
2007 ブレット・ガースドT・J・ヘルメリッチゲイリー・ウィリススコット・キンゼイ Moe's Town (Uncle Moe's Space Ranch) Tone Center Records
2008 ポール・ハンソン英語版 Frolic in the Land of Plenty Abstract Logix Records
2009 ディーン・ブラウン DBIII:live at the Cotton Club Tokyo BHM records
2009 Tony Bunn Small World ATP Records Group
2010 グレッグ・ハウ櫻井哲夫、デニス・チェンバース Vital World Abstract Logix Records

脚注[編集]

  1. ^ Dennis Chambers: Biography”. All About Jazz. 2011年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月21日閲覧。
  2. ^ a b Wynn, Ron. “Dennis Chambers: Biography”. Allmusic. 2010年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]