渡辺貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 貞夫
Sadao Watanabe jazz musician.jpg
基本情報
生誕 (1933-02-01) 1933年2月1日(83歳)
出身地 日本の旗 日本 栃木県宇都宮市
学歴 栃木県立宇都宮工業高等学校
バークリー音楽院
ジャンル ジャズボサノヴァフュージョン
職業 ミュージシャン作曲家
担当楽器 サックスフルート
活動期間 1951年 -
公式サイト 公式サイト
宮沢昭
守安祥太郎

渡辺 貞夫(わたなべ さだお、1933年2月1日 - )は、日本ミュージシャン作曲家栃木県宇都宮市出身。

ナベサダの愛称でジャズフュージョンサックスプレーヤーフルート奏者として活動し、CMにも出演している。

来歴[編集]

父親は薩摩琵琶奏者。ビング・クロスビー主演の映画「ブルースの誕生」を観て、クラリネットを始める。栃木県立宇都宮工業高等学校を卒業後、1951年に上京。銀座のクラブ等で演奏活動を始める。その後宮沢昭守安祥太郎と出会い影響を受ける。1953年穐吉敏子率いるコージー・カルテットに加入。1956年に穐吉が渡米してからは、渡辺がバンド・リーダーとなる。コージー・カルテット解散後の1958年にはジョージ川口ビッグ4に加入。1961年初リーダーアルバム『渡辺貞夫』を発表。

1962年に、アメリカボストン市バークリー音楽院に留学した。在学中にチコ・ハミルトン、ゲイリー・マクファーランド、ガボール・ザボ等と共演。ゲイリー・マクファーランドを通じてボサノヴァの魅力を知る[1]1965年に帰国後[1]、多くの内外ミュージシャンと共演し、日本ジャズ界のリーダーとして活動する一方、ボサノヴァの演奏にも熱心に取り組んだ[1]1968年にはニューポートジャズ祭に出演。

1969年に発売されたアルバム『PASTORAL』からはいわゆる“ジャズ”を超えた音作りに取り組み[2]1977年発売のアルバム『渡辺貞夫リサイタル』では芸術祭大賞を受賞した。デイヴ・グルーシン等を従えて制作したフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』(1978年)はジャズ界では空前の大ヒット作となり、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになった。「California Shower 」は同年の千葉真一主演テレビドラマ十字路』にも劇中で流されており[3]、このドラマにはCMで渡辺と共演していた草刈正雄も出演していた。

アフリカ音楽等ワールド・ミュージックエッセンスを逸早く吸収し、自身の音楽世界を創造して来た先見性は、目を見張るものがあった。そして、チャーリー・パーカーに影響された彼のアルト・サックス奏法は、現在まで変わることはない。 ジャズリズム完成の一因にアフリカアメリカ人が関係すること、渡辺貞夫のアルバムジャケットの背景でも登場するアフリカ。渡辺貞夫は挨拶でもスワヒリ語のJAMBO(ジャンボ)を使う。渡辺貞夫にとってアフリカは特別な存在である。

1984年4月、第1回宇都宮市民栄誉賞受賞。

1988年5月、ロサンゼルス名誉市民賞受賞。

1995年11月紫綬褒章受章。

1996年、米国バークリー音楽大学より名誉音楽博士号授与。

2002年6月、第1回栃木県民栄誉賞受賞。

2005年に行われた2005年日本国際博覧会“愛・地球博”では政府出展事業の総合監督を務め、「Share the World〜こころつないで〜」の作曲を担当した。その功績を認められて11月に旭日小綬章を受章した。

2011年4月国立音楽大学で設置される「ジャズ専修」の招聘教授に就任。

2014年、栃木県名誉県民[4]

近年は青少年への音楽の普及に取り組んでいる。また、JFN加盟ラジオ局の番組「渡辺貞夫 Nightly Yours」のパーソナリティーを務め、TOKYO FMの番組審議委員会の委員でもある。

2015年10月、ブラジル政府より「リオブランコ国家勲章」が授与される[5]

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作のみ掲載(ベスト盤及びシングルを除く)。

  • 1966年 - 「GOIN' HOME」 録音 1966年3月
  • 1967年 - 「MY ROMANCE」 録音 1967年4月25日 & 5月9日 ※スタンダードナンバーを集めたバラード集
  • 1969年 - 「SWING JOURNAL JAZZ WORKSHOP2(チャーリー・パーカーに捧ぐ)」 録音 1969年3月15日 ヤマハホールにて ※チャーリー・パーカー13回忌ライブ
  • 1969年 - 「SADAO WATANABE LIVE AT THE JUNK」 録音 1969年12月26日 & 27日 銀座・ジャンクにて
  • 1970年 - 「SADAO WATANABE AT MONTREUX JAZZ FESTIVAL」 録音 1970年6月18日 スイス・モントルージャズフェスティバルにて
  • 1974年 - 『SADAO WATANABE AT “PIT INN”』 録音 1974年12月24日 新宿・ピットインにて
  • 1975年 - 『SWISS AIR』 録音 1975年7月18日 スイス・モントルージャズフェスティバルにて

著書[編集]

TV出演[編集]

ラジオ出演[編集]

主なCM[編集]

出演CMの大半は自身の曲がCMソングとして起用されている。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アルバム『BOSSA NOVA '67』に収録されている音楽評論家・岩浪洋三の解説文より。
  2. ^ 『DISC GUIDE SERIES 01 FUSION』170-173頁に掲載されている音楽ライター・熊谷美広が執筆した『History of Domestic』より。
  3. ^ a b 十字路 第二部”. テレビドラマデータベース. 2013年8月26日閲覧。
  4. ^ [1]
  5. ^ ナベサダ、ブラジルから国家勲章”. 中日スポーツ (2015年10月21日). 2015年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]