マーク・アントワン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マーク・アントワン
生誕 (1963-05-28) 1963年5月28日(53歳)
出身地 フランスの旗 フランス パリ
ジャンル フュージョン
スムーズジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
レーベル NYC
GRP
ランデヴー
ピーク
公式サイト 公式サイト

マーク・アントワン(Marc Antoine, 1963年5月28日-)はフランスパリ出身のスムーズジャズ/フュージョンを中心に活動しているギタリスト。

ジプシー(ロマ)を血に持ち、フラメンコ調の曲を得意とする。

バイオグラフィ[編集]

パリ生まれで、ジプシー(ロマ)を血に持つ。11歳の時親からギターをもらい演奏し始める。彼の急速な進歩を見て父親は13歳から彼を音楽学校に通わせ、クラシック・ギターのレッスンを受けることとなる。ジャズロックアフロポップ等に興味を持ち、17歳になるまでには幾つもの賞を手に入れた。また地元のバンドで演奏してもいた。1981年の夏に左手に支障を起こしたが、1984年には苦難を乗り越え再び復帰した。

アフリカ出身のアーティストと交流を持つうちに、1988年にアントワンは仲間を通してバーシアのオーディションを受け、合格する。このメンバーの中には旧友のピーター・ホワイトもいた。これを機にイギリスロンドンに拠点を移す。この時ロンドンを中心に流行っていたアシッド・ジャズも弾いていたりした。

国際人として活動しているアントワンは、1990年代にアメリカロサンゼルスに移る。彼は元来はブルースは弾かなかったが、ブルースも弾けるようになったと言う。スティングセリーヌ・ディオンロッド・スチュワートテイク6等様々なアーティストと共演をし、映画音楽の作曲もこなしていった。そんな中、彼はプロモーションの為にスペインへ訪れる事になり、この地に根付く音楽に彼は強烈なインパクトを抱いたという。

1994年にNYC(New York City)レコードよりデビューアルバムClassical Soulをリリース、翌年にUrban Gipsyをリリースする。この年にラジオ&レコーズのベスト・ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。1998年にはNYCレコードとGRPレコードとの共同企画の元、プロデューサーにトランペッターでもあるリック・ブラウンを迎え、Madridをリリース。スペインの首都マドリードは彼にとって思い出深い土地であるためにこの名前をつけている。またこの地で婚約者を見つけており、彼女の名をつけた曲"Rebeca's Waltz"がある。このアルバムを機会にGRPと契約、同時期に前2枚のアルバムもGRPからリイシューされている。2000年にプロデューサーでキーボーディストのフィリップ・セスを迎え、Universal Languageをリリース。2001年には名プロデューサーのトミー・リピューマを迎え、Crusin' をリリース。このアルバムにはセルジオ・メンデスの"Mas Que Nada"をカバーしている。

2003年にサックスプレイヤーのデイヴ・コーズが主宰する新興レーベルランデヴー・エンタテインメントに移り、Mediterraneoをリリース、タイトル名は地中海スペイン語読みであり(因みに英語はMediterranean)、その名の通り地中海を意識した作りとなっている。に移り、2005年にModern Timesをリリースした後、ピーク・レコードに移り2007年7月にHi-Lo Splitをリリース。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Classical Soul 1994(1998) NYC(GRP)
Urban Gipsy 1995(1998) NYC(GRP)
Madrid 1998 NYC/GRP
Universal Language 2000 GRP
Crusin' 2001 GRP
The Best Of Marc Antoine 2003 GRP
Mediterraneo 2003 Rendezvous
Modern Times 2005 Rendezvous
Hi-Lo Split 2007 Peak
Foreign Xchange with Paul Brown 2009 Peak
My Classical Way 2010 Frazzy Frog Music
Guitar Destiny 2012 Frazzy Frog Music
Laguna Beach 2016 Woodward Avenue Records

外部リンク[編集]