ブレッカー・ブラザーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ザ・ブレッカー・ブラザーズ(The Brecker Brothers)は、ランディ・ブレッカーマイケル・ブレッカー兄弟によるクロスオーバー/ジャズ・フュージョン・バンド。グラミー賞受賞の経歴を持つ。当初は「ブレッカー・ブラザーズ・バンド」と表記していたが、3枚目のアルバムDon't Stop The Music以後は「ブレッカー・ブラザーズ」と表記している。

兄弟そろってセッション・ミュージシャンとしても活動していた時期もあり、フュージョンシーン以外では、エアロスミスGet Your WingsパーラメントMothership Connectionフランク・ザッパZappa In New York、日本国内では深町純のアルバムに参加、1977年にはブレッカー・ブラザーズとして初来日を果たしている(深町純「トライアングルセッション」としてリリース)。1978年にはデビッドサンボーンも参加したN.Y オールスターズで再来日。以後SMAP今田勝のアルバム等数多くのレコーディングやセッション、ライブに参加している。

来歴[編集]

1975年にアリスタ・レコードでセルフ・タイトルでデビュー。当初はデイヴィッド・サンボーンをアルトサックスに加えた3ホーン編成であったが、2枚目のアルバムを最後にデイヴィッド・サンボーンが脱退。1978年にはフランク・ザッパ・バンドで共演したテリー・ボジオを迎えて傑作ライヴ・アルバム(1曲目の"East River"のみスタジオレコーディング)、Heavy Metal Be-Bopをリリースして一躍グループ名を浸透させた。彼等の代表曲"Some Skunk Funk"はバンドが解散した後もライヴで演奏されている。

1982年に活動を停止し、それぞれがソロ活動を開始。1990年代初期に再結成し、GRPレコードより、Return of the Brecker Brothers(1992年)、Out of the Loop(1994年)を発表。その後また活動を停止する。

2005年にマイケルは骨髄異形成症候群を患っていることを明らかにし、ライヴ等活動を一時停止するが、同年にランディのアルバムにマイケルを迎える形で、Some Skunk Funkを発表、タイトル曲他がビッグ・バンドのアレンジで演奏されている。

2007年にマイケルが骨髄異型性症候群から進行した白血病によって死去、実質的にこのバンドは永年停止となる。

2013年12月、ランディ・ブレッカーがテナーサックスに彼の妻を迎えて"The Brecker Brothers Reunion"名義でアルバムをリリースした。参加したメンバーもかつてブレッカー・ブラザースのステージやレコーディングに参加した経験があるメンバーで固められている。

ディスコグラフィ[編集]

タイトル 発売年 注釈
Brecker Bros. 1975 Arista
Back to Back 1975 One Way
Don't Stop the Music 1977 One Way
Blue Montreux 1978 Bluebird
Heavy Metal Be-Bop 1978 Arista
Detente 1980 Arista
Straphangin' 1980 Arista
Return of the Brecker Brothers 1992 GRP
Out of the Loop 1994 GRP

外部リンク[編集]