クリストファー・パーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・“クリス”・パーカー(Christopher "Chris" Parker)は、アメリカイリノイ州シカゴ出身のドラマー

「エンサイクロペディア・オブ・ソウル」(1960年代 -)、後の「スタッフ」(1970年代 - 1980年代)に参加した。

ジュリアード学院などで講師を務める。

ブレッカー・ブラザーズボブ・ディランナタリー・コールアレサ・フランクリンマイルス・デイビスフレディ・ハバードジェームズ・ブラウンなど、多くのミュージシャンのレコーディングに参加、ボズ・スキャッグスジョー・コッカー矢野顕子などのツアーに参加。

経歴[編集]

3歳でドラムを叩き始め、11歳でプロのステージに立つ。19歳のとき、ポール・バターフィールドのレコーディングとツアーに参加。

1970年代になるとニューヨークのスタジオミュージックシーンで活動、いろいろなミュージシャンの数々のレコーディングに参加する。フュージョンバンド、「スタッフ」にはその前身の「エンサイクロペディア・オブ・ソウル」として活動していた1970年代より参加していたが、彼がブレッカー・ブラザーズのツアーで、ゴードンとのライヴに参加できなくなり、クリスがスティーヴ・ガッドを紹介。クリスの身が空いてからは、コーネル・デュプリーの案[1]でツイン・ドラムの編成となった。

1980年代は「サタデイ・ナイト・ライヴ」のドラマーを務める。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Liner Notes Stuff for Japanese 2007 reissue

外部リンク[編集]

参照情報[編集]