テリー・ボジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・ボジオ
Terry Bozzio Fantomas Quart Festival 2005.jpg
ファントマスとのパフォーマンス(2005年)
基本情報
出生名 Terry John Bozzio
出生 1950年12月27日(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ
ジャンル ロックジャズ
担当楽器 ドラムス
活動期間 1975年 - 現在
共同作業者 フランク・ザッパ
UK
ミッシング・パーソンズ
コーン
ファントマス
公式サイト TerryBozzio.com

テリー・ボジオTerry John Bozzio1950年12月27日 - )はアメリカ合衆国ドラマーフランク・ザッパミッシング・パーソンズ英語版のドラマーとして活動したほか、プログレッシブ・ロックニュー・ウェイヴハード・ロックなど幅広いジャンルで活躍している。

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」において5位。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。13歳の時、テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」でビートルズを見たことがきっかけでドラムに興味を抱く。ドラムのレッスンを受ける傍ら、アマチュアバンドにも所属し、大学時代にはティンパニなどを修得した。

フランク・ザッパ[編集]

ピート・エスコヴェド(シーラ・Eの叔父)率いる、ラテンロックバンド、アステカにレニー・ホワイトの後任として加入したのち、1975年にフランク・ザッパ・バンドに加入。「ブラック・ページ」を筆頭にテクニカルなドラムプレイを披露。3年間で19枚のアルバム(離脱後のコンピレーション・アルバムを含む)に参加した。ザッパ・バンドではドラミングしながらリードヴォーカルを勤める曲も多い(「パンキーズ・ウィップス」や「アイム・ソー・キュート」等)。ザッパの唯一の来日時にも帯同している(その一部はザッパの「You Can`t Do That On The Stage Any More」でも聴くことができる)。

UKとミッシング・パーソンズ[編集]

1977年には、ザッパ・バンドで共演したブレッカー・ブラザーズアルバムにも参加。その後、ザッパ・バンド時代の盟友エディ・ジョブソンが在籍するU.K.に、ビル・ブラッフォードの後任として加入し、日本公演にも帯同。その後マーク・アイシャムらとのユニットGroup87などでのセッションを行う。

1980年から1986年にかけて、当時の妻だったデイル・ボジオ、ザッパ時代の同僚ウォーレン・ククルロパトリック・オハーンらと共にミッシング・パーソンズで活動した。

現在[編集]

ジェフ・ベックスティーヴ・ヴァイhideザ・ナックビリー・シーンなど様々なアーティストと共演。また、トニー・レヴィンキング・クリムゾン)やスティーヴ・スティーヴンス(元ビリー・アイドル・バンド)と共にボジオ・レヴィン・スティーヴンスというユニットを結成し、2枚のアルバムを発表した。2007年にはコーンの正規ドラマー、デイヴィッド・シルヴェリアの一時離脱に伴いサポート・メンバーとしても活動するが、6曲のレコーディングに参加した後に離脱。

2007年[編集]

2010年[編集]

  • アラン・ホールズワース、トニー・レヴィン、パット・マステロット(HoBoLeMa)と共に西海岸ツアー、ヨーロピアンツアーを行う。
  • 12月27日、60歳の誕生日を迎えた。

2011年[編集]

  • アレックス・マカチェクとダク・ランと共にoutTrio再結成ライブをスタジオシティのベイクドポテトで行う。
  • モトリークルーのミック・マーズの将来的なソロ・アルバムに向けてスタジオに入る。
  • South Pasadena Eclectic Music Festにマーク・アイシャム、ダグ・ラン、ジェフ・バブコと参加。
  • ボストンとニューヨークでOutTrioライブ
  • サンノゼカリフォルニア州で行われたDRUM Magazine ドラムナイトフェスティバルのトリを飾る。

2012年[編集]

  • KISSのピーター・クリスと共にギターセンターの「ドラムレジェンド」賞を受賞。
  • 川崎クラブチッタにてソロパフォーマンスを行う。
  • ジャパンツアー、東京、大阪、名古屋。リズム&ドラムマガジン主催の「ドラムマガジンフェスティバル」のトリを飾る。
  • アレックス・アクーニャ/テリー・ボジオパーカッションデュオライブをベイクドポテトで行う。
  • フランクフルト・ジャズ & オポーレドラムフェスティバルにてstickmanと共演。
  • UKワールドツアーのためにジョン・ウェットン、エディ・ジョブソンとテリー・ボジオの3人でUK再結成。

2013年[編集]

  • トム・シェリーとアメリカ中西部クリニックツアーを行う。(トム・シェリーはボジオのアタックTBシグネチャードラムヘッド製造するユニバーサルパーカッションの代表)。
  • UK(ボジオ/ウェットン/ジョブソン/ マカチェク)クルーズ、マイアミ&パナマツアー。
  • スウィートウォーターギアフェストにてソロ演奏とビリー・シーンとジャムセッションを行う。
  • 第2回目のソロヨーロッパ・ツアーはソールドアウトとなる。

2014年[編集]

  • 7月15日、初めてのドラムレッスンから50周年を迎えた。
  • 東京、六本木STB139にてソロ公演を行う。
  • Scenefourと共にアート&スケッチプロジェクトをスタート。www.terrybozzioart.com
  • ブレッカー・ブラザーズヘビーメタルバンドビバップバンド再結成。ヨーロッパツアーを行う。

Brecker Brothers Reunion : feat. Original members :Terry Bozzio, Randy Brecker, Barry Finnerty & Neil Jason , w/Ada Rovati on Saxophone.

  • 北米ソロ公演ツアー (全41公演)
  • 西日本ソロ公演ツアー
  • クラブチッタ川崎にて、ブレッカー・ブラザース・ヘビーメタルバンドビバップリユニオン"THE HEAVY METAL BEBOP" Tour in JAPAN 2014 公演(3日間)を行う。

2015[編集]

  • 日本のレコード社、Ward Recordsと契約。 “Terry Bozzio Composer Series"「テリー・ボジオ作曲者シリーズ」リリース予定。
  • トム・シェリーと共にクリニックツアーを行う。
  • 8月22日: ハリウッドのカタリーナ・ジャズでソロパフォーマンス公演。
  • 10月〜12月: ソロパフォーマンスツアーを日本とヨーロッパで行う。
  • 12月27日 ボジオ65歳の誕生日を迎える。

公認ドラムテクニシャン[編集]

Michel Weekhout (from アムステルダム) と枝川"Michi"光孝(ドラマー神保彰のドラムテクニシャンでもある)のふたりがいる。

使用機材とテクニック[編集]

非常に多くのタム、バスドラム、シンバルを備えたドラムセットがトレードマークとなっている。タムやバスドラムには細かい音程を表現するためのチューニングが施され、更にグロッケンシュピール等のパーカッションや、ペダルで操作するメタルパーカッション等も備えられている[1]

フランク・ザッパバンド在籍時はグレッチ社、UK時代はスリンガーランド社、ミッシング・パーソンズ時代からジェフ・ベック時代はREMO社、そしてMAPEX社、現在はDW社と、時代や追求する音楽によって使用するドラムメーカーも変化している(ミッシング・パーソンズ時代には極短期間だがTAMAのドラムも用いた)。

ドラムセット: DW社 / ハードウェア:DW社 9000シリーズ

シンバルはセイビアンのシグネチャーモデル"Radia"。かつてはREMOのヘッドとパイステのシンバルを使用していた。

スティックはVIC FIRTHからリリースされているテリー・ボジオモデル。マッチドグリップで握る。

ドラムヘッドはATTACKのTBシグネイチャーモデルを使用。

ディスコグラフィー[編集]

ボジオのドラムセット

Solo[編集]

  • Solo Drum Music I (1992年)
  • Solo Drum Music II (1992年)
  • Drawing The Circle (1998年)
  • Chamber Works (1998年)
  • Solos & Duets (with Chad Wackerman) (2001年)
  • Nine Short Films (with Billy Sheehan) (2002年)
  • Chamber Works (2005, with Metropole Orchestra)
  • Prime Cuts (2005年)
  • Four From Ten Twenty Nine (2008年)
  • Seven Nights in Japan (2008年)
  • Melodic Drumming & the Ostinato v.1. 2. 3. DVD' (2011年)
  • Terry Bozzio Live Performance & Seminar 2 Disc DVD (rec. 2003) (2011年)
  • Terry Bozzio Live in Japan 2007 菩慈音 (2012年)
  • テリー・ボジオ/ミュージカル・ソロ・ドラミング~ソロの構築とデイリー・エクササイズ [DVD] (2012年)

FRANK ZAPPA[編集]

U.K.[編集]

  • Danger Money(1979年)
  • Night After Night(1979年)

MISSING PERSONS[編集]

  • Spring Session M(1982年)
  • Rhyme & Reason(1984年)
  • Color In Your Life(1986年)

BOZZIO LEVIN STEVENS[編集]

  • Black Light Syndrome(1997年)
  • Situation Dangerous(2000年)

TERRY BOZZIO & BILLY SHEEHAN[編集]

  • Nine Short Films(2002年)

その他参加アルバム[編集]

脚注[編集]

1, Terry Bozzio Kit Set-up/テリー・ボジオ ドラムセットアップ

外部リンク[編集]