テリー・ボジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テリー・ボジオ
ファントマスとのパフォーマンス(2005年)
ファントマスとのパフォーマンス(2005年)
基本情報
出生名 Terry John Bozzio
出生 1950年12月27日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンフランシスコ
ジャンル ロックジャズ
担当楽器 ドラムス
活動期間 1975年-現在
共同作業者 フランク・ザッパ
UK
ミッシング・パーソンズ
コーン
ファントマス
公式サイト TerryBozzio.com

{{{Influences}}}

テリー・ボジオTerry John Bozzio1950年12月27日 - )はアメリカ合衆国ドラマーフランク・ザッパミッシング・パーソンズ英語版のドラマーとして活動したほか、プログレッシブ・ロックニュー・ウェイヴハード・ロックなど幅広いジャンルで活躍している。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。13歳の時、テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」でビートルズを見たことがきっかけでドラムに興味を抱く。ドラムのレッスンを受ける傍ら、アマチュアバンドにも所属し、大学時代にはティンパニなどを修得した。

フランク・ザッパ[編集]

ピート・エスコヴェド(シーラ・Eの叔父)率いる、ラテンロックバンド、アステカにレニー・ホワイトの後任として加入したのち、1975年にフランク・ザッパ・バンドに加入。「ブラック・ページ」を筆頭にテクニカルなドラムプレイを披露。3年間で19枚のアルバム(離脱後のコンピレーション・アルバムを含む)に参加した。ザッパ・バンドではドラミングしながらリードヴォーカルを勤める曲も多い(「パンキーズ・ウィップス」や「アイム・ソー・キュート」等)。ザッパの唯一の来日時にも帯同している(その一部はザッパの「You Can`t Do That On The Stage Any More」でも聴くことができる)。

UKとミッシング・パーソンズ[編集]

1977年には、ザッパ・バンドで共演したブレッカー・ブラザーズアルバムにも参加。その後、ザッパ・バンド時代の盟友エディ・ジョブソンが在籍するU.K.に、ビル・ブラッフォードの後任として加入し、日本公演にも帯同。その後マーク・アイシャムらとのユニットGroup87などでのセッションを行う。

1980年から1986年にかけて、当時の妻だったデイル・ボジオ、ザッパ時代の同僚ウォーレン・ククルロパトリック・オハーンらと共にミッシング・パーソンズで活動した。

現在[編集]

ジェフ・ベックスティーヴ・ヴァイhideザ・ナックビリー・シーンなど様々なアーティストと共演。また、トニー・レヴィンキング・クリムゾン)やスティーヴ・スティーヴンス(元ビリー・アイドル・バンド)と共にボジオ・レヴィン・スティーヴンスというユニットを結成し、2枚のアルバムを発表した。2007年には正規ドラマー、デイヴィッド・シルヴェリアの一時離脱に伴い、コーンサポート・メンバーとしても活動するが、6曲のレコーディングに参加した後に離脱。

使用機材とテクニック[編集]

ボジオのドラムセット

非常に多くのタム、バスドラム、シンバルを備えたドラムセットがトレードマークとなっている。タムやバスドラムには細かい音程を表現するためのチューニングが施され、更にグロッケンシュピール等のパーカッションや、ペダルで操作するメタルパーカッション等も備えられている[1]

フランク・ザッパバンド在籍時はグレッチ社、UK時代はスリンガーランド社、ミッシング・パーソンズ時代からジェフ・ベック時代はREMO社、そしてMAPEX社、現在はDW社と、時代や追求する音楽によって使用するドラムメーカーも変化している(ミッシング・パーソンズ時代には極短期間だがTAMAのドラムも用いた)。

ドラムヘッドはATTACKのシグネイチャーモデル、シンバルはセイビアンのシグネチャーモデル"Radia"。スティックもVIC FIRTHからリリースされているテリー・ボジオモデル。かつてはREMOのヘッドとパイステのシンバルを使用していた。

スティックはマッチドグリップで握る。

ディスコグラフィー[編集]

FRANK ZAPPA[編集]

U.K.[編集]

  • Danger Money(1979年)
  • Night After Night(1979年)

MISSING PERSONS[編集]

  • Spring Session M(1982年)
  • Rhyme & Reason(1984年)
  • Color In Your Life(1986年)

BOZZIO LEVIN STEVENS[編集]

  • Black Light Syndrome(1997年)
  • Situation Dangerous(2000年)

TERRY BOZZIO & BILLY SHEEHAN[編集]

  • Nine Short Films(2002年)

その他参加アルバム[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]