コンテンツにスキップ

セイビアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Sabian
種類
非公開会社
業種 楽器製造販売
設立 1981年 (43年前) (1981) カナダニューブランズウィック州メダクティック
創業者 ロバート・ジルジャン
本社
主要人物
Andy Zildjian (president/CEO)
Sally Zildjian-Teague
製品 シンバル
ウェブサイト sabian.com

セイビアン(英・SABIAN)は、カナダシンバルメーカー。1981年創業と歴史は浅いものの、ジルジャンパイステと並ぶ世界3大シンバルメーカーの一角を占める。

概要[編集]

沿革[編集]

セイビアンは1981年ロバート・ジルジャンカナダニューブランズウィック州メダクティックに設立した。ロバートはジルジャン社の社長であったアヴェディス・ジルジャン三世の息子である。1977年、アヴェディス三世がジルジャン家のルールに従って、ジルジャン社の社長に長男のアーマンド・ジルジャンを任命した。しかしこれが後に家庭内の不和を引き起こし、ロバートとアーマンドの実の兄弟の間での法廷闘争に発展した。

調停により、ロバート・ジルジャンはアヴェディス三世が1968年にカナダ・ニューブランズウィック州・メダクティックに設立した「AZCO社」の工場を手に入れる。この工場はKジルジャンシリーズを製造しており、ロバートは責任者を務めていた。そして、この頃にはジルジャン社はトルコでのシンバル製造を終了させていた。

兄弟の争いはこれで終わりとはいかなかった。アーマンドとロバートは、どの工場でKジルジャンシリーズを製造するべきかという点で対立した。ロバートは従来通りカナダ工場で生産すべきと主張したが、ジルジャン社の新社長に就任したアーマンドはエルヴィン・ジョーンズトニー・ウィリアムスの助言を受け、Kジルジャンシリーズをアメリカで製造するべきだと強く主張した。

アヴェディス三世没後の1979年、ついにアーマンドとロバートの2人で会社を分割するという事態にまで至る。ロバートは、自身が責任者を務めていたカナダ・ニューブランズウィック州・メダクティックの「AZCO社」の工場を手に入れ、シンバル製造を始める。そして会社を分割する際にロバートとアーマンドは、「ロバートが『Zildjian(ジルジャン)』という名前を使わない」「ロバートのシンバルはジルジャンの製品と同じ物であると主張しない」という条件で合意した。そのため、ロバートは新たに発足する企業の社名を、自身の子どもの名前の最初の2文字("Sa"lly、"Bi"ll、"An"dy)の組み合わせから「SABIAN」と命名した。ロバートは創業間もない無名のセイビアンをジルジャンパイステと並ぶ世界3大シンバルメーカーに成長させ、2013年3月に逝去。現在は末息子のアンディ・ジルジャンが社長を務めている。

ロバートはセイビアン創業後、伝統的なB20ブロンズを採用したシンバルとしてHH(Hand Hammered)とAA(Automatic Anvil)という2つのシリーズの製品群を発売した。その後、より幅広いジャンルの音楽に合ったシンバルとして、HHXシリーズとAAXシリーズを発売した。また、ジャック・ディジョネットフィル・コリンズニール・パートテリー・ボジオデイヴィッド・ガリバルディジョジョ・メイヤーエド・シグペンなど、特定のドラマーの要望に応えたシグネチャー・モデルも開発、発売している。セイビアンとジルジャンがシンバル製造に使用しているブロンズは同じものだが、セイビアンは数々のドラマーのシグネチャー・モデルを開発、発売するなど、ジルジャンに比べてそれぞれ音色が違う多様な製品ラインナップを揃えている。

AA Splash (10")
Paragon Ride (22") Limited Edition Steampunk。"PARAGON"シリーズはニール・パートのために開発したシリーズで、本人もPARAGON完成後は、すべてのシンバルをPARAGONシリーズで固めていた。そして、Rushが2010年~2011年にかけて開催した「Time Machine Tour」では、演奏で使用するPARAGONシリーズのシンバルすべてに"Steampunk"という意匠のペイントを施していた。写真のシンバルは、セイビアンが全世界300枚限定で販売したもの

製品ライン[編集]

ドラムセット向け[編集]

B20キャスト・ブロンズ製[編集]

・AA
・HH
・AAX
・HHX
・XSR(B20キャストブロンズを使用しながら、比較的低価格なシンバル)
・FRX(レコーディングや小規模な会場での演奏に向けたシンバル。カップやエッジなどに小さな穴を多数開けて、高域の倍音を制御している)
・Artisan(主にジャズ演奏に向けたシンバル)
・Crescent(主にジャズ演奏に向けたシンバル。2015年1月31日に買収したCrescent cymbals社の製品を継続し、新製品も発売)[1]
・PARAGON(ニール・パートのシグネチャーモデル)
・SR2(展示会や店頭での展示品や、契約ドラマーへの貸し出し品を回収し、プリントを落としてレイジングし直すなどの加工を施して安価で提供するライン)

B8シート・ブロンズ製[編集]

・B8X

ブラス製[編集]

・SBr

オーケストラ、ドラム・コー向け[編集]

B20キャスト・ブロンズ製[編集]

・AA
・HH
・AAX
・HHX
・XSR
・Artisan

B8シート・ブロンズ製[編集]

・B8X

ブラス製[編集]

・SBr

SABIAN Custom Shop[編集]

以上の既製品を販売するほかに、シンバル全体の傘の開き方や、カップの大きさ、レイジングの種類などを指定して、独自のシンバルを発注できる「SABIAN Custom Shop」というサービスも提供している。[2]

主なエンドーサー[編集]

海外[編集]

日本国内[編集]

パール楽器製造が日本国内でセイビアンの代理店となっている関係から、パールドラムの国内のエンドーサーはほとんどがセイビアンのシンバルを使用している。

[3]
※五十音順

など

脚注[編集]

注釈・出典[編集]

  1. ^ Crescent cymbals acquired by Sabian on Modern Drummer, Feb 2015
  2. ^ SABIAN Custom Shop Cymbal Builder SABIAN Official Web Site, Sep 2020
  3. ^ SABIAN ARTIST”. セイビアン公式サイト. 2023年6月25日閲覧。

外部リンク[編集]