デヴィッド・トーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デヴィッド・トーン
David Torn
David Torn.jpg
デヴィッド・トーン(2008年)
基本情報
生誕 (1953-05-26) 1953年5月26日(67歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州アミティビル
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ミュージシャン、音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
レーベル ECMレコード
公式サイト www.davidtorn.net

デヴィッド・トーン (David Torn1953年5月26日 - )は、アメリカ合衆国の音楽家・ギタリストである。

来歴[編集]

ニューヨーク州アミティビル出身。1970年代よりECMレコードウィンダム・ヒル・レコード、CMPレコードからジャズ的な作品をリリースする。

それらの音楽活動を通じて単なるジャズ・ギタリストにとどまらず、様々なエフェクト技術・ループ奏法・サンプリングを試みた前衛的な作風を開花させ、その才能はジャズの世界にとどまらずむしろロック・ミュージックの世界で注目されるようになる。

1980年代にエヴリマン・バンドに参加して2枚のアルバムを発表。その後は、ミック・カーンが持つフレットレスベースの才能を見出し、様々なソロ・アルバムに参加した。一時は音楽界からの引退を考えていたミック・カーンを励まし、その後の音楽活動を支えたエピソードがある。

その後、デヴィッド・シルヴィアン坂本龍一デヴィッド・ボウイ等の音楽作品に参加する。ビル・ブルーフォードトニー・レヴィンブルーフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズでもアルバムを制作し、メンバーは作品ごとに流動的ながら、ロック・ミュージックにおける知名度を高めた。

また、映画音楽における活躍もめざましく、『悪霊喰』(2003年)、『プライド 栄光への絆』(2004年)、『Believe in Me』(2005年)、『ラースと、その彼女』(2007年)などのサウンドトラックを担当している。

そのように音楽ジャンルを超えた幅広い活動をおこないつつも、ECMレコードには現在でもとどまり、ソロ・アルバムをコンスタントに発表し続けている。

ループ奏法・サンプリング技術に関してはサンプリングCDおよびCD-ROMなど製品化されているものもあり、DTMの世界でも知られるようになる。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー・アルバム[編集]

  • Best Laid Plans (1984年、ECM) ※with Geoffrey Gordon
  • 『クラウド・アバウト・マーキュリー』 - Cloud About Mercury (1987年、ECM)
  • Door X (1990年、Windham Hill)
  • Storyville (1992年、Varèse Sarabande)
  • 『ポリタウン』 - Polytown (1994年、Times Square) ※with ミック・カーンテリー・ボジオ
  • 『トリッピング・オーヴァー・ゴッド』 - Tripping Over God (1995年、CMP)
  • Earthbeat (1995年、Azoto/Materiali) ※with Bebo Baldan
  • What Means Solid, Traveller? (1996年、CMP)
  • GTR OBLQ (1998年、Knitting Factory) ※with ヴァ―ノン・リードエリオット・シャープ
  • Oah (2000年、75 Ark) ※Splattercell名義
  • AH - ReMiKSiS (2000年、75 Ark) ※Splattercell名義
  • The Order (2003年、Superb) ※映画『悪霊喰』サウンドトラック。ドイツ盤は『The Sin Eater』 (2003年、Edel)
  • 『プレゼンス』 - Prezens (2007年、ECM)
  • 『ラースと、その彼女 オリジナル・サウンドトラック』 - Lars And The Real Girl (Music From The Motion Picture) (2007年、Milan)
  • Levin Torn White (2011年) ※with トニー・レヴィンアラン・ホワイト
  • Only Sky (2015年、ECM)[1]
  • Sun Of Goldfinger (2019年、ECM) ※with ティム・バーンチェス・スミス

エヴリマン・バンド[編集]

  • 『全員音楽』 - Everyman Band (1982年)
  • Without Warning (1985年)

ブルーフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ[編集]

  • 『ブラッフォード・レヴィン・アッパー・エクストリミティーズ』 - Bruford Levin Upper Extremities (1998年)
  • 『BLUEナイツ』 - B.L.U.E. Nights (1999年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ David Torn | Album Discography”. AllMusic. 2017年1月12日閲覧。

外部リンク[編集]