アラン・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラン・ホワイト
Alan White
Yes en Conferencia de Prensa 2010-11-30 (5252529544).jpg
イエスの記者会見にて (2010年11月)
基本情報
生誕 (1949-06-14) 1949年6月14日(68歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ダラム州 ペルトン
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
ハードロック
職業 ミュージシャンドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッションピアノ
活動期間 1967年 - 現在
レーベル アトランティック・レコード
共同作業者 プラスティック・オノ・バンド
イエス
サーカ
ホワイト
ほか
公式サイト alanwhite.net

アラン・ホワイトAlan White1949年6月14日 - )は、イングランド出身のロックミュージシャンドラマー

プログレッシブ・ロックバンドイエス」のメンバーとして知られる。若き日には「ビートルズ」メンバーの作品に参加し、そのほか様々なセッションの実績を持つ。

ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のドラマー」第35位。2017年 イエス名義で『ロックの殿堂』入り。

(なお、同姓同名の元オアシスのドラマーとは別人)

概要[編集]

プレイ中のアラン (2010年12月)

イエス」に加入する以前にも数々のセッション活動を行い、キャリアを積んでいた。特に有名なのが「プラスティック・オノ・バンド」でのセッションであり、1969年12月、カナダトロントでのライブの前日に電話がかかってきて、その相手がジョン・レノンだったというエピソードがある。

カナダへ飛ぶプライベート・ジェット機の中で、ジョンとエリック・クラプトンと共に、椅子をスティックで叩きながら練習したとの逸話が残っている。後に、トロントでの模様は、ライヴ・アルバム『平和の祈りをこめて(Live Peace in Toronto 1969)』として発売されている。その後ジョンの『イマジン』にも参加。

その他、ジョージ・ハリスンジェシ・エド・デイヴィスポール・コゾフ等のアルバムにも参加。1972年2月には 「Bell & Arc 」のメンバーとしてドイツのロック番組『ビート・クラブ』に出演している映像が残っている。

1972年、「キング・クリムゾン」に加入するため脱退したビル・ブルーフォードの後任として「イエス」に加入。イエスの当時のプロデューサーであるエディ・オフォードと彼が同じ部屋で暮らしていたという縁があった。

アラン・ホワイトのドラム・スタイルは、ロックン・ロールの出身らしいパワフル、フラットかつタメのあるスローなタイム感が特徴であった。ジャズのスタイルに根ざし、硬質でタイトかつ性急なアグレッションに溢れたビル・ブルーフォードとの演奏スタイルの違いが、当初物議をかもしていた。

1976年、初のソロ・アルバム『ラムシャックルド』を発表。

2006年、リーダーバンド「ホワイト」の1stアルバム『White』を発表。

2007年にイエス関係者のビリー・シャーウッドトニー・ケイと「サーカ(CIRCA:)」を結成し、アルバムとその後のツアーに参加するが、2作目のアルバムの録音前に脱退。

2017年、イエス名義で『ロックの殿堂』入り[1]

そのほか、様々なセッションやプロジェクトに関わる。

ディスコグラフィ[編集]

ソロアルバム

  • Ramshackled (1975)

ホワイト

  • White (2006)


イエス

The Alan Price Set

  • A Price on His Head (1967)
  • The Amazing Alan Price (1967)
  • This Price is Right (1968)

ジョン・レノン and プラスティック・オノ・バンド

ジョージ・ハリスン

クリス・スクワイア

  • Run with the Fox (1981)

The Syn

  • Armistice Day (2007)

サーカ

  • Circa: 2007 (2007)
  • Circa: Live (2008)

Tony Levin and David Torn

  • Levin/Torn/White (2011)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ イエス、ロックの殿堂でジョン・アンダーソンと共演”. BARKS (2017年3月9日). 2018年1月14日閲覧。

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト