エディ・ジョブソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エディ・ジョブソン
Eddie Jobson
EJobson09.jpg
演奏するエディ・ジョブソン(2009年)
基本情報
出生名 Edwin Jobson
生誕 1955年4月28日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル プログレッシブ・ロック
職業 キーボーディストヴァイオリニスト作曲家
担当楽器 キーボードヴァイオリン
活動期間 1972年 -
共同作業者 カーヴド・エア
ロキシー・ミュージック
フランク・ザッパ
UK
ジェスロ・タル
UKZ
公式サイト www.eddiejobson.com

エディ・ジョブソンEdwin "Eddie" Jobson1955年4月28日 - )は、イギリス出身のキーボード奏者、ヴァイオリン奏者。

略歴[編集]

1972年末、18歳でカーヴド・エアダリル・ウェイの後任として加入し、プロ・ミュージシャンとしてのキャリアを開始する。1973年にはロキシー・ミュージックブライアン・イーノの後任として加入。その後、フランク・ザッパ・アンド・マザーズを経てU.K.を結成。U.K.解散後は、ジェスロ・タルでの客演を経て、1983年にソロ・アルバム『ザ・グリーン・アルバム』(エディ・ジョブソン&ズィンク名義)、1985年に『テーマ・オブ・シークレッツ』を発表する。Private Music レーベルよりリリースされたコンピレーション・アルバム『ピアノ・ワン(Piano One)』には、ジョブソンが10代のときに作曲した3曲「Dark Room」「Ballooning Over Texas」「Disturbance In Vienna」が収録されている。発表は前後するものの、「Diaturbance In Vienna」はもちろん『テーマ・オブ・シークレッツ』の「Memories Of Vienna」の原曲である。

1992年、KORGのシンセサイザーを使ったミュージシャンのコンピレーション・アルバムにおいて「Sketcth For Orchestra#4」を発表した。

その後はテレビ番組やCMの音楽制作を生業としていたが、1995年ごろ、U.K.再始動を計画する。しかし多忙な本業を抱えながらの制作は難航し、やがて再びジョン・ウェットンと仲違いをして計画は頓挫してしまう。このマテリアルは元々アルバムでフィーチャーされる予定だったブルガリアン・コーラスを前面に押し出した形でソロ・プロジェクトに活かされた。2007年末、ジョブソンはトレイ・ガン(元キング・クリムゾン)らと共にUKZを結成し、久々にバンドとしての活動を開始。2009年1月24日には、ニューヨークでUKZとしての初のライブを行った。同年6月には、ジョブソンにとって30年ぶりとなる来日公演が、東京、名古屋、大阪の三都市で行われた。2010年6月15、16、17日、大阪、東京でアルティメット・ゼロ・プロジェクト(U-Z Project)を率いて再来日、公演。

2013年、デビュー40周年記念公演を日本で開催している。ジョン・ウェットン、カーヴド・エアのソーニャ・クリスティーナが客演した。

概要[編集]

人間的にも創作者としても我の強いタイプと言われており、U.K.や、リハーサルのみ参加したイエスなどでも、音楽性その他を巡って他のメンバーと対立したと伝えられている。

1984年、再結成してアルバム『ロンリー・ハート』の録音がほぼ完了していたイエスからトニー・ケイが解雇されている。プロデューサーのトレヴァー・ホーンから嫌われていたとの噂があるが詳細は不明である。この時、リック・ウェイクマンパトリック・モラーツの往年のイエスのキーボード奏者に匹敵するスーパー・キーボード・プレイヤーとしてジョブソンがイエスに招集されている。ジョブソンはレコーディングには参加しなかったが、大ヒットしたシングル「ロンリー・ハート」のビデオ・クリップの撮影には参加し、そのビデオ・クリップの中で彼の雄姿を見ることができる。ところが、イエスのマネージメント側が「これはあのイエスの再結成なのだ」というイメージで売る方針でトニー・ケイを呼び戻すことになり、ジョブソンは「イエスにキーボード・プレイヤーは2人いらない」と言ってイエスを脱退した。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

  • Yesterday Boulevard b/w On a Still Night (1976年) ※シングル
  • 『ザ・グリーン・アルバム』 - The Green Album (1983年) ※エディ・ジョブソン&ズィンク名義
  • 『テーマ・オブ・シークレッツ』 - Theme of Secrets (1985年)
  • Voices Of Life (2000年) ※The Bulgarian Women's Choir Angelite名義
U.K.再始動プロジェクトで頓挫した『Legacy』アルバム用の素材を使用。
  • 『アルティメット・ゼロ・ツアー-ライヴ』 - Ultimate Zero - The Best Of The U-Z Project Live (2010年)
  • 『エディ・ジョブソン - デビュー40周年記念特別公演 フォー・ディケイズ』 - Four Decades (2015年)

バンド[編集]

  • カーヴド・エア 『エア・カット』 - Air Cut (1973年)
プロ活動の最初のアルバム。2004年に初CD化されている。
フランク・ザッパ・バンド時代の2枚組ライブ盤。テリー・ボジオブレッカー・ブラザーズらと共演。
  • フランク・ザッパ Studio Tan (1978年)
「Lemme Take You To The Beach」にてキーボード、ヨーデリングで参加。
  • U.K. 『憂国の四士』 - U.K. (1978年)
エディ・ジョブソンがクローズ・アップされた最初の作品とされている。
  • U.K. 『デンジャー・マネー』 - Danger Money (1979年)
トリオ編成になり、リズムセクションとボーカル以外は全てエディ・ジョブソンが演奏を担当している。
  • U.K. 『ナイト・アフター・ナイト』 - Night After Night (1979年)
  • ジェスロ・タル 『A』 - A (1980年)
元々はイアン・アンダーソンのソロとして制作が開始されたアルバム。そのため、従来のジェスロ・タルとは一線を画した内容と評されている。
  • UKZ Radiation (2009年)
  • フランク・ザッパ Philly '76 (2009年)
  • U.K. 『リユニオン - ライヴ・イン・トーキョー』 - Reunion – Live in Tokyo (2013年) ※CD&DVD
  • U.K. 『エディ・ジョブソン - U.K.特別公演『憂国の四士』『デンジャー・マネー』完全再現ライヴ カーテン・コール』 - Curtain Call (2015年)

TV・映画[編集]

その他[編集]

ライブ盤だが、ジョブソンがスタジオでオーヴァーダビングしたヴァイオリンとエレクトリック・ピアノの演奏を一部楽曲で使用[1]
ジャケット写真に、当時ザッパ・バンドに加入したばかりのエディ・ジョブソンとパトリック・オハーンを含む4人が写っているが、この2人は本作のレコーディングに参加していない。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]