閃光 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
閃光
ABWHスタジオ・アルバム
リリース
録音 1989年
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル アリスタ・レコード
プロデュース Chris Kimsey and Jon Anderson
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 14位(イギリス[1]
  • 18位(ノルウェー[2]
  • 21位(スウェーデン[3]、ドイツ[4]
  • 24位(スイス[5]
  • 25位(オランダ[6]、日本[7]
  • 30位(アメリカ[8]
ABWH 年表
閃光
(1989年)
イエス・ミュージックの夜
(1993年)
テンプレートを表示

閃光』(せんこう、Anderson-Bruford-Wakeman-Howe)は、1970年代のイエスの主要メンバーであるジョン・アンダーソンビル・ブラッフォードリック・ウェイクマンスティーヴ・ハウによって結成されたアンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウのアルバム。

経緯[編集]

1987年リリースの『ビッグ・ジェネレイター』の後、バンドの在り様に失望したジョン・アンダーソンイエスを脱退し、いわゆる黄金期のサウンドの復活を画策、当時のメンバーに呼びかけた。しかし、イエスというバンド名の権利を保有するクリス・スクワイアが呼びかけに応じず、バンド名の使用も認めなかった為、ファミリー・ネームを並べてバンド名とし、アルバムの原題もそのまま使用した。

日本盤CD (A32D-83)のオビには、「元YESの黄金のラインナップが勢ぞろい!」とある。また、このCDのライナー・ノーツには、1988年の夏のギリシャでの休暇から戻ったジョン・アンダーソンが、如何にしてABWHを成立させていったか…の過程が詳しく書かれている。市販ビデオ "In the Big Dream" でも結成の経緯が語られている。

内容[編集]

サウンド面ではビッグ・ジェネレイターより1970年代のイエスのサウンドに近い[要出典]スティーヴ・ハウの高域の単音弾きやリック・ウェイクマンのアナログ・シンセサイザー演奏も聴く事が出来る。ただし、録音機材や技術、メンバーの趣味や力量などの変遷は避けられず[要出典]、また、トニー・レヴィンのベースがクリス・スクワイア独特の高域まで伸びるリッケンバッカーでは無いため、全体的な構造は、1970年代とは別物となっている[要出典]

録音は事前にアンダーソン&キムゼイがプログラミングしておいたものが元になっており、他のメンバーが入れ替わりスタジオにやってきて録音して構築されていった。キーボードのパートはリック・ウェイクマンが参加する以前にほとんどのパートがマット・クリフォードの手によって演奏・録音が完了されており、リック・ウェイクマンの演奏に差し替えられたのは全体の7割ほどである。「TEAKBOIS」という曲の間奏の金管系のサンプリング音でのソロもマット・クリフォードの演奏がそのまま残されているものである。 ドラムに関しても、スタジオにやってきたビル・ブルーフォードのラフな演奏をフェアライトCMIに取り込んで、アンダーソン&キムゼイがフェアライトCMIの上で再構築し、それを後日にビル・ブルーフォードに聞かせて、その通り叩いてもらったという手順で作業が進められた。

楽曲の共作者として、ヴァンゲリスジェフ・ダウンズらの名前もクレジットされている。

なお、ジャケット・デザインはイエスのアート・ワークの多くを担当していたロジャー・ディーンによるものである。

収録曲[編集]

  1. テーマ(i)サウンド(ii)セカンド・アテンション(iii)ソウル・ウォーリアー
  2. フィスト・オブ・ファイアー
  3. ブラザー・オブ・マイン(i)ビッグ・ドリーム(ii)ナッシング・キャン・カム・ビトゥイーン・アス(iii)ロング・ロスト・ブラザー・オブ・マイン
  4. バースライト
  5. ザ・ミーティング
  6. クァルテット(i)アイ・ワナ・ラーン(ii)シー・ギヴス・ミー・ラヴ(iii)フー・ワス・ザ・ファースト(iv)アイム・アライヴ
  7. TEAKBOIS
  8. オーダー・オブ・ザ・ユニバース(i)オーダー・テーマ(ii)ロック・ギヴス・カリッジ(iii)イッツ・ソー・ハード・トゥ・グロウ(iv)ザ・ユニバース
  9. レッツ・プリテンド

メンバー[編集]

サポート・メンバー[編集]

特記事項[編集]

収録曲の「オーダー・オブ・ザ・ユニバース」のイントロ部分はテレビ朝日報道番組『ザ・スクープ』のオープニングとして長年に亘って使われてきた。

後にスティーヴ・ハウのソロ・アルバムとして発表されたアウトテイク&デモ音源集『Homebrew』において、『閃光』に使われた曲の原曲のデモ音源が収録されており、『閃光』での彼の貢献が大きかったことが伺える。

2010年、シングル盤向けの編集バージョン、ライヴ・バージョン、デモ・バージョンなどをボーナス・トラックとして追加して、CD2枚組にリニューアルしたものが発売された。CD1枚目は従来のものと同内容で、CD2枚目は以下の内容である。

  1. Rick Wakeman Intro's 2:52
  2. Brother Of Mine (Edit) 6:32
  3. Brother Of Mine (Radio Edit) 3:24
  4. Vultures In The City 5:55
  5. Order Of The Universe (Edit) 4:53
  6. Order Of The Universe (Long Edit) 6:03
  7. Quartet (I'm Alive) (Single Edit) 3:18
  8. Brother Of Mine (Live) 10:52
  9. And You And I (Live) 10:34
  10. Order Of The Universe (Live) 15:31

脚注[編集]