アンディ・マッケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンディ・マッケイ
Andy Mackay
Roxy Music.jpg
Massey Hall, Toronto, 1974
Photo: Jean-Luc Ourlin
基本情報
出生名 Andrew Mackay[1]
生誕 (1946-07-23) 1946年7月23日(71歳)[2]
出身地 イギリスの旗英国コーンウォール Lostwithiel 生まれ / ロンドンCentral London)育ち[3]
ジャンル グラムロックロックアート・ロッククラシック音楽R&B[1]
職業 サクソフォーン(サックス)、オーボエ奏者[3]作曲家プロデューサー、他[1]
担当楽器 サクソフォン(サックス)、オーボエ[3]キーボードヴァイオリン[1]
活動期間 1971年 - 現在
レーベル EG
アイランド
ポリドール
ヴァージン
リプライズ
ワーナー・ブラザース・レコード
アトコ[1]
共同作業者 ロキシー・ミュージック

アンディ・マッケイ(Andy Mackay、1946年7月23日 -)は、イギリスロックミュージシャンサクソフォーン(サックス)& オーボエ奏者で、ロックバンド ロキシー・ミュージックのレギュラー・メンバーとして、またソロ活動、テレビ番組のサウンドトラックの作者として活動[2]

人物・経歴[編集]

イギリスコーンウォールで生まれ、ロンドンで育ち、中学入学直後にオーボエを習い始める。マッケイはクラリネットを習いたかったのだが、その学校ではオーボエしか教えていなかった。学生時代はR&Bバンドクラシック管弦楽団でオーボエやサクソフォーンを演奏する[2]

1960年代の終わりには1年間ローマに住んでいたが、帰国後は音楽を教えていた[3]。その時期に友人の紹介によりブライアン・フェリーらが結成するロックバンドのメンバーとなり、またマッケイは友人のブライアン・イーノを誘い、イーノもメンバーとなる。1971年初頭にロキシー・ミュージックが結成され、マッケイはサクソフォーン & オーボエ奏者として音楽活動を始め、1972年2月14日にEGマネジメントと契約し、プロとして出発する[4]

デビュー当初のロキシー・ミュージックはその頃のロックバンドと比較すると少し風変りなバンドであった。木管楽器(オーボエ)を演奏するマッケイ、楽器を演奏せずに高音の電子音を奏でるブライアン・イーノ。そしてマッケイの吹奏は、クラシック管弦楽団風の吹奏のやり方ではなく、音に抑揚や強弱のない単調な吹き方であった。これは意図したものである[2]

1974年には初のソロ・アルバム『In Search of Eddie Riff』を発表する。このアルバムではクラシック音楽ワーグナー作『ワルキューレの騎行』をロック調に編曲してサクソフォーンで吹奏している[2]

1976年と1977年にはイギリステムズテレビThames TV)で放送されたドラマ『ロック・フォリーズ』(Rock Follies)のサウンドトラックをプロデュースする[2]

1978年には2作目のアルバム『リゾルビング・コントラディクションズ』(Resolving Contradictions)を発表する[2]

1985年にはフィル・マンザネラらとエクスプローラーズを結成し、アルバム『Explorers』を発表するが成功しなかった。1988年と1989年に「マンザネラ & マッケイ」としてアメリカで2枚のアルバムを発表する。1990年にもマンザネラと組み、クリスマスソング『Christmas』を発表[2]

ロキシー・ミュージックのレギュラー・メンバー(ブライアン・フェリーフィル・マンザネラ)以外との活動では、1974年にブライアン・イーノの『ヒア・カム・ザ・ウォーム・ジェッツ』(Here Come the Warm Jets)、1982年にポール・マッカートニーの『タッグ・オブ・ウォー』と1983年の『パイプス・オブ・ピース』などに参加している[2]

1995年にマッケイは結婚し、家族とともにサマセットで暮らす[3]

2001年にはロキシー・ミュージックとしてツアーを行い[5]、2004年には3作目のソロ・アルバム『SAMAS Music For The Senses』を発表する[2]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

In Search of Eddie Riff(1974年)[6]

Resolving Contradictions(1978年)[6]

  • 曲リスト
    1. Iron Blossom
    2. Trumpets on the Mountains Off to Work "Unreal City"
    3. The Loyang Tractor Factory
    4. Rivers
    5. Battersea Rise
    6. Skill and Sweat
    7. The Ortolan Bunting (A Sparrow's Fall)
    8. The Inexorable Sequence
    9. A Song of Friendship (The Renmin Hotel)
    10. Alloy Blossom Trumpets in the Suburbs[7]
    11. Green and Gold[7]

ロキシー・ミュージック[編集]

サウンドトラック[編集]

Rock Follies(1976年)[6]

  • 曲リスト
    1. Sugar Mountain
    2. Good Behaviour
    3. Stairway
    4. Daddy
    5. Lamplight
    6. The Road
    7. Glenn Miller is missing -(グレン・ミラー
    8. Biba Nova
    9. Talking Pictures
    10. Hot Neon
    11. Roller Coaster
    12. Rock Follies

エクスプローラーズ[編集]

The Explorers(1985年)[6]

マンザネラ & マッケイ[編集]

Crack The Whip(1988年)[6]

ウェットン・マンザネラ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e en:Andy Mackay」参照。
  2. ^ a b c d e f g h i j ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p40)より。
  3. ^ a b c d e The Official Roxy Music Tour 2001 Andy Mackay Biography」より。
  4. ^ ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p26, p27)より。
  5. ^ Roxy Music World Tour 2001」より。
  6. ^ a b c d e ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p41)より。
  7. ^ a b en:Resolving Contradictions#Track listing」を参照。

参考文献[編集]

ウェブサイト
出版物

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]