電子音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電子音(でんしおん)は、電子回路によって電気的に発生されたである。

概要[編集]

電子音は、機械の操作において、入力・出力を知らせたり、警告としての意味合いを持たせたりするために実装される。現代社会においては身近な存在である。

スピーカーを用いない場合[編集]

電磁石と振動板を組み合わせた回路による物理的な音は、特にブザー(buzzer)と呼ばれる[1](振動板をハンマーとゴングに置き換えたものが電鈴である)。後述のような回路によって再現された音でも、この装置のような音であれば電子ブザーと呼び習わしている。

スピーカーを用いる場合[編集]

現代的には、発振回路メロディICを用いて電気信号を発振させ、可聴周波数帯(100ヘルツ - 10キロヘルツ程度の範囲)の信号を作り出し、スピーカーから出力することで得られる単純な周波数・波形の音を特に「電子音」と呼び、コンピューター等ではビープ音(beep sound)あるいは発振音(はっしんおん)とも呼ばれる。

機械的に信号が作られることから、信号波形は規則的な周期振動(正弦波矩形波三角波ノコギリ波など)である。電話機のように複数の信号波形を合成(和音)して出力できる機械もあるほか、プログラミングMIDI形式など)によってメロディを奏でられる仕組みを備えた機器も存在する。

脚注[編集]

関連項目[編集]