フィル・マンザネラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィル・マンザネラ
Phil Manzanera
Phil Manzanera.jpg
デヴィッド・ギルモア「Rattle That Lock Tour」にて (2015年9月)
基本情報
出生名 Philip Geoffrey Targett-Adams
生誕 (1951-01-31) 1951年1月31日(69歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン[1]
ジャンル ロックジャズ・ロックカンタベリー・ロックプログレッシブ・ロック[2]
職業 ギタリストソングライター音楽プロデューサー[1]
担当楽器 ギター、ボーカル、ベース、キーボード[1]
活動期間 1971年 -
レーベル EGレコード
アイランド・レコード
ポリドール・レコード
ヴァージン・レコード
リプライズ・レコード
ワーナー・ブラザース・レコード
アトコ・レコード[3]
Expression Records[4]
共同作業者 ブライアン・フェリー
クワイエット・サン
ロキシー・ミュージック
ブライアン・イーノ
801
ジョン・ウェットン
アンディ・マッケイ
デヴィッド・ギルモア
ピンク・フロイド
公式サイト www.manzanera.com

フィル・マンザネラPhil Manzanera、1951年1月31日 -)は、イギリスロックミュージシャンギタリストであり、ロックバンドロキシー・ミュージックのレギュラー・メンバーとして、またソロ、レコード・プロデューサーとして活動している[1][2]

人物・経歴[編集]

若き日のマンザネラ (1973年)

マンザネラの母はコロンビア人、父はイギリス人で、ロンドンで生まれ、幼少・少年時代を主にキューバベネズエラで過ごし、キューバで暮らしていた6歳のときにスパニッシュ・ギターを手にする。キューバ革命の大変動期の頃はキューバ・フォークソングを好んで演奏していた。子供時代に体験したキューバ革命の衝撃はマンザネラの音楽性に影響を与える。その後マンザネラはベネズエラで暮らしていた8歳のときにエレクトリックギターを始める。10代の頃は1960年代のロックンロールラテンアメリカリズムを融合することに夢中になっていた[1]

マンザネラがエレクトリックギターに目覚めたのはジミ・ヘンドリックスの影響である。1970年になるとジャズ・ロックバンドクワイエット・サンを結成し[2]、1971年の夏にはロキシー・ミュージックのリードギタリストとして活動を始める[1]。当初はロキシー・ミュージックのオーディションでは落ちており、その才能を買われてミキシング担当として採用されていたが、合格したギタリスト(デヴィッド・オリスト)が脱退したために、彼が正規のギタリストに昇格したと言われている。ブライアン・イーノ脱退後のロキシー・ミュージックにおいて、マンザネラのギター演奏の風合はイーノの電子音の風合を補うのに十分であった[2]

1975年には初のソロ・アルバム『ダイアモンド・ヘッド』を発表する。このアルバムにはアンディ・マッケイやブライアン・イーノ、ジョン・ウェットンなどロキシー・ミュージック関係者が参加している[2]

1976年になると、イーノらとともに801を結成する。その後もソロ活動を続け、1978年に『K-スコープ』、1982年に『プリミティヴ・ギターズ』、1990年に『サザンクロス』を発表する[2]。また、ジョン・ウェットンとの連名のアルバム『ウェットン・マンザネラ』も発表している。

1990年代は世界中で活動する。スペインセビリアで開催された「Guitar Legends」では音楽監督を務め、またギタリストとしてボブ・ディランキース・リチャーズらと共演した[1]。1999年に発表したソロ・アルバム『ヴォゼロ』はラテンアメリカ色の強い作品となった[2]

2001年にはロキシー・ミュージックとして再結成しワールド・ツアーを行った[5]。2005年に発表したアルバム『50ミニッツ・レイター』にはブライアン・イーノも参加している[2]

また、この頃よりデヴィッド・ギルモアのソロ・ライブのツアー・メンバーとなり、多くのライブ活動に参加し、その映像も多く残っている。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『ダイアモンド・ヘッド』 - Diamond Head (1975年)[6]
  • 『K-スコープ』 - K-Scope (1978年)
  • 『プリミティヴ・ギターズ』 - Primitive Guitars (1982年)
  • 『ウェットン・マンザネラ』 - Wetton Manzanera (1986年) ※with ジョン・ウェットン、『ワン・ワールド』 - One Worldとして改題再発あり
  • 『ウェイステッド・ランズ (廃墟の街)』 - The Wasted Lands (1988年) ※with ノヴァ・モヴァ
  • 『サザンクロス』 - Southern Cross (1990年) ※『ア・ミリオン・リーズンズ・ホワイ』 - A Million Reasons Whyとして改題再発あり
  • Mato Grosso (1990年) ※with Sergio Dias
  • Boleros Hoy (1991年) ※with Tania Libertad
  • 『ヴォゼロ』 - Vozero (1999年)
  • 『6PM』 - 6PM (2004年)
  • 『50ミニッツ・レイター』 - 50 Minutes Later (2005年)
  • 『ファイアーバード V11』 - Firebird V11 (2008年)
  • 『コーロンチョ紀行』 - Corroncho (2008年)
  • 『ザ・サウンド・オブ・ブルー - 蒼の追憶』 - The Sound of Blue (2015年)
  • 『続コーロンチョ紀行』 - Corroncho 2 (2017年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴ・アット・ザ・カール・マルクス』 - Live at the Karl Marx (1992年) ※with モンカダ (Moncada)
  • 『ライヴ・アット・ザ・キュリアス・アーツ・フェスティヴァル2015』 - Live at the Curious Arts Festival (2016年)[7]
  • 『ライヴ・イン・ジャパン2017』 - Live In Japan (1992年) ※with ザ・サウンド・オブ・ブルー・バンド

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 『ギタリシモ』 - Guitarissimo 75–82 (1986年)
  • 『ザ・マンザネラ・コレクション』 - The Manzanera Collection (1995年)
  • 『アーカイヴス・レア・ワン』 - Manzanera Archives: Rare One (2000年) ※1975年–1991年のレア音源集
  • 『エクスプレッション・サンプラー』 - The Manzanera Archives Sampler/Expression Sampler (2000年)
  • 『ベスト・オブ・1972-2008』 - The Music 1972-2008 (2011年)

ロキシー・ミュージック[編集]

クワイエット・サン[編集]

  • 『メインストリーム』 - Mainstream (1975年)

801[編集]

  • 『801 ライヴ』 - 801 Live (1976年)
  • 『リッスン・ナウ』 - Listen Now (1977年) ※フィル・マンザネラ / 801名義
  • 『ライヴ・アット・マンチェスター』 - 801 Manchester (1997年) ※1977年録音
  • 『ラティーノ』 - 801 Latino (2001年) ※1999年録音
  • 『ライヴ・アット・ハル』 - Live at Hull (2001年) ※1977年録音

エクスプローラーズ[編集]

  • 『エクスプローラーズ』 - Explorers (1985年)
  • 『ライヴ・アット・パラス』 - Live At The Palace (1997年) ※1985年ライブ録音

マンザネラ & マッケイ[編集]

  • Crack The Whip (1988年)
  • Up In Smoke (1989年)
  • Manzanera - Mackay (1990年)
  • 『ロキシンフォニー - ロキシー・ミュージックへの新たな憧憬』 - Roxymphony (2019年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g The Official Roxy Music Tour 2001 Phil Manzanera Biography」より。
  2. ^ a b c d e f g h ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p38)より。
  3. ^ ロキシー・ミュージック」を参照。
  4. ^ マンザネラ自身のレーベルで、ウェブサイト www.manzanera.comによりインターネット通信販売を行っている -「The Official Roxy Music Tour 2001 Phil Manzanera Biography」より。
  5. ^ Roxy Music World Tour 2001」より。
  6. ^ ストレンジ・デイズ』(2007年11月号、p39)より。
  7. ^ Note that the CD cover and its manifesto designed by Italian artist Silvia Vacca

参考文献[編集]

ウェブサイト

出版物

関連文献[編集]

  • Bracewell, Michael (April 2008), Re-make/Re-model: Becoming Roxy Music, USA: Da Capo Press, ISBN 978-0306814006 

外部リンク[編集]