カーヴド・エア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーヴド・エア
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1969年 - 1976年、1990年、2008年
レーベル ワーナー・ブラザーズ・レコード
BTMレコード
公式サイト www.curvedair.com
メンバー
ソーニャ・クリスティーナ
フロリアン・ピルキントン・ミクサ
ポール・サックス
キット・モーガン
ロバート・ノートン
クリス・ハリス
旧メンバー
ダリル・ウェイ
フランシス・モンクマン
ロブ・マーティン
アンディ・クリスティ
イアン・アイアー
マイク・ウェッジウッド
エディ・ジョブソン
カービー・グレゴリー
ジム・ラッセル
フィル・コーン
スチュワート・コープランド
ミック・ジャック
ジョン・ペリー
トニー・リーヴス
アレックス・リッチマン

{{{Influences}}}

カーヴド・エア(Curved Air)は、イギリスプログレッシブ・ロックバンド1970年代に活動し、その後再結成もしている。女性ボーカリストや、ヴァイオリニストを含む編成が特徴で、後にロキシー・ミュージックUKで活動するエディ・ジョブソンポリスのドラマーとして知られるスチュワート・コープランドも一時在籍していた。

来歴[編集]

デビュー前[編集]

フロリアン・ピルキントン・ミクサ、ロブ・マーティン、王立音楽アカデミーの学生だったフランシス・モンクマンが組んでいたアマチュア・バンドに、王立音楽大学ヴァイオリンを学んでいたダリル・ウェイが加わる。当初はシシファス(Sisyphus)と名乗っていたが、テリー・ライリーの楽曲「レインボー・イン・カーヴド・エア」にちなみ、バンド名をカーヴド・エアと改名[1]

1970年、バンドはガルト・マクダーモットが音楽を手掛けたミュージカル『Who the Murder Was』の演奏に参加し、その後、女性歌手のソーニャ・クリスティーナが加入。彼女は、マクダーモットが以前に手掛けたミュージカル『ヘアー』のオリジナル・ロンドン・キャストの一員だった[2]

デビュー - 1972年[編集]

1970年、カーヴド・エアはイギリスのバンドとしては初めてワーナー・ブラザーズ・レコードとの契約を得る[1]。デビュー前にロブが脱退するというトラブルもあったが、11月発表のデビュー作『エア・コンディショニング』は、全英8位という成功を収める[3]。同作は、ファースト・シングルに選ばれた「今日突然に(It Happened Today)」や、ダリルのテクニックを生かしたインストゥルメンタル「ヴィヴァルディ(Vivaldi)」といった、バンドの代表曲を収録。

次作『セカンド・アルバム』(1971年)からは、シングル「バック・ストリート・ラヴ(Back Street Luv)」が全英4位のヒットとなり、アルバム自体も全英11位に達する[3]。収録曲「ユー・ノウ(You Know)」は後にカテドラルが日本企画のミニ・アルバム『ホプキンス』でカヴァーした。3作目『ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景-』(1972年)は、後にソーニャがソロ・アルバム『Songs from the Acid Folk』でセルフ・カヴァーするフォーク・ナンバー「メリンダ(Melinda(More or Less))」や、フランシスが主導権を握った前衛的な楽曲「前にいるのは誰(Whose Sholder Are You Looking over Anyway?)」を含む多彩な内容で、全英20位に達した[3]。しかし、同作に伴うツアーの途中でフランシスが脱退し、後任にカービー・グレゴリーを迎えるが、ダリルとフロリアンも続いて脱退。バンドは、エディ・ジョブソンとジム・ラッセルを迎えてツアーの残りを消化する[4]。ダリルは、ジョン・エサリッジ(後にソフト・マシーンで活動)やイアン・モズレイ(後にマリリオンで活動)と共にダリル・ウェイズ・ウルフを結成。

1973年 - 解散[編集]

ソーニャとマイク・ウェッジウッド(ベース)の2人に、前述のツアーの途中で加入した3人を加えた新編成で『エア・カット』(1973年)発表。同作は、カーヴド・エアの作品の中では唯一CD化が遅れ、長い間廃盤となっていた(2000年代に初CD化)。この頃のアウトテイクは、後に編集盤『ラヴ・チャイルド』としてリリースされる。その後、バンドは一度解散状態となり、エディはブライアン・イーノの後任としてロキシー・ミュージックに加入。ソーニャは再び『ヘアー』に出演した。

1974年、オリジナル・メンバーのダリル、フランシス、フロリアンが復帰し、新たにフィル・コーン(ベース)を迎えて、11月からツアーを開始。12月5日のカーディフ公演と6日のブリストル公演での演奏は、BTMレコード(配給はデラム)から発売されたライヴ・アルバム『ライヴ』(1975年)に収録された。ソーニャのボーカルはアグレッシヴなスタイルに変化しており、「バック・ストリート・ラヴ」のサビをオリジナル・ヴァージョンより1オクターヴ上で歌う様子が確認できる。

その後、ソーニャとダリル以外のメンバーは脱退し、フランシスはフィル・マンザネラ等と共演。バンドは、スチュワート・コープランド等を迎えて『ミッドナイト・ワイアー』(1975年)、『エアボーン』(1976年)を発表した後、ダリルが再び脱退。アレックス・リッチマン(キーボード)が加入するが、新たなラインナップでの音源発表はなく、1976年12月には解散。

ソーニャは1980年にソロ・デビュー。スチュワートはポリスのメンバーとして成功を収める。なお、ソーニャとスチュワートは1982年に結婚(後に離婚)。

再結成[編集]

1990年、オリジナル・メンバー5人が再び揃い(ただしロブ・マーティンはゲストとしての参加)、ライヴ活動を行う。9月23日の演奏は、2000年に『アライヴ1990』として発表された。

2007年、カーヴド・エア再々結成の話が持ち上がるが、当時ソーニャはMASKで活動していたため、一旦延期となる[5]。そして2008年、ソーニャ、ダリル、フロリアンの3人に、アンディ・クリスティ(ギター)、クリス・ハリス(ベース)の2人の新メンバーを加えた形で再々結成。セルフ・カヴァーを中心に、新曲2曲も収録した、スタジオ録音のアルバムとしては32年ぶりの作品『リボーン』を発表。2009年1月16日・17日には、初の日本公演をCLUB CITTA'で行う[6]。その後、ダリルが再度の脱退をし、後任に一時的にエディ・ジョブソンが加入してツアーを行なうものの、エディもすぐに脱退。2009年後半以降は、ソーニャ、フロリアンの2人の他に、クリス・ハリス、キット・モーガン(ギター)、ロバート・ノートン(キーボード)、ポール・サックス(バイオリン)の6人編成で活動を継続している。

メンバー[編集]

オリジナル・メンバー[編集]

全作に参加
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』を除く全作に参加
初期3作品、『ライヴ』『アライヴ1990』に参加
『エア・コンディショニング』制作後に脱退。『アライヴ1990』にゲスト参加。
  • フロリアン・ピルキントン・ミクサ - ドラムス
初期3作品、『ライヴ』『アライヴ1990』『リボーン』に参加

その他[編集]

  • イアン・アイアー - ベース
『セカンド・アルバム』に参加
  • マイク・ウェッジウッド - ベース
『ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景-』『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加
  • カービー・グレゴリー - ギター
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加
  • ジム・ラッセル - ドラムス
『エア・カット』『ラヴ・チャイルド』に参加
  • フィル・コーン - ベース
『ライヴ』に参加
『ミッドナイト・ワイアー』『エアボーン』に参加
  • ミック・ジャック - ギター
『ミッドナイト・ワイアー』『エアボーン』に参加
  • ジョン・ペリー - ベース
キャラヴァン。『ミッドナイト・ワイアー』制作時のサポート・メンバー
  • トニー・リーヴス - ベース
コロシアムグリーンスレイド。『エアボーン』に参加
  • アレックス・リッチマン - キーボード
1976年後半のライヴのみ参加
  • アンディ・クリスティ - ギター
『リボーン』に参加
  • クリス・ハリス - ベース
『リボーン』に参加

ディスコグラフィ[編集]

  • エア・コンディショニング - Airconditioning(1970年)
  • セカンド・アルバム - Second Album(1971年)
  • ファンタスマゴリア-ある幻想的な風景- - Phantasmagoria(1972年)
  • エア・カット - Air Cut(1973年)
  • ライヴ - Live(1975年)
  • ミッドナイト・ワイアー - Midnight Wire(1975年)
  • エアボーン - Airborne(1976年)
旧邦題は『空中漂流』
  • ラヴ・チャイルド - Lovechild(1990年)
1973年録音のアウトテイク集
  • Live At The BBC(1995年)
BBCでのスタジオ・ライヴのアーカイヴ。録音は1970年、1971年、1976年
  • アライヴ1990 - Alive, 1990(2000年)
  • リボーン - Reborn(2008年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Curved Air - Music Biography, Credits and Discography : AllMusic - Biography by Dave Thompson
  2. ^ Various - Hair - Original Cast Recording Of London Production (Vinyl, LP) at Discogs
  3. ^ a b c ChartArchive-Curved Air-
  4. ^ 『セカンド・アルバム』日本盤CD(WPCP-4223)ライナーノーツ(伊藤秀世、1991年3月)
  5. ^ 『BURRN!』2009年2月号p.45
  6. ^ CURVED AIR JAPAN TOUR 2009

外部リンク[編集]