スチュワート・コープランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スチュワート・コープランド
Stewart Copeland Marseille 2008.png
Stewart Copeland in Marseille in 2008.
基本情報
出生名 スチュワート・アームストロング・コープランド
生誕 (1952-07-16) 1952年7月16日(64歳)
出身地 バージニア州アレクサンドリア
ジャンル ロック, レゲエ, ポップ・ミュージック, ニュー・ウェイヴ, ジャズ
職業 ミュージシャン, 作曲家
担当楽器 ドラムス
パーカッション
ヴォーカル
キーボード
活動期間 1975年 - 現在
レーベル A&Mレコード
Koch Records
共同作業者 ザ・ポリス
クラーク・ケント
アニマル・ロジック
オイスターヘッド
ギズモ
公式サイト www.stewartcopeland.net

スチュワート・アームストロング・コープランドStewart Armstrong Copeland1952年7月16日 - )は、アメリカ合衆国プロミュージシャンである。ポリスドラマーで、そのドラムスタイルで影響を与えるドラマーの一人。ポリスの活動停止期間中はいくつかのバンドで活動したり、サウンドトラックを手がけている。

2010年の「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のドラマー」に於いて、第7位。

来歴[編集]

バージニア州アレクサンドリアで4人兄弟の末っ子として生まれた。父はCIAエージェントで、レバノンベイルートで長くビューローチーフを務めた、マイルス・コープランドJr。母はスコットランド考古学者の1人、マイルス・コープランド3世は、I.R.S.レコードに見出されポリスのマネージャーを、もう1人の兄・イアンは、ポリスのブッキング・エージェントを務めている。

生後数ヶ月でエジプトカイロに転居し、1957年にベイルートに転居。少年時代を中東で過ごし、12歳でドラムを始めた。1967年から2年間イングランドの学校で学び、その後カリフォルニア州大学に通った。イングランドに戻り、1975年プログレッシブ・ロック・バンドのカーヴド・エアに加入、2枚のアルバムに参加した。

ポリス[編集]

1974年からジャズロックバンドラスト・イグジットを結成して活動していたスティングのステージを見て、度重なる説得をして、1977年ポリスを結成[1]。スチュワートは、パンクブームに乗るバンド構想を立てた[1][2]1970年代末に活動を開始したポリス[1]は、1980年代を代表するバンドの1組となる。

よく挙げられるレコードと楽曲:

  • Outlandos d'Amour - "So Lonely", "Roxanne", "Can't Stand Losing You"
  • Regatta de Blanc - "Message in a Bottle", "Walking on the Moon", "The Bed's Too Big Without You"
  • Zenyatta Mondatta - "Driven to Tears", "Don't Stand So Close to Me", "Man in a Suitcase"
  • Ghost in the Machine - "Invisible Sun", "Every Little Thing She Does Is Magic"
  • Synchronicity - "Synchronicity I", "King of Pain", "Wrapped around Your Finger", "Every Breath You Take", "Synchronicity II"

コープランドはまた、クラーク・ケントというペンネーム芸名でもレコーディングを行っている。1978年にイギリスのヒットチャートに入った "Don't Care" 、1980年にリリースされたグリーン10インチアルバムアフリカへの巡礼の結果生まれた1985年にリリースされた The Rhythmatist などである。

ポリス活動停止期間中の活動[編集]

1986年のポリス活動停止中、スチュワートはジャズベーシストのスタンリー・クラークシンガーソングライターのデボラ・ホーランドとアニマル・ロジックを結成する。このトリオはファースト・アルバムで成功し世界ツアーにも出たが、その後はレコード・セールスは下がり、バンドは続かなかった。

コープランドは映画のサウンドトラックを書き始めた。Talk Radio、『ウォール街 (Wall Street) 』、See No Evil, Hear No Evil などである。テレビ番組『ザ・シークレット・ハンター (The Equalizer) 』や Dead Like Meビデオゲームスパイロ・ザ・ドラゴン』のサウンドトラックや、オペラやバレエの楽曲も書き始めた。1983年フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『ランブルフィッシュ』の音楽で、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。コープランドはテレビドラマ『バビロン5』のテレビジョンパイロット『序章(前編・後編)(ビデオ/LD邦題:CGスペース・アドベンチャー バビロン5)』"The Gathering" の音楽も書いたが、番組が週次でシリーズ化されると音楽担当は元タンジェリン・ドリーム (Tangerine Dream) のクリストファー・フランケに変わった。またテレビジョンパイロットのライターズ・エディションが放映されたときは、クリストファー・フランケのものに代わっていた。

彼はときおり、ピーター・ガブリエルなど他のアーティストのためにドラムスを叩いた。2000年プライマスのベーシスト Les Claypoolフィッシュのギタリスト Trey Anastasio と、ジャムバンド Oysterhead を作った。2002年ドアーズレイ・マンザレクロビー・クリーガーに、新アルバムのレコーディングとツアーに起用されたが、怪我のあと、相互に民事訴訟を起こすという形に終わった。2005年アバンギャルドギタリスト David Fiuczynski と新しいプロジェクト Gizmo をスタートさせた。

コープランドは2006年に、ポリスを描いた映画「Everyone Stares: The Police Inside Out」をサンダンス映画祭に出品した。

スチュワート・コープランドはまた、2006年4月現在、BBC放映のテレビ番組『Just the Two of Us』にジャッジとして出演している。8人のセレブリティが8人のプロの歌手とデュエットを組んで歌を歌うという番組である。

2007年 ポリス再結成[編集]

49回グラミー賞でポリス再結成を果たし、ワールドツアーを敢行。5月のカナダを皮切りに、米国や欧州を回り、最終地は日本で2008年2月に来た。スチュワートは、映画『Everyone Stares: The Police Inside Out』のプロモーションのため春に来日した。その際、パンクスプリングにDJとして出演。

ドラミング[編集]

精密かつエネルギッシュで、スネアドラムではなくバスドラムバックビートを打つという、レゲエに影響を受けた革新的なドラムスタイルで知られる。彼の独特のサウンドの特徴は、硬くてハイピッチにチューニングした“クラック”スネアドラムとリムショットをその中心に置き、しばしばハイハットとバスドラムだけで演奏される手数の多い巧みなハイハットワークにある。ポリリズムを用いるアプローチは、同時代のドラマーに大きな影響を与えるその独特なプレイスタイルを確固とするものである。ただし「ポリス・ライヴ」などを聴くと、かなりリズムが「走る」タイプのドラマーであることがわかる。高橋幸宏は、彼のドラミングについて、タイミングが前であること、フラムの多用を特徴として挙げている[3]

また、その高い技術・腕前を見せるというよりも、歌・楽曲への敬意としてグルーヴ感を強調するプレイで知られる。このことの大切さを、ドラム・クリニックでも強調している。その時コープランドは、観客に何かを示せる数少ない現代のドラマーの1人だ、と紹介され、シンプルなロックのビートを2分間、叩いてみせた。たった2分間にも関わらず、彼のプレイの微妙な変化はグルーヴ感を増し、観客の心を満たしてみせた。シンプルでありながら楽曲を壊す事のない、しかしそれでいて存在感のあるプレイスタイルが彼の持ち味と言えよう。

TAMAのドラムとパイステシンバルを長きに渡り愛用している。パイステからは、近年スチュワート・コープランドモデルのライドシンバルが発売された。シンバルのエッジとカップ部分以外の全体がメタリックブルーに着色されていると言う特徴を持つ。また、日本が誇るパーカッショニストのツトム・ヤマシタTAMAの共同開発の「オクタバン」を画期的に使用していた。グリップはレギュラーグリップで、ほぼ全曲の演奏をこなす。左手のスナップや指先のコントロールは絶妙である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『THE POLICE & STING』 SHINKO MUSIC MOOK アーカイヴ・シリーズ Vol.16 シンコーミュージック 2008/1/31 ISBN 978-4-401-63173-5 History 1978-1983 立川芳雄 P21
  2. ^ 『rockin' on』 株式会社ロッキング・オン 2008年3月号 連載ROCK GREATS SPECIAL vol.27 THE POLICE P81
  3. ^ 『スコラ 坂本龍一 音楽の学校 ドラムズ&ベース 2回目〜ドラムの演奏におけるリズム論〜』(2010年6月5日初回放送)

外部リンク[編集]