アンディ・サマーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・サマーズ
Andy Summers
Andy Summers
基本情報
出生名 Andrew James Somers[1]
出生 1942年12月31日(71歳)
イングランドランカシャー
ジャンル ロックジャズ
職業 ミュージシャンソングライタープロデューサー
担当楽器 ギターベースキーボードボーカル
活動期間 1966年 - 現在
共同作業者 ザ・ポリス, アニマルズソフト・マシーンロバート・フリップケヴィン・エアーズジョン・エサリッジ
公式サイト andysummers.com
著名使用楽器
Fender Telecaster
Hamer Doublecut Les Paul

{{{Influences}}}

アンディ・サマーズ(Andy Summers、本名:Andrew James Somers1942年12月31日-)は、イギリスミュージシャン、作曲家。ポリスギタリストとして最もよく知られているが、彼の活動は、ニューエイジ音楽ロックなどのジャンルに留まらず、ジャズクラシック音楽映画音楽などの分野においても著名である。

2011年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第85位。

来歴[編集]

ポリス以前[編集]

イングランドランカシャー、ポルトン・ラ・フィルド生まれ。10代から、地方のクラブでジャズギタリストとしてステージに立つ。1960年代にズート・マネー・ビッグ・ロール・バンドに加わり、初のレコーディングを経験。その後、ズート・マネー・ビッグ・バンドから発展した、サイケデリック・バンドのダンタリアンズ・チャリオットにも加わった。この2つのバンドは、いずれもロンドンで一定の成功を収めた。

1968年、短期間ソフト・マシーンに在籍した後、ズート・マネーと再会してマネーと共に後期アニマルズのアルバム『ラヴ・イズ』に参加[2]1970年代には、ニール・セダカ、ジョーン・アーマトレイディング、ケヴィン・エアーズ、ケヴィン・コイン、ティム・ローズ、ジョン・ロードらとの数多いセッションをこなしていた。

ポリスでの活動[編集]

その後、アンディは一時音楽活動を休止して、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校で、音楽を学ぶ。

ポリスへの参加は、1977年8月である[3][4]。それまでのロックのギター演奏では一般的だった、パワー・コード(1度と5度音のみで構成される和音)やブルースペンタトニック・スケールを用いるリフとは異なり、分散和音ディレイコーラスなどのエフェクターを効果的に用いた彼の演奏は、ポリスのサウンドの一つの特徴ともなり、バンドは大成功を収める。

しかし、バンドの活動期間はさほど長く続かず、1978年のアルバム・デビュー後、5枚のオリジナル・アルバムを発表した後、1984年には、バンドは活動停止を発表することとなった。

ポリス解散後[編集]

ポリス解散後は、ソロアルバムの製作やジョン・エサリッジハービー・ハンコックトニー・レヴィンジンジャー・ベイカースティングなど多くのミュージシャン達のアルバム録音に参加する。ロバート・フリップと2枚のデュオ・アルバムを発表。また、ギター教本のビデオに出演した経歴もある。さらに、『Down and Out in Beverly Hills』や『バーニーズ あぶない!?ウィークエンド(Weekend at Bernie's)』のようなコメディ映画の音楽を担当したり、デニス・ミラーの深夜トーク番組では、テーマ曲の作曲や演奏も手掛けたりもしている。

1999年には、スティング参加のジャズ・アルバム「グリーン・チムニーズ」を発表

2003年3月には、ポリスがアメリカクリーブランド市ロックの殿堂にて顕彰されることとなったのを機に、スティング、スチュワート・コープランドと共に、久々にポリスとしての活動を行っている。

現在は、年に数回程度ジャズクラブなどでステージでの演奏を披露している。

音楽家以外の活動[編集]

音楽の他に、アンディは文筆家写真家としても活動している。Chronicle Books出版のラルフ・ギブソンとの共著『Light Strings: Impressions of the Guitar』ではギターにまつわる数々の文章を執筆する。また、TVシリーズの「ザ・ヒッチハイカー」やコメディー「アナザー・ユー」にゲスト俳優として出演した事もある。

家庭[編集]

アンディは、1968年にロビン・レーンと結婚するが、1970年に離婚。1973年には、心理学者のケイトと再婚し、1981年に離婚するが、1985年に復縁し、現在に至る。1978年に長女、1985年には双子の男の子に恵まれている。

使用機材[編集]

ポリス時代のメイン・ギターはブラウン・サンバーストのテレキャスター・カスタムで、キース・リチャーズと同様、フロントにギブソン社製のダブルコイル・ハムバッカーがマウントされている。この個体は、他にも様々な改修を受けている。具体的には、ブリッジ部分を本来の3連サドルのものから6連サドルのものに変更している他、リア・ピックアップの装着方法は、コイルばねを介したフローティング・マウントからボディへの剛結に変更し、更にボディ裏にザグリを入れてプリアンプを追加している。このプリアンプは、ブースター(出力を増幅して音色サスティンを変化させる装置)と思われる。また、コントロール部分には、ブースターのオンオフやゲインのコントローラー、ピックアップの位相反転スイッチが増設されている。このギターは、後にフェンダー・カスタム・ショップから、アンディ・サマーズ・トリビュートテレキャスターとして、ボディの傷や汚れ、全体に施された様々な改造に至るまで完璧に再現したギターが限定発売された。その他、ストラトキャスター、ギブソンレス・ポールES-335等を使用している。

ポリスの解散後には、スティーヴ・クラインが製作した、クライン・ギターズのギターを使用していた時期がある。トランストレムを採用し、ボディ全体にクラインのロゴである「K」をデザインした金銀のロゴが散りばめられている。

ポリスの活動後期には、キーボードも演奏している(シーケンシャル・サーキット社のプロフェット5)。

OLD GREY WHITSTLE TESTに出演時やミュージック・ビデオでは、Aria ProIIのPE-1500を使用している。

ディスコグラフィ[編集]

ポリス結成以前[編集]

  • 1965年 - It Should Have Been Me/ズート・マネー&ビッグ・ロール・バンド
  • 1966年 - ZOOT!/ズート・マネー&ビッグ・ロール・バンド
  • 1968年 - Transition/ズート・マネー&ビッグ・ロール・バンド
  • 1969年 - Love Is/エリック・バードン&ジ・アニマルズ
  • 1973年 - Eric Burdon And The Animals/エリック・バードン&ジ・アニマルズ
  • 1975年 - Matching Head And Feet/ケヴィン・コイン
  • 1976年 - In Living Black And White/ケヴィン・コイン
  • 1976年 - Heartburn/ケヴィン・コイン

ポリス[編集]

ポリス参照の事。

ソロ[編集]

  • 1982年 心象表現 - I Advance Masked – ロバート・フリップとの共演
  • 1984年 擬制の映像 - Bewitched - ロバート・フリップとの共演
  • 1987年 XYZ - XYZ
  • 1988年 ミステリアス・バリケード - Mysterious Barricades
  • 1989年 ザ・ゴールデン・ワイヤー - The Golden Wire
  • 1990年 チャーミング・スネイクス - Charming Snakes
  • 1991年 ワールド・ゴーン・ストレンジ - World Gone Strange
  • 1993年 ギターネス - Invisible Threads – ジョン・エサリッジとの共演
  • 1995年 シャナエセッシア - Synaesthesia
  • 1997年 ザ・ラスト・ダンス・オブ・ミスター・X - The Last Dance of Mr. X
  • 1998年 レトロスペクティヴ(ベスト版) - A Windham Hill Retrospective
  • 1998年 ストリングス・オブ・デザイア - Strings of Desire – ビクター・ビグリオーネとの共演。
  • 1999年 グリーン・チムニーズ~モンク・ソング- Green Chimneys: The Music of Thelonious Monkセロニアス・モンク作品をカバー。
  • 2000年 ペギーズ・ブルー・スカイ- Peggy's Blue Skylight – チャールス・ミンガスの作品をカバー。
  • 2003年 アース・アンド・スカイ - Earth + Sky – 器楽曲集。
  • 2003年 X TRACKS ベスト・オブ・アンディ・サマーズ- The X Tracks - 1997年から2002年にかけてのベスト作品集。
  • 2005年 - Splendid Brasil -ヴィクター・ビグリオーネとの共演。

主なセッション参加アルバム[編集]

  • 1967年 Tim Rose/ティム・ローズ
  • 1975年 The Musician/ティム・ローズ
  • 1975年 Back To The Night/ジョーン・アーマトレイディング
  • 1976年 スペインの哀愁 - Sarabande/ジョン・ロード
  • 1976年 Odyssey/David Benford
  • 1976年 OUT/アンソニー・ムーア
  • 1977年 Trance Formaiton/エバハルト・シェーナー
  • 1978年 Video-Magic/Eberhard Schoener
  • 1978年 Flashback/Eberhard Schoener
  • 1983年 ハロー、ビッグ・マン - Hello Big Man/カーリー・サイモン
  • 1987年 ナッシング・ライク・ザ・サン - Nothing Like the Sun/スティング
  • 1989年 Stiletto/マイケル・シェリーヴ
  • 1991年 House Of Hope/トニ・チャイルズ
  • 1992年 カプリ - Capri/パウロ・ルスティケリ
  • 1995年 Opus 1/Pan African Orchestra
  • 1986年 創世記/Eberhard Schoener Sting Andy Summer
  • 1996年 Twan!: A Tribute to Hank Marvin & the Shadows 「Stingray」
  • 1997年 Chariot Rising/Dantalion's Chariot
  • 1997年 Audio Book/カート・コバーン
  • 1998年 Blue Thunder/Juicy Lucy
  • 1998年 グレッグ・ビソネット - Gregg Bissonette /グレッグ・ビソネット
  • 1998年 Too Old To Die Young/Kevin Ayers
  • 2000年 As Long As You're Living Yours : The Music Of Keith Jarrett
  • 2001年 Nylon & Steel/A.S.& Manuel Barrueco
  • 2003年 Guitar Harvest Vol.1
  • 2004年 Expressions In Jazz Major

脚注[編集]

  1. ^ Somers の発音は「ソマーズ」ではなく Summers と同じ「サマーズ」です。
  2. ^ Andy Summers | AllMusic - Artist Biography by Steve Huey
  3. ^ 『rockin' on』株式会社ロッキング・オン 2008年3月号 連載ROCK GREATS SPECIAL vol.27 THE POLICE P83
  4. ^ 『THE POLICE & STING』 SHINKO MUSIC MOOK アーカイヴ・シリーズ Vol.16 シンコーミュージック 2008/1/31 ISBN 978-4-401-63173-5 History 1978-1983 立川芳雄 P22

著書[編集]

  • 『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』 ブルース・インターアクションズ 2007年 ISBN 4860202457
  • 『desirer walks the streets』(写真家としての作品集) 出版協同社 2009年 ISBN 4879700541

外部リンク[編集]