ジンジャー・ベイカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジンジャー・ベイカー
Ginger Baker
Ginger Baker (Cream) on Fanclub in 1968 (cropped).png
クリーム時代(1968年)
基本情報
出生名 Peter Edward Baker
生誕 (1939-08-19) 1939年8月19日
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
死没 (2019-10-06) 2019年10月6日(80歳没)
ジャンル ブルースロック
R&B
サイケデリックロック
ハードロック
ジャズロック
フュージョン
アフロビート
職業 ミュージシャンドラマーソングライター
担当楽器 ドラムパーカッション
活動期間 1958年 - 2019年
共同作業者 クリーム
ブラインド・フェイス
ジンジャー・ベイカーズ・エアフォース
BBM
ジョン・メイオールズ・ブルースブレイカーズ
マスターズ・オブ・リアリティ
フェラ・クティ
公式サイト www.ginger-baker.com

ジンジャー・ベイカーGinger Baker1939年8月19日[1][2] - 2019年10月6日)は、イングランド出身のミュージシャンドラマー

1960年代ロックバンドクリーム」をはじめ様々なセッション活動の実績を持ち、ロック界最初期のスーパードラマーとして認知されている[3]。特に、ジャズ・フュージョンワールドミュージックの分野にて影響を与えた[4]

ローリング・ストーン誌選出「最も偉大な100人のドラマー」第3位。

人物[編集]

晩年期 (2011年)

ジンジャー・ベイカーは15歳のときにドラム演奏を始め、後にフィル・シーメンからレッスンを受けた。1960年代に彼は(アレクシス・コーナーの)ブルース・インコーポレイテッドに加入し、そこでジャック・ブルースと出会う。ふたりはしばしば衝突したが、「グラハム・ボンド・オーガニゼイション」で再びリズム・セクションのパートナーとなった。

1966年、ジャック・ブルース、エリック・クラプトンと3人でロックバンド「クリーム」を結成し、世界的な成功を収めかけた。しかし以前からのジャック・ブルースとの折り合いが悪化し、1968年に解散する。

その後はクラプトン、スティーヴ・ウィンウッドらと組んだ「ブラインド・フェイス」や、自身のリーダー・バンドである「ジンジャー・ベイカーズ・エアフォース」などで活動。また1970年代の何年間かのレコーディングと生活を、ナイジェリア出身のミュージシャン フェラ・クティと意気投合し、アフロビートワールドミュージック)を追求した。

他のコラボレーションには「ゲイリー・ムーア」「マスターズ・オブ・リアリティ」「パブリック・イメージ・リミテッド」「ホークウインド」「アトミック・ルースター」「ビル・ラズウェル」「チャーリー・ヘイデン」「ビル・フリゼール」「ジンジャー・ベイカーズ・エナジー」との共演がある。

ドラム演奏はそのスタイル、ショーマンシップ、ツーバスドラムの使用によって評価されている。初期の頃、彼はとても長いドラム・ソロを披露した。最も顕著なのはロック・ミュージックの世界において最初期の録音例であるクリームの曲「Toad(いやな奴)」である。

1993年、クリームのメンバーとしてロックの殿堂入り。2008年にはモダン・ドラマーの殿堂入り、2016年にはクラシック・ドラマーの殿堂入りをしている。

2019年10月6日、病気のために死去[5]。80歳没。

使用機材[編集]

1960年代からラディック(Ludwig)製、近年はドラム・ワークショップ(dw)製のドラムセットを使用している。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • 『アフロ・ロックの真髄』 - Stratavarious (1972年)
  • 『ホーシス・アンド・トゥリーズ』 - Horses & Trees (1986年)
  • 『アフリカン・フォース』 - African Force (1988年)
  • 『アンシーン・レイン』 - Unseen Rain (1992年)
  • Why? (2014年)

グラハム・ボンド・オーガニゼイション[編集]

  • 『クルークス・クリーク』 - Live at Klooks Kleek (1964年)
  • 『サウンド・オブ・65』 - The Sound of '65 (1965年)
  • 『ゼアズ・ア・ボンド・ビトウィーン・アス』 - There's a Bond Between Us (1965年)

クリーム[編集]

ブラインド・フェイス[編集]

ジンジャー・ベイカーズ・エアフォース[編集]

フェラ&アフリカ70[編集]

ベイカー・ガーヴィッツ・アーミー[編集]

ホークウインド[編集]

  • 『宇宙遊泳』 - Levitation (1980年)
  • 『ゾーンズ』 - Zones (1983年)

パブリック・イメージ・リミテッド[編集]

  • 『ALBUM』 - Album (1986年)

ジンジャー・ベイカー・バンド[編集]

  • 『IMABARI MEETING 1991 LIVE 瀬戸内海音楽祭 Vol.1』 (1992年) ※オムニバス・アルバム

マテリアル[編集]

  • 『ライヴ・イン・ジャパン』 - Live In Japan (1993年)

マスターズ・オブ・リアリティ[編集]

ジャック・ブルース[編集]

BBM[編集]

  • 『白昼夢』 - Around The Next Dream (1994年)

来日公演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ GINGER BAKER's JAZZ CONFUSION|ジンジャー・ベイカー・ジャズ・コンフュージョン”. コットンクラブ. 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ Ginger Baker - Biography - IMDb”. IMDb. 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ ジンジャー・ベイカーの20曲:ロック界の初のスター・ドラマー”. U discovermusic.jp (2017年8月19日). 2019年11月23日閲覧。
  4. ^ 追悼ジンジャー・ベイカー、ドラムの魔術師が残した名曲10選”. Rolling Stone Japan (2019年10月12日). 2019年11月22日閲覧。
  5. ^ "ジンジャー・ベイカーさん死去 「クリーム」のドラマー". アサヒ・コム. 朝日新聞社. 6 October 2019. p. 1. 2019年10月6日閲覧

外部リンク[編集]