恋のピンチ・ヒッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
恋のピンチ・ヒッター
ザ・フーシングル
B面 サークルズ(インスタント・パーティ)(UK)
ワルツ・フォー・ザ・ピッグ(UK ,US)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1966年2月 ロンドン オリンピック・スタジオ[2]
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗リアクション・レコード
アメリカ合衆国の旗アトコ・レコード
作詞・作曲 ピート・タウンゼント
プロデュース ピート・タウンゼント
チャート最高順位
  • 5位(イギリス[3]
ザ・フー シングル 年表
マイ・ジェネレーション
(1965年)
恋のピンチ・ヒッター
(1966年)
リーガル・マター
(1966年)
ミュージックビデオ
「Substitute」 - YouTube
テンプレートを表示

恋のピンチ・ヒッター」(Substitute)は、イギリスロックバンドザ・フーの楽曲。1966年に4枚目のシングルとしてリリースされた(実質5枚目)。作詞、作曲とプロデュースはピート・タウンゼント。オリジナルアルバムには未収録。

解説[編集]

前作までのプロデューサーだったシェル・タルミーと決別し、タウンゼント自らプロデュースした最初の作品である。全英2位を記録した「マイ・ジェネレーション」に続き、全英5位につけるヒットとなった。この曲はタウンゼントのデモ・テープから作った最初の作品であった[2]アコースティックギターが使用され、前作に比べキャッチーな曲調になっている。人種問題に敏感なアメリカでは、「俺は白人に見えるが俺の親父は黒人だ」という歌詞が「俺は前に進もうとしてるのに足が後に向かう」に変更されている[2]。この曲のリアル・ステレオ・バージョンは存在しない[4]

発売をめぐるトラブル[編集]

本作をリリースする前の1966年1月、ザ・フーはタルミープロデュースの下、「サークルズ」と「インスタント・パーティ」をレコーディングするが、それから間もなく印税の取り分をめぐる対立から、バンドはタルミーとの契約を破棄した[5]。だが、本作のB面に収録された「サークルズ」(タルミーのもとで録音したものとは別のバージョン)が著作権侵害に当たるとして、タルミーは裁判所に本作の発売停止を訴えた[6]。ザ・フー側はこの動きを見越してB面曲を「インスタント・パーティ」(音源は「サークルズ」と同じ)と表記したバージョンもリリースしていたが無駄に終わった[6]

本作は発売5日で発禁処分となってしまうが、注文が殺到していた事、またこの発禁処分に抵抗する意味もこめて、タルミーを揶揄した「ワルツ・フォー・ザ・ピッグ」という曲をB面にしたバージョンをリリースした(なお、この曲は当時ザ・フーと同じリアクション・レーベルに所属していたグラハム・ボンド・オーガニゼーションが演奏したものであり、ザ・フーが一切関わっていないためか、2015年現在もザ・フーのどのカタログにも収録されていない)[7]。このため「恋のピンチ・ヒッター」は、3つのバージョンがリリースされた事になる。

タルミーはさらに、本作の売上に対抗するために、アルバム『マイ・ジェネレーション』からバンド側に無許可でシングルをカットした。その第一弾が皮肉にも「リーガル・マター」(法的問題)であり、そのB面にタルミープロデュース・バージョンの「サークルズ」が、「インスタント・パーティ」のタイトルで収録された[7]。タルミーはその後も「キッズ・アー・オールライト」、「ラ・ラ・ラ・ライズ」と執拗にシングルをカットしたが、いずれもチャートの上位には届かなかった[8]

このように様々な問題に苛まれた「恋のピンチ・ヒッター」だが、それでもUKチャートの5位に入るヒットとなった。アメリカでもこの人気に乗じシングルリリースするが、こちらはチャートインしなかった[7]。なお、タルミーは本作のプロデュースに関しても自分が行ったと主張している[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、324-325頁。
  2. ^ a b c d 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、107頁。
  3. ^ WHO | Artist | Official Charts
  4. ^ ア・クイック・ワン』コレクターズ・エディション(2012年)付属の犬伏功による解説より
  5. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、106頁。
  6. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、108頁。
  7. ^ a b c 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、109頁。
  8. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)125頁