ジョイン・トゥゲザー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョイン・トゥゲザー
ザ・フーライブ・アルバム
リリース
録音 1989年
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗ヴァージン・レコード
アメリカ合衆国の旗RCAレコード
プロデュース ボブ・クリアマウンテン、クライヴ・フランクス、ビリー・ニコルズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 59位(イギリス[1]
  • 188位(アメリカ[2]
  • ザ・フー 年表
    Won't Get Fooled Again (EP)
    (1988年)
    ジョイン・トゥゲザー
    (1990年)
    Thirty Years of Maximum R&B
    (1994年)
    テンプレートを表示

    ジョイン・トゥゲザー』(Join Together)は、ザ・フー1990年に発表したライブ・アルバム1989年アメリカで行われた再結成ツアーのライブ音源を収録している。

    解説[編集]

    当時ピート・タウンゼント難聴に悩まされており、このツアーより主にアコースティック・ギターを弾くようになった[3][4]。また、ロジャー・ダルトリーはツアーを通じて胃に問題を抱えており、後に外科手術を行うこととなる[3]。今回サポート・ドラマーを務めたサイモン・フィリップスは、過去にタウンゼントのソロ・アルバム『エンプティ・グラス』(1980年)、『チャイニーズ・アイズ』(1982年)、『ホワイト・シティ』(1985年)、『アイアン・マン』(1989年)にも参加している[5]

    複数の公演のライブ音源が編集されているが、主にラジオシティ・ミュージックホールニューヨーク)とユニバーサル・アンフィシアターロサンゼルス)における録音が中心となっている[6]。ディスク1は全曲ともアルバム『トミー』(1969年)からの曲で、ディスク2にはザ・フーの過去の楽曲に加えて、タウンゼントがソロ名義で発表した曲「ラフ・ボーイズ」も収録された[4]。また、ツイン・ギター編成となったことで、往年のライブでは再現が難しかった「恋のマジック・アイ」がセットリストに加えられた[4]

    バンドの母国イギリスでは、1990年3月24日付の全英アルバムチャートで59位を記録した[1]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲は作詞・作曲ともピート・タウンゼントによる。

    ディスク1[編集]

    1. 序曲 - "Overture" - 5:27
    2. 1921 - "1921" - 2:52
    3. すてきな旅行 - "Amazing Journey" - 3:07
    4. スパークス - "Sparks" - 4:35
    5. 光を与えて - "The Hawker (Eyesight to the Blind)" (Sonny Boy Williamson II) - 2:17
    6. クリスマス - "Christmas" - 4:24
    7. 従兄弟のケヴィン - "Cousin Kevin" (John Entwistle) - 3:56
    8. アシッド・クイーン - "The Acid Queen" - 3:44
    9. ピンボールの魔術師 - "Pinball Wizard" - 4:20
    10. 大丈夫かい - "Do You Think It's Alright?" - 0:23
    11. フィドル・アバウト - "Fiddle About" (J. Entwistle) - 1:38
    12. ドクター - "There's a Doctor" - 0:19
    13. ミラー・ボーイ - "Go to the Mirror!" - 3:23
    14. 鏡をこわせ - "Smash the Mirror" - 1:09
    15. トミー、聞こえるかい - "Tommy, Can You Hear Me?" - 0:57
    16. 僕は自由だ - "I'm Free" - 2:11
    17. 奇蹟の治療 - "Miracle Cure" - 0:23
    18. サリー・シンプソン - "Sally Simpson" - 4:18
    19. センセイション - "Sensation" - 2:21
    20. トミーズ・ホリデイ・キャンプ - "Tommy's Holiday Camp" (Keith Moon) - 0:57
    21. ウィア・ノット・ゴナ・テイク・イット - "We're Not Gonna Take It" - 8:44

    ディスク2[編集]

    1. エミネンス・フロント - "Eminence Front" - 5:43
    2. フェイス・ザ・フェイス - "Face the Face" - 6:11
    3. ディグ - "Dig" - 3:59
    4. 恋のマジック・アイ - "I Can See for Miles" - 3:43
    5. ア・リトル・イズ・イナフ - "A Little Is Enough" - 5:05
    6. 5:15 - "5:15" - 5:47
    7. 愛の支配 - "Love Reign O'er Me" - 5:58
    8. トリック・オブ・ザ・ライト - "Trick of the Light" (J. Entwistle) - 5:39
    9. ラフ・ボーイズ - "Rough Boys" - 4:34
    10. ジョイン・トゥゲザー - "Join Together" - 5:11
    11. ユー・ベター・ユー・ベット - "You Better You Bet" - 5:33
    12. ビハインド・ブルー・アイズ - "Behind Blue Eyes" - 3:45
    13. 無法の世界 - "Won't Get Fooled Again" - 9:34

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注[編集]

    1. ^ a b The Who | full Official Chart History | Official Charts Company - 「Albums」をクリックすれば表示される
    2. ^ The Who | Awards | AllMusic
    3. ^ a b Greene, Andy (2014年1月30日). “Flashback: The Who Reunite In '89, Seven Years After Saying 'Farewell'”. Rolling Stone. 2015年11月21日閲覧。
    4. ^ a b c Join Together”. The Who. 2015年11月21日閲覧。
    5. ^ Simon Phillips |Credits | AllMusic
    6. ^ The Who - Join Together (CD) at Discogs