マジック・バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マジック・バス
ザ・フーシングル
B面 ドクター・ジキル・アンド・ミスター・ハイド(UK)
サムワンズ・カミング(US)
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1968年5月 ロンドン,アドビジョン・スタジオ[2]、1968年6月 ロサンゼルス、ゴールド・スター・スタジオ[3]
ジャンル ロック
時間
レーベル トラック・レコード(UK)
デッカ・レコード(US)
作詞・作曲 ピート・タウンゼント
プロデュース キット・ランバート
チャート最高順位
  • 26位(イギリス[4]
  • 25位(アメリカ[5]
ザ・フー シングル 年表
ドッグス
(1968年)
マジック・バス
(1968年)
ピンボールの魔術師
(1969年)
テンプレートを表示

マジック・バス」(Magic Bus)は、イギリスロックバンドザ・フーの楽曲。1968年にシングルリリースされた。作詞・作曲はピート・タウンゼントオリジナルアルバム未収録曲。

解説[編集]

タウンゼントはこの曲について「これは「マイ・ジェネレーション」と同じ頃に書いたものだ」と説明している[6]。ザ・フーとして発表する前にデッカ・レコード所属のバンド、プティングに提供し、1967年4月にリリースされている[7]ボー・ディドリー風のリズムを取り入れた曲で[8]、タウンゼントは「ザ・フーの曲の中で一番演奏していて楽しい」と語っているが[6]、逆にジョン・エントウィッスルは、ベースのパートが単調なこの曲が大嫌いだったという[8]ジェス・ローデンコーラスで参加している[2]。イギリスでは26位と、前作の「ドッグス」(全英25位)を下回る結果となった(アメリカでは25位)。コンサートでは頻繁に取り上げられているが、即興演奏的要素が強いためか時には10分を越える長尺の演奏になる事もあった。ライブアルバム『ライヴ・アット・リーズ』に収録されている1970年リーズ大学公演でも7分超の長尺の演奏を展開している。

別バージョン[編集]

本作には多くのバージョン違いが存在している。初出のシングル・バージョンは演奏時間が3分20秒程度のモノラル・ミックスだが、1968年のアメリカ向けの編集盤『マジック・バス~ザ・フー・オン・ツアー』ではステレオ・ミックスが収録された。さらに1971年の編集盤『ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシー』には、ボーカルがダブル・トラックで、かつエンディングがフェイドアウトしない約4分半のロング・バージョンが擬似ステレオ・ミックスで収録された(2014年の編集盤『ヒッツ50』はこのバージョンを採用)。また『The Who Singles』(1984年)では『ミーティ・ビーティ…』バージョンと基本的には同じで、さらにイントロが長くなったバージョンが収録され、そして上記の編集盤『マジック・バス』CD版では、イントロの長いステレオ・バージョンが採用された。このため、本作にはオリジナルを含め5つのバージョンが存在することになる。[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、325頁。
  2. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、173頁。
  3. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、175頁。
  4. ^ WHO | Artist | Official Charts
  5. ^ The Who - Awards : AllMusic
  6. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、165頁。
  7. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)126頁。
  8. ^ a b ベストアルバム『マイ・ジネレーション~ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・フー』付属のライナー・ノーツより。
  9. ^ レコード・コレクターズ増刊『ザ・フー アルティミット・ガイド』(2004年)133頁。