ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ
ザ・フーコンピレーション
リリース
録音 1964年 - 1970年
ジャンル ロック
時間
レーベル トラック・レコード(UK)
デッカ・レコード(US)
ザ・フー 年表
フーズ・ネクスト
(1971年)
ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ
(1971年)
四重人格
(1973年)
テンプレートを表示

ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ』(Meaty, Beaty, Big & Bouncy)は、1971年に発表されたイギリスロックバンドザ・フーベスト・アルバム。全英9位[1]、全米11位[2]を記録。

解説[編集]

ザ・フーの公式ベスト盤としては、1968年にリリースした『マジック・バス~ザ・フー・オン・ツアー』(アメリカ向け)および『ダイレクト・ヒッツ』(イギリス向け)以来3作目となるが、上記2作には権利上の問題により収録できなかったシェル・タルミーのプロデュース作品を収録し、全世界共通のオールタイムのベスト盤としてはこれが初となる。

収録曲はほとんどがシングルA面曲で占められているが、このうち「アイム・ア・ボーイ」と「マジック・バス」は、シングル・ミックスとは異なるバージョンで収録されている。「アイム・ア・ボーイ」の方は1966年10月3日に再録された別バージョン[3]、「マジック・バス」はオリジナルよりも演奏時間が1分以上長いロング・バージョンを擬似ステレオで収録している(1980年代のリイシューCDではショート・バージョンのリアル・ステレオ・ミックスに差し替えられた)。また「キッズ・アー・オールライト」はアメリカでのシングル・カットで使用されたエディット・バージョンである。

タイトルはドッグフードコマーシャルから拾ったものである。当初は「ザ・フー・ルック・バック」になる予定だったというが、ピート・タウンゼント曰く「それじゃまるで俺たちみんな死んじまったみたいだからさ」ということで変更になった[4]。ジャケットに写っている子供たちは、幼少期のメンバーにそっくりな子供たちを捜して集めたものである[5]。尚、マネージャーのキット・ランバートは、自分が最終承認をしないままアルバムがプレスされたことに怒り回収しようとしたが、その時にはすでに多くのアルバムが出荷されてしまったため断念した[4]

本作は1980年代後半にCD化されたのを最後に廃盤となっていたが、日本では2007年、オリジナルマスターを定本にした紙ジャケット仕様のリイシューCDが限定版でリリースされた。

収録曲[編集]

※特記なき限り、作詞・作曲はピート・タウンゼント。

A面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.アイ・キャント・エクスプレイン(I Can't Explain)」  
2.「キッズ・アー・オールライト(The Kids Are Alright)」  
3.ハッピー・ジャック(Happy Jack)」  
4.恋のマジック・アイ(I Can See for Miles)」  
5.リリーのおもかげ(Pictures of Lily)」  
6.マイ・ジェネレイション(My Generation)」  
7.「シーカー(The Seeker)」  
B面
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.エニウェイ・エニハウ・エニホエア (Anyway, Anyhow, Anywhere)」(Townshend/Roger Daltrey,)  
2.ピンボールの魔術師(Pinball Wizard)」  
3.「リーガル・マター(A Legal Matter)」  
4.「ボリスのくも野郎(Boris the Spider)」(John Entwistle)  
5.マジック・バス(Magic Bus)」(extended version)  
6.恋のピンチ・ヒッター(Substitute)」  
7.アイム・ア・ボーイ(I'm a Boy)」(extended version)  

脚注[編集]

  1. ^ The Who | full Official Chart History | Official Charts Company
  2. ^ The Who - Chart history | Billboard
  3. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、124頁
  4. ^ a b 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、236頁
  5. ^ 『エニウェイ・エニハウ・エニウェア』アンディ・ニール、マット・ケント著、佐藤幸恵、白井裕美子訳、シンコーミュージック刊、2008年、235頁