さらば青春の光 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さらば青春の光
Quadrophenia
監督 フランク・ロッダム英語版
脚本 デイヴ・ハンフリーズ
マーティン・スティルマン
フランク・ロッダム
ピート・タウンゼント
原作 ザ・フー四重人格
製作 ロイ・ベアード
ビル・カービシュリー
製作総指揮 ピート・タウンゼント
出演者 フィル・ダニエルズ
レスリー・アッシュ
トーヤ・ウィルコックス
フィリップ・デイヴィス
マーク・ウィンゲット
スティング
レイ・ウィンストン
音楽 ザ・フー
撮影 ブライアン・テュファーノ
編集 ショーン・バートン
マイク・テイラー
製作会社 ザ・フー・フィルム
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 松竹富士
公開 カナダの旗 1979年9月14日(トロント国際映画祭
イギリスの旗 1979年11月2日
日本の旗 1979年11月17日
上映時間 120分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

さらば青春の光』(原題:Quadrophenia)は、1973年のザ・フーによるロック・オペラ四重人格」を原作とした1979年のイギリス映画である。舞台は1960年代初期のロンドンで、最後に全てを失うモッズの青年ジミーをフィル・ダニエルズが演じる。

概要[編集]

コッツウォルズにあるCotswold Motor Museumに展示されるエースのスクーター(再現品)とモッズファッションの人形

1960年代のイギリスを舞台に「モッズ」と「ロッカーズ」という若者文化の対立を軸に若者の疎外感を描いている[2]

主人公らモッズのファッションであるタイトなスーツ、モッズコート(M-51)、ウインドシールドが装備され多数のミラーとライトで飾られたスクーター、音楽やドラッグなどの文化が詳細に再現されている[2]。また敵対するロッカーズのファッションやバイク(カフェレーサー)も多数登場している。

作家のピーター・メドウズが映画にインスピレーションを得た小説「To Be Someone」を原作とする続編映画の製作が発表されている[3]

公開40周年となる2019年にデジタルリマスター版が公開された[2]

あらすじ[編集]

1964年ロンドン、モッズの若き青年ジミー・クーパー(フィル・ダニエルズ)の生活をたどる。ジミーは両親と広告会社の郵便室係という退屈な仕事に幻滅し、10代の苦悩のはけ口として、モッズ仲間のデイブ(マーク・ウィンゲット)、チャーキー(フィリップ・デイヴィス)、スパイダー(ギャリー・シェイル)らとともに、アンフェタミン(要は覚醒剤)、パーティー、スクーター、そして、敵対するロッカーズたちとのケンカに明け暮れていた。敵対するロッカーズには、実はジミーの子供時代の友人 ケヴィン(レイ・ウィンストン)も入っていた。スパイダーがロッカーズ達の襲撃に遭い、その報復として矛先が向けられたのは、ケヴィンであった。襲撃に参加していたジミーは、その犠牲者がケヴィンであることに気付くと、助けることなくスクーターでその場から走り去ってしまった。

銀行休業日の週末、モッズとロッカーズとの激しい対立は、彼らが海沿いの町ブライトンへ降りるにつれ、表面化した。一連の対立は勢いを増し、警察も出動する事態に。ジミーは想いを寄せている女性ステフ(レスリー・アッシュ)とともに路地へ逃げ込み、二人はそこでセックスする。二人が顔を出してみると、町は大混乱となり、暴徒たちは警察によって取り押さえられていた。ジミーはモッズのカリスマ的存在であるエース・フェイス(スティング)らとともに逮捕、拘置され、その後、この当時としては多額であった総額50ポンドの罰金を科せられてしまう。しかし、エース・フェイスが75ポンドもの莫大な罰則金をその場で小切手で払うことを申し出て、治安判事をコケにし、モッズの仲間たちからは歓声があがった。

ロンドンに戻るとジミーはひどく憂鬱になった。ジミーの部屋でアンフェタミン錠を見つけた母親に家を追い出されてしまい、仕事も辞めることになってしまった。わずかな退職金も薬物につぎ込んだジミーは、さらにステフが友人であるデイブの彼女になったことを知る。ジミーはデイブと口論となり、その翌朝、ステフにも振られてしまう。さらに、事故によって愛用のランブレッタのスクーターも大破してしまう。ジミーは鉄道で騒動のあったブライトンへ向かい、暴動のあった場所やステフとともに逃げた路地を再訪し懐かしんだ。しかし、恐ろしいことに、ジミーは憧れの存在であるエース・フェイスが、現実にはブライトンホテルで働く平凡なベルボーイであることを発見してしまう。ジミーは、近くに停めてあったエースのスクーターを盗み、ビーチー岬へと向かい、危険なほど崖っぷちに近づいて、スクーターを海へ落とす。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4]

サウンドトラック[編集]

1979年10月、サウンドトラック・アルバム『Quadrophenia』がポリドールレコードから発売された。1973年のロックオペラ『四重人格』(Quadrophenia[5]を参照した1979年の映画『さらば青春の光』(Quadrophenia)の原題と同じタイトルである。ザ・フーの作品以外の挿入歌は以下のとおり。

1993年と2001年には、CDとして再びリリースされた。アルバムは、発売の1年前に亡くなったザ・フーの初代マネージャーであり、有名なモッズであったピーター・ミーデンに捧げられた。

プロダクション[編集]

イングランド、ブライトンのイースト通りとリトルイースト通りの間の路地は、ジミーとステフがセックスしたシーンのロケ地として有名になった。「マーゲイト出身のクリス」の落書きの右側にある小さな庭には、しばしば人が訪れ、訪れたことを示す落書きを残していく。左へ向かうと、イースト通りに出られる。

当時、入手不可能であったザ・フーの時代錯誤なものに包装し直されたアルバムや、テレビ番組Ready Steady Go!でのバンドパフォーマンスである"Anyway, Anyhow, Anywhere"の1シーン、ジミーの部屋の"Maximum R&B"のポスターとバンドの写真や、パーティーに押し掛けたシーンでの"My Generation"の包含など、作中のいたるところでザ・フーへの言及がいくつも現れる。

ザ・フーのドラマーであるキース・ムーンの死後、映画の製作は中止されるところであったが、ロッダムによると、プロデューサーのロイ・ベアードとビル・カーヴィッシュリーが「一緒にまとめあげて」映画が製作された。

スタジオ内での撮影は作中の1シーンのみで、ほかの全てのシーンはロケ地で撮られた。作中の後半、ジミーが自殺を試みようとするシーンのロケ地であるビーチー岬は、実際に自殺が発生した場所で、これが映画の結末に影響を与えたと考えられている。

スタントコーディネーターはスクーターがビーチー岬を走り去った後に空中を飛ぶ距離を過少に考えていたため、ヘリから撮影していたフランク・ロッダム監督は危うくスクーターと接触しそうになった。

60年代のロンドンミュージック界のDJかつダンサーであるジェフ・デクスターはクラブの場面でDJを演じ、クレジットには載っていないが、ダンス場とクラブのシーンでの500人のエキストラの振付けを担当し、クローズアップされたスティングのダンスの足の動きも振付けた。彼はまた、1970年12月20日のザ・フーのライヴのオープニングアクトであったアメリカの最初の大きなギグであるチョーク・ファーム、ラウンドハウスでの"Implosion"でマネージャーとして仕事をした。

ピート・タウンゼントはジミー・クーパー役には元セックス・ピストルズのボーカリスト、ジョン・ライドンに演じて欲しかったと後年語っている。

脚注[編集]

参考資料[編集]

  • Ali Catterall and Simon Wells, Your Face Here: British Cult Movies Since The Sixties (Fourth Estate, 2001), ISBN 0-00-714554-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]