M51 (モッズコート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M-51 Fishtail Parka
M-1951 PARKA SHELL

M-51「モッズコート」として知られている軍用パーカは、狭義には1950年代に採用されたアメリカ軍の極寒防寒衣料の51年型モデルを指す。

概要[編集]

米軍MIL規格mil-p-11013(1951年3月14日)[1]により規定される名称は、「PARKA SHELL M-1951」となっている。

いわゆる「フィールドジャケット」の上に羽織る「パーカ」として使用し、にはフードが縫い付けられ、フラップ付き大型ハンドポケットが両脇に設置されている。両肩にはショルダーループ(ショルダーストラップやエポレットとも呼ぶ)がある。

フィッシュテール
特徴的な造りとして、裾の後ろが燕尾状に先割れしており、裾に縫い込まれたドローコード(絞り紐)にて下腿に巻きつけられるようになっている。その裾の独特の形状から欧米等では「フィッシュテールパーカ」などと呼ばれている。特徴あるフィッシュテールを持つパーカは、このM-51パーカのほか、前身である「M-48パーカ」、後継である「M-65パーカ」などがある。
生地など
生地はオリーブグリーン色の薄手の平織りコットンナイロン地である。
生地のヴァリエーションとして、厚手のコットンサテン生地の製品も見られ、この厚手生地のタイプは一般的に「初期型」とされていたが、米軍仕様書では1951年3月の初版スペックからすでにコットンナイロンオックスフォード地を指定している[1]ことが確認された。したがって厚手生地の製品の位置付けについては、謎が残されているが、厚生地(コットンサテン、コットンツイル)の製品は、確認できる全例が1951年5月21日付もしくは5月24日付コントラクトであり、また同年の7月31日付コントラクトにはすでに薄生地(コットンナイロンオックスフォード)の製品が観察される。このことにより、初年度においては5月コントラクトのみが厚生地で、7月には薄型に移行したのではないかと考察される[2]
ファスナー、スナップボタン
正面は大型のスライドファスナー(ジッパー)およびスナップボタン(ドットボタン)にて閉じる仕様となっている。ファスナーは、コンマー・プロダクツ製のアルミまたは真鍮タロン・ジッパー製のアルミまたは真鍮、CROWN製亜鉛仕上げなどが観察される。またスナップボタンの主なメーカーは、RAUファスナースコービル・ファスナー、ユナイテッドカー(日本のアパレルブランドとは無関係の米国メーカー)などが観察される。
なお、このパーカ本体(シェル)にはアタッチメントとして、ウールパイル地の防寒ライナーと獣毛でトリミングされた防寒フードを取り付け、より防寒機能を向上させることができる。

呼称[編集]

欧米においては一般的にモッズに愛用されたことから「モッズパーカ」あるいは燕尾状の裾の形状から「フィッシュテールパーカ」などと呼ばれている。大量のサープラスイギリスに渡ったのが、普及した理由の一つという説もある。

現在では「モッズコート」という呼称が定着しているが、90年代までは「モッズパーカ」「シェルパーカ」などと呼ばれることが一般的であった。「モッズコート」の呼称は、1990年代以降の日本のアパレル・ファッション業界が発祥と思われる。[3]国内における「モッズコート」の定義そのものに混乱が見られ、広義の「モッズコート」は、「ミリタリー風コート」とほぼ同義で使われていることがある。 また、米軍衣料のM-51は「パーカ」のほかに「フィールドジャケット」、「トラウザース」なども存在し、このことが混乱に一層の拍車をかけている。

脚注[編集]

関連項目[編集]