M-51 (フィールドジャケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M-51 フィールドジャケット

M-51 フィールドジャケット': M-1951 field jacket)は、かつて使用されていたアメリカ地上軍の冬期用防寒上着(フィールドジャケット)。1950年代初頭に採用され、1960年代初頭まで生産された。仕様番号MIL-C-11448にて規定される。正式呼称は COATS, MAN'S, FIELD, OLIVE GREEN 107, M-1951.

概観[編集]

1951年9月13日付初版MIL-J-11448(QMC) においては JACKET,SHELL,FIELD,M-1951 と呼称されていたが、1953年3月27日付にて改版された仕様においてはスペック番号が「MIL-C-11448 Revision A」と、MIL-C-番に変更されているため、この時点でジャケットからコートに呼称が変更されたと推測される。[1]

外観は、M-43フィールドジャケットの意匠[2]を引き継ぎ、M-65に至る一連のフィールドジャケットの系統に連なっている。

オリーブグリーン(OG107)色のコットン繻子織りの生地に、肩にはエポレット(ショルダーループ)、両胸にはまち付きの大型貼付けポケット、両腰には、内側にフランネル生地を貼ったフラップ付き玉ぶちポケットを装備している。M-43と異なり、前あわせは、スナップ式のドットボタンと大型のファスナーによる二重閉じが採用されている。腰と裾には絞りのできるドローコードがついているが、M-43・M-65と異なり腰のドローコード端はジャケットの外側に出ているタイプとなっている。防寒機能を高めるため、専用のウールパイルライナーを内側に装着できる。また、襟まわりには、専用のプレーンなフードまたはM-51パーカと共用のファー付きフードを取り付けることができる。M-65に移行するまで10年以上生産されてきたため、時代により裁断のパターンや細部の仕様が変更されている[3][4]

M-51PARKAとの混同[編集]

M-51というモデル名から、いわゆるM-51モッズパーカ/モッズコートと混同される場合があるが、両者は全くの別物である。[5]

参照[編集]

関連項目[編集]