ロッカーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロッカーズ

ロッカーズ (Rockers) は、1950年代後半にイギリスで誕生したバイカーズの呼称である。

概要[編集]

ロックンロールに影響を受けたイギリスの若者が、黒の革ジャンに革パンを履いて単気筒エンジン二気筒エンジンのバイクに乗り、ロッカーの集まりをロッカーズと称した。革ジャンの背中にはマシンのロゴを白のペイントで描き、59club 、サーキットやisle of man TT、はたまたツーリング先のご当地ワッペンを付け、七宝のバッチや丸鋲などで革ジャンを装飾していた。 1960年代の一般的な着こなしとしてAVIAKIT、KETT、Pride and Clarke などの革ジャケットにイギリス製、または香港製のジーンズ、インナーはTシャツではなく、ワイドスプレッド カラーのシャツ、そしてニットのセーターをまとい、髪はポマードで撫で付けた。(日本での呼称はリーゼント

このような60年代に台頭したバイクファッションに身を包み、クリフ リチャード、シャドウズ、ビリー フューリー、マーティ ワイルドなどのブリティッシュロックンロールジーン ビンセント、エディ コクランのロカビリーなどの音楽を好んだ。Ace cafeのほか、busy bee cafe 、salt box cafeなどのカフェに、トライアンフノートンBSAなどのオートバイで集まったり、オートバイでカフェからカフェまでの競争を行ったりした事から、彼らの好むオートバイの改造スタイル、改造されたオートバイの事をカフェレーサーと呼ぶようになった。

また、ロッカーズの別称として、彼らをton-up boys、 leather boysとも呼ぶ

ロッカーズ全盛期(1962-1966)には典型的なカフェレーサーとして、ノートンのフレームにトライアンフのエンジンを懸架する改造が流行し、この仕様はトライトンと呼ばれた。

ロッカーズの聖地として、ロンドンに拠点を持つ“エースカフェ”がある。また、MODS(モッズ)と呼ばれた集団とは対立した関係であった。BRIGHTON(ブライトン)の海岸で起こった大乱闘は有名であり、1979年の映画『さらば青春の光 (Quadrophenia)』の元ネタにもなった。

また、ロッカーズは日本にも存在しており、年に1度、5月に愛知でUnited ROCKERS というイベントが開催される。

関連項目[編集]

リンク[編集]